« 銀塩の凋落 | トップページ | お茶の水 »

2008年7月29日 (火)

鉄道写真

Ai28mm_02

ホームでスナップしたものですが、さすがに暑い今年の夏、ホーム上で日傘をさしている方がいらっしゃいますね。午後の一番日差しの強い時間帯ですからねぇ。

鉄道写真という分野が有りますが、あれこれいろいろと撮っている私も、鉄道そのものを追いかけた写真というのは撮っていないですねぇ。鉄道に関する知識がほとんどないので、車輛の横に表示してあるカタカナの意味も知らないのです。鉄道ファン同士の会話をちょこっと横で聞いていた事があるのですが、チンプンカンプンでした。(笑)

Ai50mm_01

私が撮る鉄道写真といったらこの程度。(笑)
私は航空写真(主に旅客機)が好きでよく撮影しますし、ホームページでもかなりの数の写真を披露していますが、興味のない方からみれば皆同じ飛行機にしか見えないのでしょうね。事実同型機の塗装違いばかりですし。ですから私が鉄道関係の雑誌を書店でパラパラとめくって立ち読みしてもよく分からないのと一緒。

神奈川県の横須賀線逗子駅付近で時々踏み切りや線路際でカメラを構えている人たちを見掛ける事があるのですが、多分臨時列車か何かを撮影に来ているのでしょうね。いろいろな情報に詳しいなぁ・・・といつも感心しています。

それでも風景を絡めた鉄道写真は好きですね。雑誌のフォトコンなどでもよく見ますが、あぁいう写真なら自分も撮ってみたいなとは思います。このブログをお読み頂いている方の中に鉄道ファンの方っていらっしゃるのでしょうかねぇ・・・?

DATA : NIKON F5 + Ai Nikkor 28mm/f2.8S, 50mm/f1.2S, Kodak EBX

« 銀塩の凋落 | トップページ | お茶の水 »

コメント

はぁ〜い!
私、その一人です。

でも、EOS手放しライカを主に使うようになってからは、鉄道は人が乗るためにあるものと思って撮っています(頻度は減りましたが)。
キレイな走行写真はレイルマガジンで他人様の写真をみて楽しんでいます。

fields24さん、こんばんは。
おお〜・・・、fields24さんは鉄道ファンでしたか。そういえばブログにホームでの写真などもありましたですね。
ライカですと今後は鉄道スナップ中心というところでしょうか。

私は違います(^^;)
しかし最近は撮る方の気持ちが判るようになってきました。
鉄道は駅舎やホーム、それと線路や鉄橋、トンネルなど絵にすると面白いテーマだと思います。
ときどき私も撮っているんですがお気づきですか? 四谷駅とか新宿の新南口を撮った際に入れています。他では撮ったことがないと思います(-_-;)

クッチさん、こんばんは。
私とクッチさんの鉄道写真は多分・・・大同小異だと思います。(失礼)
でもただ単に電車、列車を撮るだけでなく、おっしゃるようなモノを入れて撮ると面白いでしょうね。これからは意識してやってみましょうか。しかし私の性格は凝り性ですから、一気に「鉄ちゃん」に変貌していたりして。
ちなみに子供の頃のニックネームは名前から「鉄ちゃん」と呼ばれていました。(笑)

 恥ずかしながら、「隠れ鉄ちゃん」です。
 遺伝子だけは、持っているようです。
 鳥と同じで、EF100-400mmf5.6ISLに目が行ってしまいます・・・。

pyosidaさん、こんにちは。
いえいえ、隠れる必要はないですよ。そうでしたか、鉄ちゃんでしたか。EF100-400mmはキヤノン飛行機ファンの標準レンズにもなっているようです。

逗子駅にいる方々は、金沢八景の東急車輌から出てきた新造車両を撮影しているのが大半でしょう、お召し列車の時はもう道が通行止めになるほど混雑していました。
自分の仕事場から新造車両が一時的に止まっている留置線が見えるのですが、新造車両は興味がありませんのでトイレの窓から眺めるだけにしています。

roxanne6さん、こんばんは。
八景の東急車輌から来る新造車両の撮影ですか。逗子駅から久里浜方面へ少し行ったところに踏切のない線路がありますが、私は使っていない線路かと思っていたら、同僚から夜に東急車輌からの電車が来る時だけ使っていると聞きました。
鉄道関係はまったく知識がないものですから・・・。お教え下さいまして有り難う御座います。

こんにちは。
僕は静止している被写体ばかり撮っているので、動くものは苦手です。
航空機にしても鉄道にしてもジャンルが確立されていますね。でも車となると、市販車を好んで撮っている人ってあまりいないような。車となるとレースになっちゃいますね。そういえば、航空機でもエアレースとかってありますよね。

鉄道写真が好きな方は結構いらっしゃると思います。
私は電車自体を見てもあまり撮る気にはならないのですが電車プラスα(例えば花とか風景とか)は少し撮ったことがあります。
それより先日関空へ行った時に飛行機を見て少々興奮してしまいました(笑)
機体に書かれた文字とかカッコイイですもんね♪

