« オリンパス E-420 | トップページ | 春は花 »

2008年4月21日 (月)

ミツマタ

Hana_21

京都・哲学の道で見たミツマタです。ミツマタは枝が三叉、三つに分かれる事からその名前になったそうな・・・。和紙の原料になるそうですが、花を見ているだけでは「これが和紙に・・・」と、不思議な感慨を持つ。

Hana_25

こういうふうに見るとなんともゴチャゴチャしていて、とても綺麗には見えませんねぇ。

Hana_23

桜の木の下に群生しているとは思いませんでしたし、哲学の道では他にも花々を見る事が出来ました。

Hana_22

Hana_24

春に咲くミツマタ。少しは春らしさを感じて頂けたでしょうか?

DATA : NIKON D40x + AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm/f3.5-5.6G II、RAW、Capture NX

« オリンパス E-420 | トップページ | 春は花 »

コメント

数本ですが紀尾井町の清水谷公園にあります。3月半ばが盛りでした。花弁はしっかりしていて可憐。無骨な枝振りには似合わない清楚な花ですね。
桜の時期は目線が上にいくから背丈のない草木が不憫ですね(^^;) 今日はシャガとか背の低い花ばかり撮ってきました。

cucchi3141さん、お早う御座います。
ミツマタは花だけ見るとおっしゃるようになかなか可憐です。これからはいろいろな花々が咲き誇りますが、今度は目線が下になりますね。

おはようございます。
ミツマタは最近和紙の里といわれる埼玉の小川町でお目にかかりました。確かに可憐な印象でした。
和紙になる行程を見学しましたが興味深いものでした。

コウゾ、ミツマタが和紙の原料と社会科で習いました。
こんな花が咲くとは知りませんでした。
勉強になりました。

ミツマタの花、クローズアップだとすごく可愛いんですね。
初めて見ました。
一つ賢くなったかな(笑)。

ダンさん、こんばんは。
埼玉に和紙の里、と言われるところがあるのですか。無知でお恥ずかしいですが、知りませんでした。津和野で和紙を作るところは見たことがあるのですが・・・。

ritomoさん、こんばんは。
案外原料なんて知識がない事があると思います。極端な話し、多くの方はCCDやCMOSの製造方法を知らないでデジカメを使っているのだし・・・。って、ちと例が違いますね。

YOさん、こんばんは。
ミツマタはそうそう見掛けない花ではないかと思います。私も撮影した後、いろいろ調べて少しだけ知識を得ました。(笑)

こんにちは。
ミツマタの花は僕の好きな花のひとつです。ツボミのうちから撮りますが、満開の頃にコンパクトデジタルで撮ると、何かの揚げ物のような雰囲気になります。それに、意外に透明感があったりします。特に空が青いと黄色が映えて良いです。あと、香りも良いですね。

ビワさん、こんばんは。
ミツマタの花は揚げたお菓子のようにも見えますね。とても面白い形の花だと思います。こういう花は写真をやっていなければ多分、見過ごしているのではないかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オリンパス E-420 | トップページ | 春は花 »