« 川のある風景 | トップページ | 鉄道写真 »

2008年7月28日 (月)

銀塩の凋落

C80mm_4

カメラ機材、私は結構・・・というよりほとんど中古ばかり買っているのですが、最近中古ショップの棚を見ていて思うのは銀塩関係の需要が大分少なくなっているようで、新品価格から比較すると可哀想なくらい中古の市場は安くなっていますね。特に眼を覆うばかりなのは中判以上。

最近大判のリンホフテヒニカが7万5千円で並んでいるのを見た時には驚きました。幾ら使い込まれているとはいえ、あのリンホフが7万5千円ですよぉ〜。価格の事を云々するのは出来るだけ避けたいのですが、現行品のヨドバシ価格は100万円を超えているわけですからほとんど捨て値と言ってもよいのでは。中判では昔、憧れのカメラだったハッセルブラッドも手に入れやすくなりました。ライカもハッセルブラッドもユーロ高の影響で新品価格は鰻上りのように上がってしまいましたが、逆にハッセルの中古は下がる一方。

今から中判カメラをやってみようと思う人はそうそう居ないとは思いますが、もしそうなら銀塩中判は程度の良いものがホント安く手に入りますから狙い目かもしれません。そういえば先日、某ショップでそれなりの量の銀塩機材を売却している現場に当たり、店員さんが出した買い取り金額も耳に入って来たのですが、その金額は僅か5千円!でした。ちなみに一眼レフのボディが三台に、レンズが6、7本あったでしょうか。そのメーカーは光学部門から撤退して某有名メーカーに身売りしたところですが、売りに来たお客さんは思わず「え!? これだけ出して僅か5千円ですか?」と言ってましたが、そう言いたくもなりますよね。

デジタルが主流になってしまった現在、やむを得ないと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、これが現実なのですね。ニコン、キヤノン両社のフラッグシップ機でさえ信じられない中古価格ですからねぇ。私も愛用しているニコン F5の中古市場なんて現在は4万円台ですから。程度が良くて5万円台。あのスーパー名機が4、5万円ですから悲しくなりますね。F5よりFM-3Aの方が高いのだから嫌になります。(笑)

しかしデジタルも旧型になると一気に市場価格が下落しますので、銀塩以上に寿命が短いですね。二社でデジタルカメラの市場シェア75%と言われるニコン、キヤノン両社の製品ですら旧型は見るも無惨な価格ですから、この二社以外の旧型機はもっと悲惨です。

デジタルは新しいものを追っていると幾らお金が有っても足りません。それを考えると私の場合は大好きなライカとハッセルでスローな写真ライフを楽しむ事が一番だと感じます。今日の写真を撮ったハッセル、ボディとレンズとを合わせても $500しなかった(2年前の事)のですからハッセルは今お薦めです。

DATA : HASSELBLAD 500C + Planar C 80mm/f2.8, Kodak Tri-X 400

« 川のある風景 | トップページ | 鉄道写真 »

コメント

今日、写真展巡りのついでにカメラ屋を数件、寄りましたが関西ではそれほどではなかったような感じでした。というより関東より相対的に割高です(^^;)

世間は、デジタルで儲けたい人が多数派ですから仕方ないですよ。私は世間がなんと言おうとフィルムの絵でないと「撮った」という実感が得られないので、フィルムカメラをガンガン使います。今日もNIkon F2の初期モデルを購入しました^^ゞ
実売価格が下がるのは、悲しいですけど(F80Sが15,000円位…(;_;)フィルムも当面入手に困る事は無いですから、もっと使いましょう。

clobwtさん、お早う御座います。
関西ではそれほど安くなっていないのですかぁ。こちらの方は中判が安くなっています。特にマミヤ関係(6、7は除いて)は投げ売り状態ですね。ペンタも旧モデルは・・・。
逆に買いたい方にとっては狙い目だと思います。

スカルピアさん、お早う御座います。
デジタル使ってからフィルムに戻られた方もいらっしゃいますし、やはりフィルムはフィルムの良さが敢然とありますものね。Nikon F2の初期モデルを買われましたか。私も以前F2は二台持っていましたが、その後手放してしまいました。しかし最近また欲しくなっております。Ai レンズ使うには手巻きのカメラが相応しいですね。最近またフィルムの消費量が増えております、私。

つい最近RF用の中古レンズを買いました。こっちをじっと見ているのでつい(笑)。早速使いましたがグー!
勿論フィルムですよ。この楽しさ充実感、やはりいいですな~。

KONDOHさん、おはようございます。
複雑な心境ですね。
憧れのカメラが捨て値同然の姿を晒しているのは見たくは無いですが、現在、銀塩中判を物色している自分には絶好の環境ですからね。

まぁ、あまり考え過ぎずに憧れのカメラで写真を撮れる現状を満喫して楽しむのが精神衛生上、良いと考えることにします。

KONDOHさん、おはようございます。
最近、ライカのMボディに興味が湧きまして、いろいろと物色しております。それで軍資金を捻出するのに、カールツァイス・ZMのレンズを売りに出しました。ほとんど使用感のないものだったので、結構いい値段がつきました。中古店はいろいろと当たりましたが、流通量の多い新宿の店にしました。そこの店ではライカのMレンズの掘り出し物もお世話になっているので重宝します。さて、銀塩の方ですが、私の場合は35ミリなのですが、最近はM8とフィルムライカ(M6 TTLなど)を2台持って写真を撮りに行きます。M8は結果がすぐ見れていいのですが、フィルムの場合はカラーネガでスピード仕上げをしてもらって、スキャナにかけます。時間はかかりますが、フィルムの柔らかい感じがいいですね。最近はフィルムの消費量、私も増えております(笑)今はハッセルが狙い目とか、私は今ライカに夢中なので、それが一段落したら・・・なんて、カメラの趣味は底なしですね(笑)

