« ユリ | トップページ | ダーティハリー »

2008年7月13日 (日)

ノッティングヒルの恋人

Notting_1

ジュリア・ロバーツという女優さんをご存知でしょうか? 映画ファンなら先ず知らない方はいらっしゃらないと思いますが、私の好きな女優さんのひとりで、何本か映画を観ています。初めて彼女の映画を観たのはもう大分前、大ヒット作「プリティウーマン」でした。「エリン・ブロコビッチ」でアカデミー主演女優賞を受賞。笑顔の可愛い女優さんですね。今日は久しぶりに映画の紹介。この映画の主題歌も素敵ですよ。

「ノッティングヒルの恋人」は1999年製作で、ヒュー・グラントと共演したラブ・ストーリー。ロンドンの西の街、ノッティングヒルで旅行書専門の売れない本屋を営んでいる少々頼りない普通の男がヒュー・グラント演じるウィリアム。もう、ピッタリの役所ですね。その本屋にジュリア・ロバーツ演じるハリウッドの大女優アナ・スコットが訪れるところから物語は始まる。

Notting_2

まさか自分の店に大女優が来店するとは思っていなかったウィリアムは動揺しながらも一冊の本を販売する。信じられない思いのウィリアム。その後ウィリアムは街で買ったジュースのカップを持ちながら余所見をして歩いていると若い女性とぶつかり、持っていたジュースがその女性の体に掛かってしまう。大慌てで相手の女性に謝ると、なんとその女性がアナ・スコット。普通は考えられない出来事ですが、そこは映画です。こうしないとストーリーは進みません。(笑)

Notting_3

雑誌社の記者と偽ったウィリアムはホテルでアナ・スコットにインタビュー。そこで思いも掛けない事に彼女は自分の妹の誕生パーティに来てくれるとの事。そうして繰り返し会う度にお互いは少しずつ惹かれ合う。

Notting_4

大女優も悩みはあるもの。傷心のアナ・スコットはウィリアムの家で過ごすが、ウィリアムの同居人のポカからマスコミに知れる事になり、興奮したアナ・スコットは切れまくってウィリアムを責め、家を飛び出して行ってしまう。気の弱いウィリアムは意気消沈し、失恋の痛手を被りながらまた以前のように売れない本屋を営む普通の生活に戻る事になる。

Notting_5

ウィリアムの周りの友人の励ましをを受けながら時は流れて行くが、その友人の一人からアナ・スコットがまたロンドンへ映画のロケの為来ている事を教えられる。勇気を出してその撮影現場へ行ってみると、なんとアナ・スコットから話したい事があるから待ってて、という思いもかけない言葉。離れたところでヘッドホンを借りてアナと共演者の会話を聞いていると、共演者がアナに「さっき話してた男は誰なんだ?」との問い掛けに、プレイボーイとして名高い共演者に本音を悟られない為「過去の人よ。何しに来たのか分からないわ」と答える。しかしそのままの意味で解釈し、愕然とするウィリアム。またまた意気消沈してその場を立ち去ってしまう。

ところがところが、その後ウィリアムの店へ極普通の洋服を着たアナが訪れ、「帰っちゃったのね」と話し掛けて来る。なんと彼女はウィリアムに精一杯のプレゼントを持って自分の気持ちを打ち明けに来たのである。「私は今日帰国するけど、もし英国に残るなら・・・私と付き合ってくれるかしら? 出来れば本気で・・・」

Notting_6

と、演技ではなく、本心から訴え掛けるアナ。しかし気の弱いウィリアムは本気になっては何度も傷つけられ、すっかり後ろ向きになり、「ノー」と答えてしまう。無理して作り笑いをしながらアナは、「分かったわ。でも私もひとりの女よ。好きな人の前に立ち、愛してほしいと願ってるの・・・さよなら」と言いおき、後ろ髪惹かれる思いで店を立ち去るアナ。

しかし周りの友人たちの励ましと力を借り、アナの帰国前に開かれているホテルでの記者会見場にウィリアムは飛んで行く。会場に着いてみると記者インタビューの真っ最中。或る記者が「アナ、英国滞在はいつまで?」と質問するとアナは、「今夜、発ちます」と。上手く紛れ込んだウィリアムが手を挙げる。ウィリアムを見て動揺するアナ。

ウィリアム「噂になった英国人と友達以上になる可能性は?」
アナ「そうなる事を望みましたが・・・ムリです」
ウィリアム「でも、もし・・・」
アナ「でも、もし?」
ウィリアム「よく考えた末、その人物が・・・やっと気づいたら? 自分はトンマで大バカと。そしてひざまづいて・・・

Notting_7

・・・やり直しますか?」・・・しばしの沈黙の後・・・

Notting_8

アナは隣に居るマネージャーに耳打ちし、先ほどの記者に今一度同じ質問をするように促す。

マネージャー「ドミニク、さっきの質問をもう一度」
記者「アナ、英国滞在はいつまで?」

ウィリアムを見ながらアナは微笑んで・・・「永遠に・・・」

« ユリ | トップページ | ダーティハリー »

