« ねずみ | トップページ | 銀塩の凋落 »

2008年7月27日 (日)

川のある風景

28mm_06

実はこの川沿いで私は子供の頃育ったのです。もちろん当時は右に見えるマンションなどはなく、普通の住宅があっただけ。たまに遊んでいた子がこの川に落ちちゃって、近所の大人が大慌てで飛び込んで助けた、なんて事もあったのです。

わたしにとってこの川の一番の思い出は台風が来た後、川が増水すると何処から流れて来るのか分かりませんが、金魚、フナ、メダカ、ザリガニ、亀などが現れるのです。そうすると近所の仲のいい子供たちと一緒にそういう魚を網で掬うのが楽しみだったわけです。セミやトンボを捕る捕虫網を使うのですが、捕虫網の柄では短いので、物干竿のような長い棒に捕虫網を縛り付けて金魚、メダカをせっせと掬っていた。子供たちだけでなく、大人も結構やっていました。

台風が接近すると両親たちは家の周りなどを心配しているのに、私はというと台風が去った後の魚掬いが楽しみだったわけである。(笑)

しかし今思うと何故台風の後に金魚その他が流れて来るのか? もしかしたら当時の上流には金魚等の養魚場があったのかもしれない。それが激しい雨で流されて来たのかも・・・。しかし子供の頃は真夏と言えどもこの川で金魚掬いをし、近くの山に行ってはトンボ、セミなどを追いかけながら汗を掻き掻き飛んで遊び回っていたというのに、今の私はエアコンの効いた涼しい部屋でナマケモノよろしく動かないのはどういう事だ。(笑)

DATA : NIKON F5 + Ai Nikkor 50mm/f1.2s, Kodak BW400CN

« ねずみ | トップページ | 銀塩の凋落 »

コメント

何という川なのかは知りませんが、水のそばは楽しいようでいて怖い面もありますね。岸辺のアルバム・・・多摩川の水害直後の河川敷を実際に見て覚えています。
いまの住まいは善福寺川に近いのですが。この川も怖い川で短時間に増水します。数年前に床上浸水した家屋が周囲に多くあります。
それでも子どもは災害よりも自分の楽しみですね(^^;) しかし金魚とは・・・(^^)
物干し竿に網ですが、実際に高いところのセミはこうやって採集していました。懐かしい想い出です。
BW400CNは使われてみていかがですか? 自家処理しますし価格が高いので使ったことはありませんが。

私の実家も神田川沿いでした。床上浸水も数回経験しております。
でも、子供としては呑気に漂流してくるものを眺めるのが楽しいんですよね。臭いのは勘弁ですが・・・

クッチさん、お早う御座います。
この川も増水すると水が道路にまで流れ込んで来るようになった為、、道路と川との境にコンクリートの壁が設けられました。壁がない時は良く子供が川に落ちました。私も危うく落ちそうになった事があります。(笑)
BW400CN、手軽にモノクロを楽しむ時は良いフィルムだと思います。町の30〜60分仕上げのミニラボで仕上がりますし。先入観かもしれませんが、Photoshopでカラーをモノクロ変換したような感じを受けるような気もしますが。

fields24さん、お早う御座います。
神田川も増水したTVニュースを以前見た事があります。子供時代は災害を被った事など考えず、自分が如何に楽しむかという事しか考えていませんでしたからねぇ・・・。

こんにちは、KONDOHさん。
確かに小学生までの私にとっても台風はイベントでした。
小学生の時、横須賀市に住んでいたので海が近く、台風前の荒れた海を見に行くときの期待感と高揚感。今考えると不謹慎なんだけれど、いったい何だったんでしょうね。

Kencllipさん、こんばんは。
子供心は皆同じようですね。台風被害の事なんか分かっていなかったのだと思います。単純に自分が如何に遊ぶかだけを考えていたのでしょう。今思えば不謹慎でしたが。

こんばんは♪
捕虫網で魚を取っていたのですね。
私の場合は、逆で魚を捕る網で虫を捕まえていました(笑
時には壁に止まったずすめもとりましたよ。
香川ですから海と山が近いので魚を捕る網だったのかな?
そうそう、台風の時には灯台に遊びに行って、波を避けながら電柱を渡り歩きしたことも←真似しないで
この川に落ちると助けるのが大変そうですね。

konekoさん、こんばんは。
こちらは捕虫網で魚を。konekoさんは魚を捕る網で虫ですか。しかしすずめまでとは敵いません。さらに台風が来ている時に灯台へ行って遊ぶとは凄い勇気ですぅ。(笑)
この川で落ちるとそれこそ大変。飛び込んだ大人にロープを投げたりして助けてました。当時は今のような増水除けの壁がなかったので、道路から水面まで2メートル前後だったと思います。いずれにしても汚い川には落ちたくないです。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ねずみ | トップページ | 銀塩の凋落 »