« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

カヴァレリア・ルスティカーナ/間奏曲

Mascagni

カラヤン/オペラ管弦楽名曲集

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ユニバーサル ミュージック UCCG-5033

イタリアの作曲家、マスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」をご存知でしょうか? と言ってもこの曲、有名と言えば有名だし、マイナーと言えばマイナーとも言えるし、少々微妙な知名度の歌劇だと思います。クラシック音楽に興味のない方にとっては先ずご存じないかと思います。

ヴェリズモ(日本では「現実主義」と言われている)・オペラの代表作としてクラシックファン、オペラファンに親しまれているのですが、オペラのストーリーとしてはヴェリズモの名に相応しく、非常に毒々しいストーリーで最後は殺人まで起きる現実的なオペラです。同じくヴェリズモを代表するルッジェーロ・レオンカヴァルロの歌劇「道化師」と一緒に上演される事が多い。共に一時間少々の長さなので、アナログレコード時代は二曲をカップリングして三枚組でほとんど発売されていました。

舞台はシチリア島のある村。男女の三角関係による血なまぐさい話しで、主役の一人トゥリッドゥが最後には殺されて幕になるというオペラ。オペラ好きの私としても決して愛好しているオペラではないのですが、ストーリーの中程で演奏される「間奏曲」がとても美しい曲で、初めてこの曲を知ってからは、もう何度聴いている事か。

一幕もののオペラなので幕間はないのですが、最後の悲劇を暗示させるような弦楽器の出から始まり、ハープや物悲しい木管楽器による音楽はこの上なく美しい。もう、この間奏曲だけは何十回と聴いていますが、まったく飽きないですね。今日紹介している演奏はカラヤン指揮、ベルリン・フィルによる「オペラ管弦楽名曲集」というCDですが、この他、ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団(RCA)による演奏も大変素晴らしいです。

演奏時間、僅か三分半程の短い曲ですが、特にクラシック音楽に興味を持っていない方でも、音楽がお好きな方には是非お聴き頂きたい名曲です。ヴェルディの歌劇「椿姫」の第一幕への前奏曲も最後の悲劇を暗示させるような物寂しい響きの弦楽器で曲が始まりますが、この「カヴァレリア・ルスティカーナ/間奏曲」も前述したように同じように弦楽器から静かに曲が始まるとはいえ、こちらの方が数段美しいです。騙されたと思って一度お聴きになってみて下さい。

今日のCDは税込み 1,000円です!

2008年7月14日 (月)

ダーティハリー

Harry

昨晩、というか実際は今日(午前零時過ぎ)帰って来たのですが、仕事上お世話になった方と久しぶりに居酒屋に行きまして、私は例の如くウーロン茶で談話して来ました。(笑) 気の合う人と話すのは楽しくていいですね。

さて、珍しく二日続いて映画の話しです。昨日のラブ・ストーリーとは打って変わり、今日ははみ出し刑事(デカ)を主役とした、ご存知クリント・イーストウッドの「ダーティハリー」シリーズ。ブルーレイ・ディスクで全五作のBOXセットが発売されたので、早速購入しておいた。上の写真がそのBOXセットの中身。クリント・イーストウッドは大好きな俳優さんで、作品はかなり観ております。

俳優として知名度の低かったクリント・イーストウッドが大ブレイクしたのはイタリアで作られた西部劇に出演してからの事。日本では「マカロニウエスタン」としてブームになった事もあるくらいで、黒澤明監督の人気作「用心棒」を完全にパクった「荒野の用心棒」が大ヒットして一躍有名になったようである。更に「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」と立て続けに製作されていますね。

お陰で本国アメリカでもすっかり有名になったイーストウッドはドン・シーゲル監督と名コンビで映画を製作し続けた後、この「ダーティハリー」でイーストウッドと言えばダーティハリー、というくらい強烈なイメージを作りました。主人公ハリー・キャラハンはサンフランシスコ警察の刑事。この映画で彼が使う拳銃、マグナム弾を使用するスミス&ウェッソンがすっかり有名になり、その後に作られたアクション映画に大きな影響を与えたようですね。

イーストウッド作品は恥ずかしながらテレビ放送で観た作品が多く、実を言いますと劇場で観ているのはそれほど数多くありません。ご贔屓俳優になってからは市販ディスクで初めて観る、というものも多く、あまり自慢げに紹介文などは書けた義理ではありません。(笑)

近年は俳優としてより監督として有名ですね。日本語吹き替えのテレビ放送では必ずといってもよいほど山田康雄さんが担当していましたが、山田康雄さんほどイーストウッドのキャラクターにピッタリの声優さんは他にいませんね。もちろんオリジナルのイーストウッドの肉声で聞く方がいいですが、山田康雄さんの吹き替えで聞く映画もまったく違和感を感じません。

ダーティハリーの第一作で本編のストーリーとは関係ないエピソードに、ハリー・キャラハンのキャラクターを知らしめる有名なアクションシーンがある。町でホットドッグを頬張っていると銀行強盗に直面。犯人が乗る車がハリーに向かって突っ込んで来ると、愛用のマグナムで車の運転手を狙い撃ち。車は消火栓にぶつかって横転。犯人の一人に銃口を向け、あと弾は何発残っているか考えさせるシーンが笑えます。そばに落ちている拳銃に手を掛けようとするも、諦める犯人。ハリーが引き金を引くと弾は残っていなかった。悔し紛れに暴言を吐く犯人。このシーン、最高です。人を食ったようなキャラクターが見事に描かれていますが、実はこのやり取りがラストへの大事な伏線になっているのです。

