« 鉄道写真 | トップページ | カヴァレリア・ルスティカーナ/間奏曲 »

2008年7月30日 (水)

お茶の水

Ochanomizu_01

お茶の水といえば「鉄腕アトム」でアトムを作ったお茶の水博士の事ですね。(*_*)☆\(-_-;)
嘗てはお茶の水から神田神保町へ掛けては学生の街と言われていましたが、今はどうなのでしょうかねぇ? 最近の学生は本を読まないと云われて久しいですが、今時神田の古本屋街なんて歩きませんかね。

Ochanomizu_02

昨日は久しぶりにお茶の水駅で下車しました。しかし駅周辺はあまり変化がないような気がしたのですが、どうなのでしょうか?

Ochanomizu_03

神田神保町へ行く時には大体お茶の水駅で下りるか、水道橋駅で下りるかのどちらかですが、私はお茶の水駅で下りる事がほとんどでした。

Ochanomizu_04

「川のある風景」で紹介しました川も、私が子供の頃はこういった引き舟を良く見る事が出来ました。大体川底のヘドロを掬って後ろに繋がれているような船に載せていましたが、この写真の船は普段何を積んでいるのでしょうか?

Ochanomizu_05

この「ディスク ユニオン」には昔良く来ましたので懐かしくなってシャッターを押してみました。今はハードロック、ヘヴィメタルのショップのようですが、以前はクラシック音楽を扱っていまして、その後モダンジャズのショップに代わっていたのですが。ディスク ユニオンは各ジャンルで店分けをしていますので、明大方向へ歩いて行くとまだお店がありますから、クラシックやジャズはそちらに移っているのでしょう。

久しぶりのお茶の水、なんか懐かしく感じましたねぇ・・・。しかし昨日も暑かった。こればっか。(笑)

DATA : Canon EOS 40D + Distagon T* 28mm/f2.8, Canon DPP

« 鉄道写真 | トップページ | カヴァレリア・ルスティカーナ/間奏曲 »

コメント

 Distagon28mmf2.8ですか。4枚目の写真を見ると、購入すべきだったかも知れないと思いました。

 Distagon18mmf4と25mmf2.8を購入予定でしたが、突然、違う風が吹いて、KONDOHさんが解説してくれやはり単焦点と思ったはずのEF17-40mmf4Lを入手してしまいました。新品ではなく中古。

 深みというか渋い発色のDistagonは魅力的ですね。

KONDOHさん、私はお茶の水とは付き合いが長いです。学生時代のアルバイト先やその後の就職した会社が本郷でしたから、いつもこの駅から歩いて本郷方面へ向かいました。
駅近くのディスク・ユニオンでもよく買いました。クラシックがあったのは覚えていませんね。JAZZはありました。坂を下って明大の前あたり左側にも店舗がありました。こちらのほうが古いはずです。隣だったか茗溪堂書店は1階をテナントに貸して上のほうだけになったみたいですね。新刊書店ですが山とコミックでは有名な店です。
D28は換算45mmになるのでしょうか? 使いやすいかもしれないですね。4枚目の樹木の描写はよいですね。40Dかぁ・・・有ってもよいかなぁ(^^;)

 記事とは関係なくて恐縮ですが、40Dの野外でのライブビュー、ありがとうございました。
 

pyosidaさん、Distagon 28mmにはご存知のように一段明るい f2 も優秀で人気のあるレンズですが、高くて今のところ手が出ません。f2.8 も良いレンズだと思います。
おお、17-40mm を買われたのですか。しかしキヤノン EFレンズ、外装をもう少し何とかなりませんかねぇ。意を決して 50mm/f1.2L をと思って量販店に行ったら丁度デモ品が店頭に置いてあったのです。しかし L レンズと言えども鏡胴はプラスティックなものですからテカテカに光っていて、一気に購買意欲が削がれてしまいました。(;_;)

クッチさん、お早う御座います。
ディスク・ユニオンはお茶の水では老舗といっても良いでしょうね。以前は良く通いました。明大前のオーディオ店でも一度だけアキュフェーズのアンプを買いました。最近はお茶の水、神田神保町もすっかりご無沙汰です。
D28mmはおっしゃる通り45mm相当の画角になり、標準レンズを使うような感じになります。お二人とも4枚目が気に入って頂いたようで。私も樹木の描写がいいな、と思いました。

pyosidaさん、ライブビューは明るい日中でのピント合わせはなかなか・・・でした。

先日のサミットの時通りました。湯島に用があったためですが、警官がわんさかいましたね。私は都営新宿線神保町駅を利用します。南洋堂へ直行。
ディスタゴンで撮ると神田川も川らしくなりますね。この発色大好きです。

ダンさん、お早う御座います。
サミットの時は大変でしたね。何処の駅も警官が居ましたし。街中も二人組で警戒しておりました。
そういえば地下鉄を利用して神保町へ行った事はなかったです。
古い設計のヤシコンですが、デジタルでもなかなかではないかと感じております。

タグボートに引かれていく作業船(?)、いいですねぇ。

yo-scherzoさん、こんばんは。
ちょっと懐かしい思いで撮影したものです。まさか此処で見るとは思いませんでした。

LeicaRレンズと比べると、CanonLレンズも影が霞んでしまいます。
 CanonのボディにLeicaRレンズ、Leicanonはなかなかです。DMRは別にして、よくマッチしていると感じてしまいます。

 PentaxのM42のレンズや、NikkorのMFも合いますねー。

pyosidaさん、こんばんは。
5DにRですとフルサイズで楽しめますね。本家ライカはフルサイズがありませんので、楽しめると思います。
Leicanon・・・上手い造語ですね。(^^)

こんにちは。
最近の学生は本を読まない、僕が学生の頃にも言われていました。ひょっとして、ずっと昔から?
EF135mmF2の外装は表面が加工してあり、気に入っています。外装が金属だと触った感触はいいですが、重くなるのが嫌です。マグネシウム合金なら軽いですが、表面がツルツルだと、プラスティックと変わらないですね。

お茶の水駅の横って涼しそうな所ですね
初めて見ました!
学生時代ですがご存じの通り香川から出てきたものですから行き先は新宿・渋谷・銀座・・・・
田舎ものですね・・・・
もっとも今も田舎ものです(笑
所でセミの羽化3時間半ずっと横にいたのですか?
凄い粘りですね、もっとも私もやってしまいそうなのが怖いですが(笑

ビワさん、こんばんは。
最近の学生は本を読まない・・・多分・・・もう何十年も前から言われているのではないかと思います。最近の若いヤツは・・・というのと一緒で。(笑)
ニッコールの24-70/f2.8は多分マグネシウムだと思うのですが、上手い塗装をしてありますし、そこそこ高級感も醸し出しています。プラはテカテカ光り出して如何にも安物・・・と感じるようになるのが私には・・・。せいぜい数万円のものだったら許せるのですが、L レンズは皆それなりの価格ですからねぇ・・・。仕事用の実用品として捉えれば良いのかもしれませんが・・・。

konekoさん、こんばんは。
嘗ては学生街とも言われていたところなんですが、今はそういう趣はないみたいです。新宿・渋谷・銀座、私も似たようなもので、所謂お上りさんです。(笑)

> 所でセミの羽化3時間半ずっと横にいたのですか?
・・・はい、ほとんど。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄道写真 | トップページ | カヴァレリア・ルスティカーナ/間奏曲 »