« 朝比奈生誕100年 | トップページ | 奈良・長谷寺 »

2008年3月31日 (月)

モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3、5番

Mutter

アンネ=ゾフィー・ムター(Vn)
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ユニヴァーサル ミュージック UCCG-5006

アンネ=ゾフィー・ムターというヴァイオリニストをご存知でしょうか? このCDはそのムターの初アルバム。1978年2月の録音で、ムターのデビューアルバムとなったもの。カラヤンに見出され、録音当時15歳。15歳でセンセーショナルなデビューをした彼女もすでに45歳なんですね。自分も歳を取るわけだ。(笑)

このCDも一枚1,000円という廉価盤シリーズで再発売されたもので、行きつけの外資系量販店でカラヤン生誕100年コーナーで眼にし、購入したもの。私は独奏楽器ではピアノよりヴァイオリンの方が好きで、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲ではグリュミオーが演奏した全曲盤を長年愛聴している。

実は晩年の頃の録音を除いてカラヤンのモーツァルト演奏はあまり好きではないのですね。カラヤンのモーツァルト解釈は少々クセが有り、それが時々鼻につく。ところがこのモーツァルトはムターの伴奏に徹したというか、ムターの引き立て役に回って、実に素直な演奏解釈です。

最初の第3番、オーケストラの主題提示が終わるとムターの力強い独奏が入って来ますが、これが彼女のレコード録音による最初の一音。有名な第5番とともに、とにかく15歳とは思えない力強さの中にも流麗なヴァイオリンが聴けます。とかく天才少年、天才少女のキャッチコピーでデビューしたソロアーティストは案外長続きしない人たちが多いのですが、ムターは今でも第一線で活躍しております。

しかし最近の音楽CDの価格は・・・。

« 朝比奈生誕100年 | トップページ | 奈良・長谷寺 »

コメント

カラヤンでモーツアルトは聴きたくないです。そんなことはともかく僕は最近音楽CDは全くと言っていいほど買っていないです。考えたら問題ですね。

ritomoさん、こんばんは。
カラヤンのモーツァルト、お好きでなかったですか。私も少々敬遠している方です。
ただ、そのカラヤンも晩年の演奏は結構良かったですよ。
音楽は気持ちが安定していないとなかなか聴けないものです(私は)。たまにはCDショップに足を運んでみて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝比奈生誕100年 | トップページ | 奈良・長谷寺 »