« GW最終日 | トップページ | ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番(2) »

2008年5月 7日 (水)

TAMRON AF 28-75mm/f2.8

2875_01

私、レンズメーカーを代表するタムロン、シグマ両社のレンズについては十年程前だったか、苦い経験がありまして、以後両社のレンズを購入する事は現在までありません。ほぼ同時期に両社のズームレンズを購入したのですが、運が悪い事に共に方ボケをするのです。レンズに偏芯があったのでしょうね。写友にこの事を話したら、「レンズメーカーがそんなものをいちいち出荷から跳ねたら、あんな安い価格で出せないよ」と言われ、なるほどそういうものか・・・と思った次第。これがトラウマになって未だに両社のレンズを購入出来なくなっているわけです。

まぁ、今はそんな事はないのかもしれませんが、雑誌のレポートはいい事しか書いていませんので未だ信用出来ません。(笑)
で、たまたま写友が今日ご紹介するレンズを貸してくれましたので使ってみました。俗に言う大口径ズームレンズ、全域 f2.8通しの標準ズームです。自分自身は f2.8を大口径とは思っていないのですが、ズームの場合は大口径になるようですね。

2875_02

写真は横浜・山手の洋館で写したもので、ベーリック・ホールとエリスマン邸です。

2875_03

2875_04

さて、このレンズ。ワイド側の歪曲はこの手のズームレンズに有りがちなタル型が見られますが、思いの外歪みは少ないですね。ズーミングして行くと途中から糸巻き型の歪曲になりますが、テレ側までずっと糸巻き型は直りません。

2875_05

「こどもの日」らしい飾り付けが見られました。タムロン製のレンズはコストの関係か、ピントリングがクルクル廻ります。これが私はダメなんですねぇ。左手でボディとレンズを支えていると必ず指に回転するピントリングが当たってしまうのです。

2875_06

今回のレンズ、作りはそれなりで愛着の湧く作りではないですが(価格を考えれば当然)、描写については価格以上のものがあるようです。なんと言っても新品売価が安いところは33,000円だそうです。f2.8通しのズームレンズ、カメラメーカー製の大きく重い、高い(20万超え)の三重苦から見ればコンパクト、軽い、安い、そして意外と(失礼)良く写る。それなりのシェアがあるのでしょうね。

写真はほとんどレタッチせず、jpegに縮小しています。

DATA : NIKON D3 + TAMRON SP AF 28-75mm/f2.8 XR Di LD Aspherical[IF]MACRO、RAW、WB auto、ISO 1600〜2000、Capture NX

« GW最終日 | トップページ | ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番(2) »

コメント

密かに記事アップされていますね(^^;)
ワイド側のタル型って気になるんですよ。それでもこの写りでf2.8、かつ価格を考えたら作品づくりを抜きにすれば十分実用になりますね。こういうレンズが出されているから高価な純正ズームを買う気がますます失せて・・・(^^)
私も「その」危ない頃のズームをまだ持っていますよ。タムです。28-200とか28-300です。家族旅行とかですと1本で済むので重宝しました。家族一緒ですとレンズ交換して撮っている暇はないです。
先日タムのSP AF 90mm・f2.8 MACRO1:1が出てきて172Eですね。これ外装はチープなんですがよく写るんですよ。評価の高いレンズです。でも使う意欲が湧きません。Nikkor 105mmのMicroを使いますね。処分しようか考えています。いまでも割とよい値段で取引されていると思いましたが。

綺麗な色合いですね。
レンズは製作段階でA級からC級まで色々個体差があるのが出来ると噂で聞きました。量販店ではB,C級しか流通していなくて、雑誌などのPRに貸し出すのは当然A級ですから、そのものが手に入るわけありませんよね。ですから鵜呑みに出来ないと!
これはタムロン、シグマ以外でも日本のメーカなら皆同じだとの噂もあります。名だたる国産メーカのレンズにプロが怒っていましたから・・・
もっともその個体差は私のような鑑識眼のない人間には察知されないからそれはそれで良いのでしょう。
その点、ライカやツアイスなどの欧州レンズは違うとの噂もありますが、コシナなど日本で製作したレンズの個体差はどうなんでしょうね。良くはわかりませんが、かなり善戦しているのではないでしょうか。
欧州メーカの作り方の秘伝が伝わっているのでしょうか?

こんにちは
防湿庫で長い間眠ってもらっていたズームレンズ、昨日久々持ち出してみました。ぼくのはニッコールの35~105で、うんと古いやつですね。やっぱりズームは便利ですね。
シグマやタムロンは買ったことも使ったこともないんですが、最近のはずいぶんシンポしたんでしょうね。

連休中、タチハラは活躍しました?

cucchi3141さん、お早う御座います。
夕べは早く寝たのですが、夜中に目が覚めてしまいました。で、MacBookで記事をアップしちゃいました。(笑)
確かに高倍率ズームは旅行などに便利ですね。ズーム嫌いの私でさえ先月の京都ではD40xダブルズームが重宝しました。軽いですから。
タムロンさんの90mmマクロは有名ですね。私も何度使ってみようか・・・と思ったものの、やはりまた同じ事を味わうのが怖くて手が出せません。外装はやはりおっしゃるようにチープですね。多分、このまま手が出せないまま終わる・・・ような。(笑)

fujifujiyさん、お早う御座います。
工業製品ですから多少のバラツキは有ると思うのですが、どんなに安い価格でも外れ品を掴めばいい気持ちはしないと思います。安かろう・・・悪かろう・・・では。
コシナさんの製品ですが、ツァイスZFのシリーズをすべて初期ロットで買いましたが(その後すべて売却)、100mmマクロ以外は問題なかったです。100mmマクロだけ、「?」でした。外れなのかどうか自分でも疑問符です。ZMシリーズは未だ一本も購入していません。

ヒロさん、お早う御座います。
ズームはおっしゃるように便利なんですが、私、人一倍歪曲が嫌いなので今迄はほとんどズームは使っていませんでした。しかし京都で安価なダブルズームを使った時は便利でいいなぁ・・・と感じ入りました。
タチハラ、先月一回使っただけで・・・。もっと使わないといけませんね。

工業製品だけに難しいですね。厳選すれば当然高くなってしまいますから、少々問題があっても安い方がいいという人も出てくるわけで、おかげでレンズメーカーもやっていけるというものですね。
安いレンズにはあまり期待しないで、そこそこ写ればいいかな、ぐらいの気分でいるのがいいのでしょう。とにかくレンズがないと写真は撮れませんから。

ビワさん、こんばんは。
カメラメーカー製にしても多少のバラツキはあると思うのですが、安かろう・・・悪かろう・・・では何か寂しいものを感じます。
安いレンズでも信じられない写りをするものがあります(例・ニッコール DX 18-55 II)。或る程度、妥協は必要とは思っております。

どれもいい写真に見えますね。
僕の持ってるオリンパスE-510のキットレンズは暗いし、歪曲は派手だし、ちょっと残念な感じですが、実質1万円なので(カメラ単体との価格差)しょうがないかなと思ってます。
それにしても、洋館と兜、さすがに合ってないなぁ(笑)。

YOさん、こんばんは。
何処のメーカーさんもキットレンズって、大概プラス1万円で付いて来ますので、この値段だと文句も言えませんですね。
洋館と兜、ご愛嬌と笑って許してあげて下さい。(笑)

素晴らしい風景ですね・・参考になりました。

山田さん、こんばんは。
いえいえ、恐縮です。あるがままに撮影しているだけであります。

かなりすごいですね・・参考になりました。

山田ですさん、こんばんは。
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« GW最終日 | トップページ | ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番(2) »