« 飛んでイスタンブール | トップページ | 歓喜の歌 »

2008年5月14日 (水)

LEICA CM

Leica_cm

GW中に修理に出していたライカ CMが帰って来た。伝票の完了日を見ると預けてから五日で終了していたので、GWの最中に早い上がりで助かりました。絞り羽根が完全に格納されず常時少し出ている状態になり、伝票を見るとシャッターブロック交換になっておりました。これでまたガンガン愛用する事が出来ます。

CONTAX T2から始まった銀塩高級コンパクトカメラのジャンル、このライカ CMが恐らく最後の高級コンパクトになるのではないでしょうか。あぁ、富士フィルムのクラッセがありましたね。ただクラッセが高級コンパクトのジャンルに入るかどうか。ほとんどの高級コンパクトカメラは数年前までにすべてディスコンになっており、このライカ CMも一昨年秋にディスコンとなっている。

ところで搭載しているレンズは先代のミニルックスと同じくSummarit 40mm/f2.4という明るい単焦点。マルチコーティングされたレンズは4群6枚で、絞り羽根は6枚。ファインダー倍率は0.4倍で視野率約85%、電源としてリチウム電池のCR123Aを使う。シャッターの最高速は明るいレンズを生かせる1/1000秒。そして何より嬉しいのはボディがチタン製という事。レンズもT2、T3のSonnarに負けません。焦点距離は若干違いますが。

上の写真をご覧頂ければ分かるようにスタイルはもう・・・M型ライカそのもの。名前の所以は知りませんが、CMというのはCOMPACT M LEICAの意味なんでしょうかねぇ? ちょっと無理があるかな? デジタルが主流の現在、フィルムが無ければ写らない高級コンパクトカメラなんて使う意味があるのかどうか・・・? しかし、GRD2を使ったりすると、余計銀塩コンパクトカメラを使いたくなるから不思議なんです。

40mm_02

DATA : LEICA CM / Summarit 40mm/f2.4、Fuji PN400N

« 飛んでイスタンブール | トップページ | 歓喜の歌 »

コメント

CM直って良かったですね。しかし早いです。
僕もR8は未だに音沙汰無しです(^^;)
ズマリットは非常に高性能ですから銀塩ということさえ気にしなければ、素晴らしい仕事をしてくれると思います。
M8に飽きた時にはCMも使って下さい。

売り払いたいと思いながらも後ろ髪を引かれて処分できずにいる高級コンパクトがゴロゴロしています。
クラッセは旧型ですとどうでしょうかね。35Tiは2台あるのですがもう価格安くなって馬鹿らしいのでこのまま持ち続けると思います。G2は入れてもよいでしょうか? ホロゴン以外は持っています。
CMはお金があれば・・・ 持っていたいカメラですね。

ritomoさん、お早う御座います。
最低一ヶ月は覚悟していたのですが、思いの外早くて助かりました。R8も早く帰って来るといいですね。
ズマリット 40mm、いいレンズです。フィルムもまだまだ止められません。

cucchi3141さん、お早う御座います。
高級コンパクト、潜在需要はまだまだ有ると思うのですが・・・事実中古棚の商品は短期間で動いていますので・・・手放すとなると嘗ての買い取り価格はありませんので難しいですね。クラッセの旧型はかなりお安くなっているようです。G2はお持ちになっていた方が良いと思います。レンズが良かったですから。

KONDOHさん、高級コンパクトカメラ、バンザイですね〜 CMが無事修理できて良かったですね^^v
私はこのところ35ミリはT2、G1+28ミリあとTixで95%まかなっており、これで十分です。残り5%がポンコツAXです。ビオゴン28ミリは素晴らしいレンズで、高感度フィルムを使えば、少々光が乏しくても写りますね。反面ゾナー38ミリは、暗闇に弱いですが、潤いのある描写がたまらないです。ただT2というカメラは、フラッシュを焚いても不自然な描写になりにくいと感じます。

スカルピアさん、こんばんは。
有り難う御座います。私も嘗てG2+ホロゴン〜45mmまで揃えていたのですが、全部処分しちゃいました。ただ28mmだけは使っていなかったのです。G28mmは定評がありますものね。改めて使ってみようかなぁ・・・。(笑)
T2、おっしゃるようにフラッシュの調光精度はいいですね。コンパクトでは珍しいです。

KONDOHさん、今晩は。
ビオゴン28ミリは性能を考えれば投げ売りの値段ですし、ボディはG1のメーカーオーバホール済みを選べば=これも安い!=当分楽しめますよ〜

スカルピアさん、そうですね・・・。
G1も28mmもホント安いですよね。高級コンパクトの数分の一で買えますから。前向きに考えます。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛んでイスタンブール | トップページ | 歓喜の歌 »