« チューリップ(2) | トップページ | GRD2が見た桜 »

2008年4月18日 (金)

大判で桜を・・・

T300mm

奈良の長谷寺で大判を駆使するつもりだったのですが、折からの強風で撮影もままならず、ワンカット撮影しただけで撤収する事に。直後から雨も降って来る始末。そのワンカットの現像が上がって来たのでアップ致します。シャッター速度は確か1秒でしたので、ご覧のように桜は揺れています。

まだまだ慣れない大判撮影。アオリを使ってパンフォーカス狙いで撮ってみました。ライトボックスで見ると細部まできちんと解像しているところはさすがビッグフォーマット。スキャンして横800ドットの画像をパソコンモニターでご覧頂くだけでは大判の良さ(写真の巧拙ではなく)が伝えられないのではないかと、少々残念です。やはり大きくプリントして鑑賞するものですね、大判は。

DATA : TACHIHARA 4x5 + FUJINON T 300mm/f8、Fuji RDP III

« チューリップ(2) | トップページ | GRD2が見た桜 »

コメント

私は中々箪笥から大判をひっぱり出せないのが現状ですが
落ち着いてゆっくり撮るのもいいですね~
一秒というシャッターも最近めっきり使ってないです

mukunohigeさん、お早う御座います。
大判、持ち出す時はそれなりの覚悟(笑)をしないとなかなか使う機会を持てないですが、上がりを見ると感動します。一秒、アオリと絞り込みでパンフォーカスを狙った結果ですが、私も最近は一秒なんて使っていなかったです。

おはようございます。
大判は迫力ありますね。強風で先端が揺れているのがよくわかります。
ホースマン使っている友人が原版を見せてくれますが圧倒されます。私もブローニーくらいはと思っているのですが。

うわぁ、大判ですか。
やっぱり迫力や立体感はすごいと思います。
僕の奈良在住の叔父が大判や中判で撮った奈良の写真集を私家版みたいな感じで出しているのですが、それを思い出しました。

私も昨日受け取ってきました。
あの時は風がキツかったので絞り込むのを諦めて、1/15~1/8で撮りました。
まぁ、普通には写ってました(^_^;)

大きいのだと1/4~4s程をよく使ってます。
35mmより4段ほどは絞り込まないと似たような深度にならないので、どうしても遅めのシャッタースピードになっちゃいますね。

デジカメで撮ったモノもまだ処理が終わってなくて...何とか今週末にでもKONDOHさんとご一緒した長谷寺ぐらいはアップ致しますね。

ダンさん、こんばんは。
やはりフィルムサイズの違いは大きいですね。ライトボックスでもルーペなしでチェック出来るくらいで・・・。

YOさん、こんばんは。
身近で大判、中判の写真をご覧になっておられるのですね。デジタル時代になってもフィルムはフィルムの良さがありますね。

ボン村上さん、こんばんは。
現像、上がって来たのですね。600mmは迫力がありました。是非、webにアップして下さいませ。
E-3の写真も楽しみにしています。

ピタっと止まっている部分があるから、風で揺れている部分がよく分かります。
PCでは大判はもったいないですね。やはり紙にプリントした状態のを見てみたいです。少しくらい大きいサイズに拡大しても拡大率はたいしたことないですからね。

ビワさん、お早う御座います。
おっしゃる通りパソコンモニターではコンパクトカメラで撮ったものと大判で撮ったものとの違いがほとんど出ませんので、やはりプリントした状態で見るものと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チューリップ(2) | トップページ | GRD2が見た桜 »