こちらではご無沙汰しております。というか出不精であまり書き込んでもおりませんが、、、(笑)
今は花ばかり撮ってますが、学生時代までは北海道から九州までSL追っかけておりました。つまりSLがあちこちで走っていたという時代ですね。昭和40年代後半、全国で無煙化が粛々と進んでいた頃です。SL以外では都電とか東北本線でEF57が牽引する急行「八甲田」とか「津軽2号」とかも撮ってましたよ。う~む、私の青春の一部かぁ、、、

一枚目の写真良いですね♪
先日、江ノ電に乗ったときに初めて電車を撮りましたがホームの風景を撮ったことが無いんですよね
もっとも江ノ電の場合はそこら中にカメラを持った人が撮影していますので、気にせずに撮れたりします(笑
鉄道写真には、撮り方にかなり拘りが有るようですが、私もちんぷんかんぷんです(笑
まぁ、私の場合は雑食ですから・・・

ビワさん、こんばんは。
確かに航空機や鉄道は写真のジャンルとして確立されていますが、一般的な市販車の写真ジャンルってないですね。自動車雑誌に掲載されていても、それはあくまで車の紹介の為の写真ですからね。車はレースが有ってこその被写体という事になるのですね。

なっちゃん、こんばんは。
私もおっしゃるように周りの環境を入れての写真なら撮りたいと思います
関空は国際空港ですから各国の飛行機で華やかですよね。私も何度か撮影の為に関空には行っております。8月のお盆の時期に行った時は暑かったぁ・・・。(笑)

tamuraさん、こんばんは。
ええ〜・・・! tamuraさんが鉄ちゃんだったとは初耳です!
> 東北本線でEF57が
こういうふうに書かれると鉄道音痴の私としては分からなくなるのです。(笑)
でも「八甲田」とかは写真で見た事ありますよ。そうそう、京都からの帰り、私は新型N700系の指定を予約していたので、京都駅へ入って来る時に写真を撮りました。でも、鉄の方たちには新幹線ってあまり興味がないのかもしれませんね。

konekoさん、こんばんは。
江の電、情緒が有っていいですよね。私も何度か乗っていますが、鎌倉の海沿いを走ると気持ちがいいです。一日乗車券を買って乗車した事もあります。(笑)
鉄道写真もなかなか奥が深いようですね。私には真似事も出来そうもありません。

はははっ、、、まだ「鉄ちゃん」なんて言う言葉もない時代のことです。EF57、知る人ぞ知る電気機関車です。全部で15両作られました。当初は東海道本線で特急「つばめ」「はと」などの牽引用に作られた名機関車です。因みにこの時代EFの「E」はエレクトロニックの頭文字、「F」は動輪の数6輪を意味し、また「57」=50番台は旅客用の機関車であることを示していました。

tamuraさん、有り難う御座います。
EF57の意味が分かりました。なるほど、「F」が動輪の数を表しているところなど、某メーカーのレンズ構成枚数を示すアルファベットと一緒ですね。
電気機関車ですかぁ・・・。新幹線が登場する前は「つばめ」とか「こだま」とか、洒落た名前が付いていたのですね・・・。

 鳥撮り同様、「隠れ」です。
 随分前ですが、Nゲージ・HOゲージを集めておりました。Nゲージは多分子どもに壊され、甥っ子や知り合いにあげてしまいました。
 HOゲージは天賞堂のチョコレート色のEF58、加藤のDD51、メーカーは忘れましたがEF51か52の客車セット、コントローラー、線路などはオークションで処分。
 これが写真の軍資金となりました。
 残っているのは、確かC51。妻のお父さんが勤めていた汽車会社製のものです。会社のプレートなども残っております。

pyosidaさん、お早う御座います。
鉄道模型ですね。かなり精巧に出来ているのに驚きます。
EF58、51、tamuraさんのお陰で分かるようになりました。
しかし奥様のお父上が汽車会社勤務ですかぁ。鉄道ファンのpyosidaさんには最高のご伴侶ですね。

追伸
pyosidaさんのカキコに出てきたDD51。最初のDはディーゼル、2番目のDはやはり動輪の数です。
なお、SLの場合はちょっと異なっていまして、最初のアルファベット、'C'とか'D'が動輪の数、次の2桁数字は50番台以降は石炭と水を積載する部分が機関車本体と分離しているテンダー型、10番台は一体型(タンク型)という意味です。したがって、例えばD51は動輪4輪のテンダー型、C57は動輪3輪のテンダー型となります。動輪が多いほど牽引力も増しますので、D型は主に貨物列車、C型は主に客車列車用として使われていました。

tamuraさん、こんばんは。
D51は有名なので写真も何度か見ています。
やはり鉄道は奥が深いですね。慣れの問題なのでしょうけど、覚えたつもりがしばらくするとまた忘れてしまうかもしれません。で、今一度読み返すようになると思います。(笑)
有り難う御座います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀塩の凋落 | トップページ | お茶の水 »