« Kodak TRI-X 400 | トップページ | ニッコール 75周年 »

2008年6月25日 (水)

初夏の新宿御苑

28mm_01

昨日の東京地方はまさに梅雨の晴れ間。そんな中、新宿御苑を散歩して来ました。御苑は春の桜を見に行った時以来で、二ヶ月半ぶりの事。さすがに今の時期はこれといった花もなく、新緑の香りを嗅ぎながら歩くといった感じです。

28mm_03

持参したカメラはライカ M型の二台。M8と久しぶりに持ち出したM3で、レンズはM8には28mmズミクロン、M3には50mmズミクロンを装着。M3にはモノクロフィルムを詰めました。

28mm_04

新宿門から入って先ずは茶室横を通り抜けて日本庭園へと歩を進めてみた。

28mm_05

毎度見ている風景ですが、四季折々で違う様子を見せてくれるので、何回行っても飽きないですね。日頃あまり歩いていないので、休みの日は出来るだけ歩くようにしています。

28mm_02

さすがに昨日は歩いていると汗が出て来るくらいの陽気。訪れている人は結構木陰などでのんびりしていましたね。

28mm_06

外から旧御凉亭を撮影した事は何度もありますが、実は中に入ったのは昨日が初めてでした。たまには中からの風景を見てみようと入ってみました。

28mm_07

さすがに良く手入れをされた庭園です。当たり前ですが。

28mm_08

いつも通り、池の前から見た旧御凉亭。中国様式の建物はちょっと異質に感じなくもないですが。しかし都心の真ん中にこれだけ緑豊富なところは貴重です。さすがに真夏に此処を歩く気にはなれませんが、昨日は木陰に入ると気持ちが良いくらい涼しかったです。今度御苑を訪れるのは涼しくなる秋ですね。

DATA : LEICA M8 + Summicron-M 28mm/f2 ASPH., RAW, Adobe Lightroom

« Kodak TRI-X 400 | トップページ | ニッコール 75周年 »

コメント

新宿御苑は何度か行ってるのですが、茶室も中国様式の建物も初めて見ました。
うーん、これは撮ってみたい…。
梅雨の中休みのいい天気がそのまま写真の色に出ていますね。

yo-scherzoさん、こんばんは。
新宿御苑、暑くならないうちに是非訪れて下さい。昨日は空気も澄んで気持ちが良かったです。

去年のこの時期はドコモタワーばかり撮っていましたから御苑や周辺の写真をたくさん撮っています。写真もどこから撮られたのかほぼ見当がつきました。1枚目は印象に残る写真ですね。
御苑は17時閉門という時間制約があったのが苦しかったですね。夏の薄暗い光景をおさめるには早すぎる時間です。

cucchi3141さん、お早う御座います。
昨日私が3時半過ぎに門を出ようとしてたら、これから入って来る人たちに警備員が「4時半閉門です!」と声を掛けていました。幾ら何でも早過ぎですね。
今の時期、6時閉門でも充分ではないかと。

 おはようございます。
 今日の写真は、格別に色が鮮明ですね。空気が澄んでいたのでしょうか。

 写真は撮る人の心も撮るとも言うので、KONDOHさんの心が晴れ晴れとしておられたのでしょうか。

M型ライカを2台ですか、いいですね。M3にズミクロン50mmにモノクロフィルムの写真も楽しみにしています。M3いいなぁ〜。

>警備員が「4時半閉門です!」と・・・
4時半でしたか(^^;) 5時にせよ光がまだまだなときです。ここは国が管理していますよね。国立公園や国定公園と同じです。ここと皇居もそうだったような・・・ 井の頭公園や蘆花公園は東京都です。勤務時間を考えると・・・交代勤務でやれないわけがないのでしょうが。図書館などはそうしていますからね。利用者へのサービスをまず考えるかどうか。勤務条件優先ですと4時半という考えしか生まれてこないでしょうね。その時間に楽しむのは勤労者は難しいです。勤務後に立ち寄れる・・・そうした配慮もほしいです。年間パスポートも発行していません。

pyosidaさん、こんばんは。
昨日は梅雨時とは思えない好天でした。発色が良いのは光が良く回っていたのと、M8のオートホワイトバランスが日本製並みに使えるようになったからです。(笑)

Kazuさん、こんばんは。
私のM3は円高の時代、もう大分前に$900くらいで購入した後期の並品です。直後にオーバーホールしましたので、未だに機械的なものは快調です。

cucchi3141さん、こんばんは。
御苑に関しては親方日の丸的考えのまま現在に至っているのでしょう。冬場ならともかく、夏場はもう少し閉門を遅くして頂きたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Kodak TRI-X 400 | トップページ | ニッコール 75周年 »