コメント

ロイ・オービソンの「オー・プリティ・ウーマン」ですね。あの人の才能は凄いです。でもジュリア・ロバーツです。綺麗だから(^^;)
映画は最近もまるで観ていません。そういえばダイアン・アーバスを主人公にした『毛皮のエロス』も観ませんでした。DVDになっているみたいですね。レンタルしてきますか。お~っとそんなお金があるのならコメが・・・(。☆\(▼▼;) といいながら昨日入手したのはOM-4でした。チタンではないです(^^;) 

クッチさん、こんばんは。
私の映画の見方って、俳優さん、女優さん、監督で観る、観ないを決める事が多いので、案外観方は狭いのです。「ノッティングヒルの恋人」・・・ジュリア・ロバーツかぁ・・・なら観てみよう、と。(笑)
入手したカメラはOM-4でしたか。私は嘗てOM-4Ti黒を2台使っていました。

おはようございます。
プリティ・ウーマンの音楽好きなんです!
何だか軽快で良いですよね
この映画も楽しそうな展開ですね。
雨が降った休日にでも見てみます。

konekoさん、お早う御座います。
プリティ・ウーマンの主題歌はヒットしましたですね。当時あちらこちらで流れていました。
ノッティングヒルの主題歌はプリティとは違って、しっとりとしたメロディでなかなか良いですよ。

KONDOHさん、おはようございます。
この映画、字幕無しで観れます^^;
サントラCDもしつこく聴き込みましたね〜
主題歌は、映画本編はシャルル・アズナブール、サントラはエルビス・コステロですが、どちらも好きでこの歌が聴きたいがためにこの映画を見る事も有ります。

KONDOUHさん (*^ー゜)ノ コンニチハ☆

わぁ~~私も、ジュリアロバーツ 大好きです!
さわやかな美しさですよね。。。
~(人´∀`).☆.。.:*・

この映画も のせられる。。。とわかりつつも
どっぷりつかって。。。(^▽^えへへ
楽しめますよね~~♪

スカルピアさん、こんにちは。
おお、スカルピアさんがこの映画をお好きだったとは嬉しいですね。主題歌、いいですよねぇ〜・・・。映画とサントラ盤で歌手が違うとは知りませんでした。何度聴いていもこの主題歌は飽きません。大好きです。

マリアさん、こんにちは。
マリアさんもご覧になっておりましたか。プリティ・ウーマンはシンデレラガールのお話しですけど、ノッティングヒルは逆のお話しですね。なかなか楽しめる映画だと思います。

 私はほとんど映画を見ないのですが、妻はこの映画、見ておりました。
 「あぁ、あぁ、知ってる。見た。」
 映画館にも、1日の日やレディースディなど安くみれる日に、よく行っております。

 この映画、かなり前なのですが、レンタルではいつもレンタル中になっているそうです。
 何回見ても、いい感じだそうですよ。

 今日の映画、「時空を超えた戦い」見ますか。
 と妻が言っております。
 余り面白くなかったとの評判だそうですが・・・。

pyosidaさん、こんばんは。
「ノッティングヒルの恋人」はラブストーリーですが、男が観ても楽しめる映画です。ジュリア・ロバーツも普段は女優として振る舞っているものの、告白する時は普通の女の子になるのが可愛いです。是非一度ご覧になって下さい。
今日放送の映画はDVDで観ていますが、それほどではなかったです。

こんばんは。
ジュリア・ロバーツは私が大好きな女優さんです。
笑顔がすごくキュートですよね。
もちろん「ノッティングヒルの恋人」も見ましたよ。
それに「プリティ・ウーマン」も「エリン・ブロコビッチ」も♪
最近はDVDも映画もほとんど観てませんが、また時間があれば観たいと思っています。
いい映画があれば教えてくださいね☆ъ(*゚ー^)

こんばんは。ジュリアファンです。この映画は何度観ても楽しく、映画の中でのジュリアが普通の女の子の一面を出す所など、とてもかわいらしくて、大好きな映画です。ヒュー・グラントも好きな男優で代表作はほとんど見ているのではないかと思います。

なっちゃん、こんばんは。
ジュリア・ロバーツがお好きでしたか。彼女のファンは多いですね。おっしゃるようにホント笑顔がキュートです。
「エリン・ブロコビッチ」は無責任な企業を相手とした正統的映画でした。実話を元にした話しだそうで。
映画も繰り返し見るような好きな作品を、いつも通り勝手気ままに感想を書いているだけであります。「観たけど極めてつまらない映画だったじゃないか!」というクレームも歓迎致します。(笑)

yymoonさん、こんばんは。
おお、ジュリアファンでしたか。自分から告白するシーンはおっしゃるように普通の女の子になっているのですよね。この映画は繰り返し観ても面白いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ユリ | トップページ | ダーティハリー »