« お知らせ | トップページ | 京都・平安神宮 »

2008年4月 9日 (水)

奈良・長谷寺

Dsc_0294

桜を追い求めて二日間、奈良と京都に行って来ました。生憎初日の月曜日は昼前から雨になり、午後からはかなり強く降って来た。昨秋の紅葉撮影も雨に祟られており、どうも雨男のようである。(笑)
日曜日の夜行バスで横浜から奈良県天理へ。早朝到着後、電車を乗り継いで近鉄線「室生口大野駅」に降り立ち、大野寺へ。大野寺で枝垂桜を撮影後、今一度近鉄線に乗り「長谷寺駅」へと向かい、この日のメイン「長谷寺」に入った。

受け付けで貰ったガイドによると国宝の本堂は徳川三代将軍家光公の寄進によって慶安三年(1650年)に建立とある。初めて訪れた長谷寺ですが、「感動!」の一言です。いや〜、素晴らしいところです。高低差のある長谷寺一帯は変化に富んで見学だけでも楽しい場所でした。もちろん写欲も大いに湧いた。花も桜だけでなく、れんぎょう、木蓮、こぶし、さんしゅゆ等々、レンズをどう向けたらいいか迷ってしまう程。

Dsc_0300

Dsc_0389

鮮やかな五重塔に桜は良く映える。しかし何処を向いても桜、桜、桜・・・。桜が終わっても牡丹、石楠花、藤、紫陽花と花々は尽きる事がないところのようである。四季を通して楽しめる長谷寺。すっかり気に入ってしまいました。

Dsc_0556

今までも木蓮は春になるとあちらこちらで見て来ましたが、長谷寺で見た木蓮には驚愕。あれほど大きな木蓮の木は見た事が無かったです。入り口際で見た木蓮の大きさに「え!?」と声を上げそうになったくらい。素晴らしい!

Dsc_0510

今回の奈良、京都には大判とデジタル一眼レフを持参したのですが、長谷寺で大判を使い始めたら風が強くなり、直に雨になったため大判は撤収。以後はデジタル一眼レフで撮影。ほとんどRAWで撮影したとは言え、二日間で7GB分もの容量を費やしてしまった。長谷寺だけで3GBくらい撮影しており、今日の六枚はほんの触りだけになってしまいました。

Dsc_0505

DATA : NIKON D40x + AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm/f3.5-5.6G II、AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm/f4-5.6G、RAW、Capture NX

« お知らせ | トップページ | 京都・平安神宮 »

コメント

ロングに惹いたのが断然良いですね。
やはり京都はいいですねえ。

無論、作品の素晴らしさもですが、撮影に対する意志の強さと併せて楽しみながらの意欲を感じました。D40は某友人もサブとして用いているようですが旅行ではメインとして使えることも認識しました。
ほかにどのカメラを使われたか楽しみです。

ritomoさん、お早う御座います。
すっかり嵌っております。今度は是非ご一緒したいですね。

OKAさん、お早う御座います。
今回は行く前から雨予報でしたので、大判以外は軽量で行こうとデジ一眼はD40xのみです。他にGRD2を持参しました。

やはり、京都と奈良に行ってらっしゃったようですね。こちらは大阪で京都は近いのですが、いつでも行けるなと思っているとなかなか行けないものですね。そのうちに行きたいと思っていますが、KONDOHさんの情熱には敬服いたします。写真のアップ楽しみにしています。

 2日間ブログが休みとあったので、京都かと予想しましたが、奈良にも行かれたのですね。
 私の方は、妻と共に県内北部の鶴山公園に行きました。やはり桜は良いですね。

奈良には親戚がおり、二十年ほど前に長谷寺へも行ったことがあります。
当時はとてもひなびたお寺に見えましたが、花の盛りだと雰囲気がまったく違って見えますね。

Kazuさん、こんばんは。
大阪に近い奈良と京都詣でをしておりました。まぁ年、数回の贅沢です。(笑)

pyosidaさん、こんばんは。
こちらにもコメントを頂いているボン村上さんに先導をお願いして奈良に行って来ました。大変、感動しました。

YOさん、こんばんは。
長谷寺、初めての訪問でしたが、是非また行ってみたいと思っております。素晴らしいところでした。

美しいの一言ですね。
山の中にあるというこいとで、起伏があって、景色が立体的で、関東で見る神社やお寺とは一味違いますね。
曇り空だったのでしょうか、かえって落ち着いた雰囲気で、やはり美しいの一言です。

ビワさん、こんばんは。
おっしゃる通り起伏のあるところで、撮影意欲も湧いて来ます。雨がぱらつき始めた頃の写真でして、この後にかなり強く降って来ました。
しかし素敵なところでした。

こんばんは!

グッドタイミングですね。冒頭で感動の様子が記されていますが、これほど咲き揃うのはなかなかないですよ。桜は満開でも木蓮が散っているとか紅しだれはまだ咲き始めとか、初めて行かれた今年が恐らく最高の出会いになるかもしれませんね。牡丹の頃に比べれば桜の時期は人出も比較的落ち着いているのも魅力的です。

tamuraさん、こんばんは。
今回もボン村上さんのお陰です。雨さえ降らなかったら一日中此処で撮影出来ましたですね。ビギナーズラックというところでしょうか。こんなにタイミングが良い事はそうそうないわけですね。
しかし四季折々楽しめるところのようで、また訪れてみようと思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 京都・平安神宮 »