« スクエア好き(2) | トップページ | 花粉症 »

2008年3月 5日 (水)

大判練習

Sa90mm

GRD2でデジタル・スクエア写真を楽しみながら、大判の撮影練習なども致しております。まだまだ慣れておりませんで、一枚撮影するまでえらく時間が掛かります。昨日は自宅から近い横浜・みなとみらい21地区で練習。レンズはボン村上さんからお借りしているシュナイダーのスーパーアングロン 90mmだけで撮影。35ミリ判換算で25mm相当の広角レンズ。難しいですねぇ。

とにかくピント合わせにまだまだ時間が掛かってしまいます。途中、自分の不甲斐なさにイライラして来る時も。(笑) 最近のカメラ雑誌に山岳写真家でリンホフ使いの白旗史朗さんが三日で500枚撮影するという談話が掲載されていましたが、さすがです。シノゴを使ってン十年の方ですから、比較してはいけません。(笑) まぁ、じっくりと勉強です。

DATA : RICHO GR DIGITAL II、1:1モード、JPEG

« スクエア好き(2) | トップページ | 花粉症 »

コメント

その後どうなっているかな・・・と(^^)
中野では一頃の下落が治まったかなと思っていたら、なんの問題もないホースマンが8000円ほどで何台か出たりして、まあ相変わらずなのでしょうね。
2Fのカンボやトヨ、ジナーの中古在庫の動きは悪いです。売価変更するのを狙っていたりして(^^;)

クッチさん、こんにちは。
大判は暗箱、レンズとも人気が無いですから中古の動きも悪いようですね。カンボやジナーなんて新品価格を考えたら信じられない安さです。安くても私には重くて使えません。(笑)

こんにちは。
大判は行き着いた最後の世界ですから、極めている人はとんでもなく極めているということでしょう。でも、のんびり一枚撮るのも大判の楽しみですからね。大判大好きなアメリカ人も、車でやってきて、おしゃべりしながら準備して、風景を眺めつつ一枚撮って、それで帰ってしまう人もいるそうです。ま、バイテンなんでしょうが、そういう写真生活というもいいかなあ。

ビワさん、こんばんは。
昼前に出掛けて一時間半ほど歩きながら撮影した枚数、四枚です。(笑)
たまにはスローな撮影も、まぁいいかと・・・。

KONDOHさん、こんにちは!

私は大判の時は20枚/1日以内と決めてます。
まぁ最大の理由はフィルム代と現像代なんですが。

でもこの一押しで昼飯代と同じと考えると、慎重になって画面の隅々まで見ますね。
もちろん構図や露出、ピントなんかにも気をつけますので、普通の写真を撮る時の鍛錬にもなったりして。

ボン村上さん、こんばんは。
20枚/1日は凄いです。まだまだ一枚撮るのに時間が掛かります。
でも、おっしゃるようにかなり慎重に一枚を撮りますので、デジタルカメラとは撮影スタンスが全然違います。もっとも本当はデジタルでも慎重に撮影するべきなんですが、大判に比べると安直さは否めません。

KONDOHさん、こんにちは。

実は私も大判始めました。
父親の遺品のリンホフスーパーテヒニカが出てきたのです。レンズもジナーの150mmと240mm。
それでこの前撮影しました。撮影ポイントは近場でしたが撮影のお作法があってフィルムはQLでしたが8枚ほど撮りました。月曜日に現像が上がるのですがはたしてちゃんと写っているかどうか今から楽しみです(笑)

Kazuさん、こんばんは。
お父上の遺品にリンホフがあったのですか。それは凄いですね。大切にして下さい。
早速8枚の撮影。上がりが楽しみですね。大判の世界は圧倒されると思います。

今日シノゴのポジが上がってきました。
8枚中3枚は露出オーバーでダメでしたが他はちゃんと写っていました。ポジを見たのですが少々感激しました。大判のポジは凄いですね。解像感が凄いです。これに皆さんはまるわけですね。機動性はないのですがまた機材をかついで撮りに行きたいです。

Kazuさん、こんばんは。
シノゴのポジは圧倒されますよね。35ミリとの違いに愕然とします。
とは申しましても35ミリは機動性がシノゴとは段違いですから、やはり適材適所という事ですね。
これからも大判を楽しんで下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スクエア好き(2) | トップページ | 花粉症 »