« 感度分の16 | トップページ | 飛んでイスタンブール »

2008年5月12日 (月)

マーラーはお好き?

タイトルはフランソワーズ・サガンの「ブラームスはお好き」をもじって付けました。グスタフ・マーラー(1860/7/7〜1911/5/18)、大規模で声楽を伴う交響曲の作曲家としてクラシック音楽ファンなら誰でも知っているはず。ただしその音楽は少々難解なところも多く、好き嫌いの分かれる作曲家の最たる人ではないかと思う。私はどちらかというと苦手な音楽で、今まであまり積極的に聴いて来た作曲家ではない。

先月北九州に行った際、車中でritomoさんがマーラーをあまりお聴きになっていないという事で、最近ロリン・マゼールが指揮した全集をお買いになったという事で、しばしマーラー談義となってしまった。その中でマーラーの音楽は狂気を伴った部分がある、という話しが出ており、その点では私も同意見。当然熱烈なるマーラーファンの方も沢山いらっしゃると思いますので、そういう方々からは「何を言う」と非難を浴びるかもしれない。

私が初めて聴いたマーラーの作品は確か交響曲第1番「巨人」だったと思う。16歳でクラシック音楽に夢中になり始めた頃、交響曲と名の付く作品は何でも聴いていた時期で、或る晩FM放送で聴き始めたものの、ベートーヴェンやモーツァルトの交響曲作品とは作風が違い過ぎて、結局第一楽章の途中でスイッチを切った記憶がある。極端に言えばベートーヴェンやモーツァルトの作品は弦楽器が主体に聞こえるのに対し、マーラーは管楽器主体に聞こえ、何とも違和感を感じてしまった。

初めて何とか全曲を聴けたのはバーンスタイン指揮、ニューヨーク・フィルによる交響曲第5番。FM放送で聴いたのですが、第一楽章の葬送行進曲に何故か惹かれ、そのまま全曲を聴き通す事が出来た。中でも弦楽器のみで演奏されるアダージェットは美しくて感動しましたね。しかし直後の楽章から爆発的音楽が鳴ったりするので、やはり難解な音楽です、マーラーは。(笑)

現在私が持っている唯一のマーラー交響曲全集はバーンスタインが晩年、独グラモフォンに録音した自身二度目の全集(CD)。輸入盤で、あまりにも安い価格が付いていたので。これを購入したのは大分前、何年前か忘れるくらい前で、恥ずかしながら未だに全曲を聴いていません。先週、この全集の中から第5番を取り出して聴いてみた。この全集は曲毎にオーケストラが違いまして、第5番はウィーン・フィルです。録音が良い事も手伝って、とにかく音楽そのもののダイナミックレンジが広いので、弱音にアンプのボリュームを合わすとフォルティッシモで大音響となるし、フォルティッシモに合わせておくと弱音が小さくなり過ぎるしで、マーラーはやはり苦手です。

ちなみに第3、7、8番の三曲は全曲通して聴いたのは未だ一回しかない。いずれも全曲聴き通した時には苦痛に近かった。(笑) 何も無理に聴く事はないわけですが、一回くらい全曲を聴いてみるか・・・という義務感みたいなもので聴いたわけです。しかしその後、今一度聴きたくなるような曲想ではないので(自分にとって)、上記バーンスタインの全集もこの三曲は取り出していないわけです。果たしていつか聴く機会が訪れるのかどうか・・・。

このブログに訪れてくれる皆様、マーラーはお好きですか?

写真はバーンスタイン二度目の全集から単売されている第5番のCDです。
Mahler

« 感度分の16 | トップページ | 飛んでイスタンブール »

コメント

おはようございます。
フランソワーズ・サガン、懐かしいですね。若い頃、密かに読みました(趣味ではなかったゆえ)。
マーラーは何となく難しくしきいが高く感じていました。そろそろ聞いてみる気になりました。
因みに、シベリウスの「フィンランディア」はよく聞きました。

こんにちは

マーラー、「巨人」より他は聴いたことが無いですが、小沢+ボストン響のが単純明快に聞こえてバックグランドミュージック!には最適ではないかと。

学生時代、万年2番トランペット奏者であったころ、この曲を定演でやりたい、と先輩方に伝えて一蹴されたのを思い出します。なぜって・・・

音楽の道は遠く、写真の道は切なし、です。

ダンさん、こんばんは。
マーラーはクラシック音楽の中でも敷居の高い音楽かもしれません。私の周りでは未だ熱狂的ファンという方にはお目に掛かっていません。マーラーの熱狂的ファン、どういう方なのでしょうかねぇ・・・。
「フィンランディア」は名曲ですね。私も大好きです。昔、映画「ダイハード 3」だったか、ラストで効果的に使われておりました。

ヒロさん、こんばんは。
やはりマーラーはあまりお聴きになっておりませんですか。小澤さんはマーラーにご執心なのか、よく取り上げておりますね。しかし楽器をやられる方が羨ましいです。

このところ暇無しで聞くことが出来ずにいます。
ゆっくり聞きたいです・・。

ritomoさん、こんばんは。
マーラーは時間とゆとりがないとなかなか聴く勇気が出ないと思います。暇が出来た時にゆっくり聴いて下さい。

KONDOUHさん こんにちは~!

実は、マーラー 私も、苦手なんです。。。

良い悪いではなく、絵も写真もそうですが、
「合う合わない」という事でしょうね。。。
書かれているとおり、ダイナミックレンジが広すぎますし。。。(^^;;
お好きな方は 「そこがいいのに・・・」と仰るのでしょうけれど。。。

マリアさん、こんばんは。
う〜ん・・・、またしてもマーラーが苦手の方が・・・。(笑)
クラシック音楽をン十年聴いていますが、未だに私の周りでマーラーが大好き! という方にお目に掛かっていないのです。ベートーヴェンの第九を除いて、声楽の入っている交響曲が私は苦手でして・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 感度分の16 | トップページ | 飛んでイスタンブール »