« マーラーはお好き? | トップページ | LEICA CM »

2008年5月13日 (火)

飛んでイスタンブール

Mayo

今日も音楽の話しですが、少々気恥ずかしい内容です。
先日、「iTunes Store」に繋いでいたら「庄野真代」さんのアルバムジャケットが眼に付きました。「おお! 懐かしい!」という感慨とともに、昔ヒットした「飛んでイスタンブール」という曲が思い浮かびました。

ジャケット写真は「庄野真代ゴールデン☆ベスト」というアルバムで、曲目を見ると「飛んでイスタンブール」「モンテカルロで乾杯」といった懐かしい曲があるのでサンプルを試聴してみました。これらの曲がヒットしたのは何年前の事なんでしょうかねぇ・・・。当時気に入ったとはいえ、シングル盤やCDなどを買った事はなく、もっぱらラジオ、テレビで見聞きして楽しんでいた。

で、今回思わず上記二曲、「曲を購入」をポチッと逝ってしまいました。(笑)
いや〜・・・懐かしいですねぇ。電車の中や車の中(FM飛ばし)で、もう〜何回も聴いております。今、冷静に歌詞を聴いていると「モンテカルロで乾杯」なんて結構支離滅裂な歌詞の部分があったりするのですが、これはまぁ〜ご愛嬌ですね。

最近ニューアルバムを出したらしいのですが、若い時の張りのある声の方がやはりいいですね。この二曲も新アレンジで再録音していますが、オリジナルの方が好みです。

音楽ものはレコードなりCDを自分で買わないと気が済まないタチなんですが、かといって二曲の為にCDを買うのも・・・と悩む時は「iTunes Store」は一曲単位で購入出来るので便利です。ダウンロードした「iPod」にはジャケット写真も一緒に入って来るので、まぁまぁ楽しめます。実はこの他にも夏川りみさんの「涙そうそう」と「秋桜」もダウンロードしてありまして、お気に入りです。

「涙そうそう」は同名の映画も泣かされましたが(笑)、夏川りみさんの歌唱も最高にいいですね。「秋桜」はご存知のように山口百恵さんのヒット曲をカバーしたもの。これもしみじみとしていいです。いつもいつもお固いクラシック音楽ばかり聴いているわけではなく、たまにはこういった音楽も聴いております。ガチガチの石頭のクラシック音楽しか聴かない音楽好きというわけではないですよ、念の為。(笑)


« マーラーはお好き? | トップページ | LEICA CM »

コメント

KONDOHさん、こんにちは。昭和40年〜50年頃の歌謡曲は、歌い手を引き立たせるために徹底的に作り込まれていますから、秀逸な楽曲が多いです。当時下手な歌だと思ってたのが、今聴いたら意外と上手かったりします。一番凄いのは、バックバンドの演奏です。コンピューターの無い時代ですからすべて人の手による演奏で、なおかつみんな忙しいですから録音は譜面を渡され、1回リハやって、2回目本番というのが当たり前の作業だったそうです。

こちらにも~^^

どちらの曲も知っています。。。
庄野真代さん 歌唱力ありますものね。。。

山口百恵さん 若い頃憧れの女性でした。。

スカルピアさん、こんばんは。
まったくおっしゃる通りなんですよ。如何に歌い手を引き立たせるか、この頃はこれに尽きるのではないかと思います。それとバックバンド、恐らく技術的に巧いスタジオミュージシャンはあちこちで引っ張りだこだったのではないかと。最近の音楽はコンピューターで作られているものが多くなっているようで、イマイチ心にしみ込む音楽が少ないように感じています。こんな事感じているのは私だけですかねぇ・・・。

マリアさんもご存知でしたか。やはり歌は歌唱力のある人が歌わないと・・・って、少々口煩いですね。(笑)
山口百恵さんは引き際が素晴らしかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マーラーはお好き? | トップページ | LEICA CM »