またハリーが犯人に銃口を向けながら吐く言葉としてすっかり有名になったのが後の作品ですが、「Go ahead. Make my day.」でしょうね。なんたってカッコいいのです。(笑)

全五作、過去に繰り返し観ている作品ですが、画質向上品が出ると買いたくなってしまうのです。今回はハイビジョン仕様のブルーレイ・ディスク。音声も5.1chにリミックス仕直しておりますので(オリジナルはモノラル)、更に楽しむ事が出来る。映画ファンには嬉しい仕様です。第一作から順に楽しみたいと思います。

2008年7月13日 (日)

ノッティングヒルの恋人

Notting_1

ジュリア・ロバーツという女優さんをご存知でしょうか? 映画ファンなら先ず知らない方はいらっしゃらないと思いますが、私の好きな女優さんのひとりで、何本か映画を観ています。初めて彼女の映画を観たのはもう大分前、大ヒット作「プリティウーマン」でした。「エリン・ブロコビッチ」でアカデミー主演女優賞を受賞。笑顔の可愛い女優さんですね。今日は久しぶりに映画の紹介。この映画の主題歌も素敵ですよ。

「ノッティングヒルの恋人」は1999年製作で、ヒュー・グラントと共演したラブ・ストーリー。ロンドンの西の街、ノッティングヒルで旅行書専門の売れない本屋を営んでいる少々頼りない普通の男がヒュー・グラント演じるウィリアム。もう、ピッタリの役所ですね。その本屋にジュリア・ロバーツ演じるハリウッドの大女優アナ・スコットが訪れるところから物語は始まる。

Notting_2

まさか自分の店に大女優が来店するとは思っていなかったウィリアムは動揺しながらも一冊の本を販売する。信じられない思いのウィリアム。その後ウィリアムは街で買ったジュースのカップを持ちながら余所見をして歩いていると若い女性とぶつかり、持っていたジュースがその女性の体に掛かってしまう。大慌てで相手の女性に謝ると、なんとその女性がアナ・スコット。普通は考えられない出来事ですが、そこは映画です。こうしないとストーリーは進みません。(笑)

Notting_3

雑誌社の記者と偽ったウィリアムはホテルでアナ・スコットにインタビュー。そこで思いも掛けない事に彼女は自分の妹の誕生パーティに来てくれるとの事。そうして繰り返し会う度にお互いは少しずつ惹かれ合う。

Notting_4

大女優も悩みはあるもの。傷心のアナ・スコットはウィリアムの家で過ごすが、ウィリアムの同居人のポカからマスコミに知れる事になり、興奮したアナ・スコットは切れまくってウィリアムを責め、家を飛び出して行ってしまう。気の弱いウィリアムは意気消沈し、失恋の痛手を被りながらまた以前のように売れない本屋を営む普通の生活に戻る事になる。

Notting_5

ウィリアムの周りの友人の励ましをを受けながら時は流れて行くが、その友人の一人からアナ・スコットがまたロンドンへ映画のロケの為来ている事を教えられる。勇気を出してその撮影現場へ行ってみると、なんとアナ・スコットから話したい事があるから待ってて、という思いもかけない言葉。離れたところでヘッドホンを借りてアナと共演者の会話を聞いていると、共演者がアナに「さっき話してた男は誰なんだ?」との問い掛けに、プレイボーイとして名高い共演者に本音を悟られない為「過去の人よ。何しに来たのか分からないわ」と答える。しかしそのままの意味で解釈し、愕然とするウィリアム。またまた意気消沈してその場を立ち去ってしまう。

ところがところが、その後ウィリアムの店へ極普通の洋服を着たアナが訪れ、「帰っちゃったのね」と話し掛けて来る。なんと彼女はウィリアムに精一杯のプレゼントを持って自分の気持ちを打ち明けに来たのである。「私は今日帰国するけど、もし英国に残るなら・・・私と付き合ってくれるかしら? 出来れば本気で・・・」

Notting_6

と、演技ではなく、本心から訴え掛けるアナ。しかし気の弱いウィリアムは本気になっては何度も傷つけられ、すっかり後ろ向きになり、「ノー」と答えてしまう。無理して作り笑いをしながらアナは、「分かったわ。でも私もひとりの女よ。好きな人の前に立ち、愛してほしいと願ってるの・・・さよなら」と言いおき、後ろ髪惹かれる思いで店を立ち去るアナ。

しかし周りの友人たちの励ましと力を借り、アナの帰国前に開かれているホテルでの記者会見場にウィリアムは飛んで行く。会場に着いてみると記者インタビューの真っ最中。或る記者が「アナ、英国滞在はいつまで?」と質問するとアナは、「今夜、発ちます」と。上手く紛れ込んだウィリアムが手を挙げる。ウィリアムを見て動揺するアナ。

ウィリアム「噂になった英国人と友達以上になる可能性は?」
アナ「そうなる事を望みましたが・・・ムリです」
ウィリアム「でも、もし・・・」
アナ「でも、もし?」
ウィリアム「よく考えた末、その人物が・・・やっと気づいたら? 自分はトンマで大バカと。そしてひざまづいて・・・

Notting_7

・・・やり直しますか?」・・・しばしの沈黙の後・・・

Notting_8

アナは隣に居るマネージャーに耳打ちし、先ほどの記者に今一度同じ質問をするように促す。

マネージャー「ドミニク、さっきの質問をもう一度」
記者「アナ、英国滞在はいつまで?」

ウィリアムを見ながらアナは微笑んで・・・「永遠に・・・」

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »