« 京都・南禅寺~哲学の道 | トップページ | 京都・嵐山 »

2008年4月12日 (土)

奈良・東大寺

Dsc_0602

ブログでの紹介が前後しましたが長谷寺詣での後、案内して頂いた村上さんと昼食を摂り、午後は春日大社と東大寺を周った。もうこの頃はかなりの雨が降っており、カメラとレンズも濡れ放題。ハンカチで拭きながら使っていましたが、ボディ内部にも結構滲みていたかもしれない。上の写真をご覧頂ければお分かりかと。写真は東大寺・二月堂。村上さんに付いて行くと、比較的観光客の少ない東大寺裏の方へ。

二月堂は「お水取り」で有名なところ。村上さんは毎年大判を使ってこの「お水取り」を撮影していますが、大変素晴らしいです。私はテレビのニュースでしか見た事がないのでかなり大きな建物を想像していまして、二月堂の前で私はなんと村上さんに「この建物は何ですか?」という大変恥ずかしい質問をしてしまったのである。無知というのは困ったものだ。

Dsc_0612

二月堂の舞台に上がってみると気持ちがいい。此処へ上がったら一回くらい生で「お水取り」を見たくなってしまった。松明で煤けた壁が妙に生々しかった。

Dsc_0645

二月堂から大仏殿裏へ向かう途中で見た「紫木蓮(シモクレン)」。調べてみたら木蓮はこの色をいうのですね。「白木蓮(ハクモクレン)」は別種である事を知りました。

Dsc_0653

そして大仏殿裏へ来たらなんとポツンと枝垂れがあるではないですか。村上さんはこの枝垂れを目的に此処へ連れて来てくれたようで感謝。

Dsc_0660

もうこの頃は靴だけではなく、靴下までビショビショ。(笑)強い雨に濡れる枝垂れも可哀想である。

Dsc_0659

枝垂れの向こうに見える建物が「大仏殿」。この時点で時計を見ると夕方5時頃。本日の撮影はこれで終了し、予約してあるホテルにチェックインする為京都駅へと向かった。

おまけの写真を一枚。なんと鹿が桜を食べているシーンに遭遇。後ろ足二本で立って桜をパクっ! まさか桜を食べるとは思いませんでした。

Dsc_0664

DATA : NIKON D40x + AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm/f3.5-5.6G II、RAW、Capture NX

« 京都・南禅寺~哲学の道 | トップページ | 京都・嵐山 »

コメント

さ、桜を食べてる!

実は、奈良の鹿には三才のころに尻を噛まれて以来、すっかり恐怖心が植え付けられています。
近くに来るだけで恐いです。
でも、この写真は本当に面白い!

はじめまして。目下気むづかしいM8に翻弄されている老人です。かなり以前からKONDOHさんやretomoさんの記事で勉強させていただいています。
あの日、雨の東大寺裏あたりを(M8はバッグに)M6でうろうろしていました。どこかでニアミスしたかもしれません。翌日京都、翌翌日が長谷寺、と同じような旅でした。(来週アップの予定です。)

東大寺近辺は鹿が至る所にいます。その昔、Muskというオーデコロンがあったのですが、それが雌鹿のエキスとか何とか?それをつけて東大寺あたりを歩いたら、雄鹿3匹ほどに追い回されて、難儀した経験があります。鹿にはご用心を(笑)

YOさん、こんばんは。
鹿は草食動物ですから桜を食べてもおかしくはないのかもしれませんが、ビックリしました。三歳の経験がトラウマになっているのですね。

kurakameさん、初めまして。
ブログ、拝見しました。いい桜をお撮りになっていらっしゃいますね。二条城も見事だという事を聞いておりました。しかし今回は訪れる時間が取れませんでしたので、来年以降に考えます。
雨の東大寺裏にいらっしゃったのですか。M6を持った方には気が付きませんでした。微妙な時間ずれがあったのかもしれませんね。

Kazuさん、こんばんは。
雄鹿に追いかけられるオーデコロンがあるのですか。しかし雨にぬれても鹿は平気でしたね。さすが野生動物です。

こんにちは。
大きなモクレンの木ですね。ハクモクレンは目立つせいかどこでも人気がありますが、普通のモクレンは特に地味ということもないはずなのに、なぜかひっそりと咲いている気がします。
鹿の写真、バッチリですね。

いや〜、ホントに大きなモクレンでした。長谷寺で見たハクモクレンも大きかったのです。東京、横浜ではあんなに大きなものは見た事無いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都・南禅寺~哲学の道 | トップページ | 京都・嵐山 »