KONDOHさん、こんにちは。
リンホフスーパーテヒニカの綺麗なのが一台欲しいです・・・。デジタルに全面移行した友人がリンホフだけは残すって言ってますが・・・。
ハッセルの程度の良い中古は少ないですね・・・新品がもう作っていないとかで早く程度の良いものを押さえておかないと・・・

ダンさん、こんばんは。
RF用のレンズを購入されたのですか。RFカメラもいいですよね。一眼レフばかり使ってからRFカメラを使うと何か気分的にも楽になります。どしどしフィルム使って下さい。

Kenclipさん、こんばんは。
おっしゃる通り、愛用していたカメラが捨て値同然で売られているといい気持ちはしないですよね。しかし逆にこれから銀塩を物色する人たちにとっては今が絶好の機会だと思います。まぁ、気にせず写真を撮りましょう。

Kazuさん、こんばんは。
ライカ M型を入手する為にZMレンズの整理ですか。私はM7が欲しいです。先日ライカ銀座店で弄ってたら、やたらと欲しくなりました。(笑) M型は4台も持っているというのに・・・。
フィルムの一番の良さはデジタルにない柔らかい描写だと思います。ライカでどんどん楽しんで下さいませ。

harasawaさん、こんばんは。
私もリンホフは持っていてもいいなぁ、と思うのですが、なんたってタチハラも使いこなしていないのに・・・と自分を諌めております。(笑)
ハッセル、おっしゃるように程度のいいものが少なくなっていますね。だんだん皆さん、手放さなくなっているのでしょうね。私はボディについては揃っているのですが、レンズで欲しいものがまだ・・・。

こんにちは。
AFフィルムカメラは二束三文ですね。
ハッセルのVシリーズにしても、プロの道具というより、アマチュアユーザで支えられている感じじゃないですか。プロは真っ先にデジタル化しちゃいましたからね。

銀塩カメラ欲しい人には、まだまだ値打ちが有ると思うのですけど、デジタルが出てPCにつなぐと簡単に見られるし。
撮るだけなら無料ですから普及しますよね。
昔、デジタルカメラが出たときにはオモチャだと思っていたのに、それを手にしてる自分がいます(笑
写真、日本は外国で流行ると真似をしたがりますが
これは、真似して欲しく無かったですね・・・・

ビワさん、こんばんは。
おっしゃる通り、AFフィルムカメラは二束三文ですね。10年前は誰がこんな事を予測したでしょうか。(笑)
ハッセルは今アマチュアに支えられていると思います。プロが仕事に使う事はほとんどなくなっているでしょうね。銀塩の終焉は残念ながら着々と進んでいるのだと思います。アナログレコードが一部のマニアに細々と楽しまれているのと同じで、フィルムもいずれは同じような事になると思います。

こんばんは。KONDOHさんのハッセルの写真が掲載されるたびに何ともいえない奥行き感に魅せられています。中判はローライフレックスF3.5しか持っていませんが、ずいぶん長いこと使っていませんでした。2年前にオーバーホールをして撮り始めようとしたのですが、出番がなかなかありません。ハッセル500CMあたりが欲しいのですが、実際に撮影に使うかどうか自信がなく、二の足を踏んでいるところです。

konekoさん、こんばんは。
デジタルに慣れちゃうと便利ですからなかなか銀塩には戻れないかもしれません。デジタルは初期投資(カメラ購入)が済めば後は自家プリントのコストぐらいですしね。
私は二股で楽しんでいますが、webにアップするにはやはりデジタルが楽です。(笑)

yymoonさん、こんばんは。
私は逆にローライの2.8Fか3.5Fが欲しいなぁ・・・なんて思っています。(笑)
オーバーホールが済んでいるなら是非お使いになって下さい。ハッセルはハッセルでまた楽しいと思います。

そういえば昨日は早く寝てしまって記事を読みませんでした(^^;)
リンホフは10万以下でありますね。ただし程度は並ですか。良品でも10万を少し超えるくらいで買えますからたしかにボロボロです。大判は本当に捨て値です。ジナーも安価ですし、ジャンクでTOYOなどは数千円であります(ジャンクでもちゃんと使えるものです)。
中判はマミヤが6か7以外はボロボロです。数年前にRZ67IIを15万くらいで買ったのが哀しくなります。
まあそれでRBやブロニカS2、マミヤ645などはシステムを組めたということもあるのですが。
デジではD200が売ってもアホらしい価格です。使い倒すしかないですね。
F5・・・話をしたくないです(-_-;)

クッチさん、お早う御座います。
販売価格は改めて申すまでもなく需要と供給のバランスで決まりますので、如何に銀塩中判以上の需要が少なくなっているかですね。二、三年前だったか中野辺りでプロの放出品と思われるRBやRZの使い込まれたものが捨て値で何台もズラッと並ぶ事がありましたが、ああいう頃に恐らくフィルムからデジタルに移行していたのだと思います。
大判の神様的存在のリンホフですら同様な扱いですから驚きます。デジタルが出現する前は機材を手放す時でもそこそこの金額で買い取ってくれましたので、買い替えが比較的楽でしたが、今は銀塩、デジタルを問わず下取り、或いは買い取りでは機材を捨てるような覚悟が必要です。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 川のある風景 | トップページ | 鉄道写真 »