« 都市の景観 | トップページ | 写真家たちの日本紀行 »

2008年8月 3日 (日)

「負けないで!」

80mm_3

中判カメラでストリートスナップも結構やるのですが、こう暑いとそうそうは持ち出せません。ただ私の持っているハッセルブラッドだと中判にしてはコンパクトなのと、重さもそれほどはないので一般に思われるほど苦痛ではないです。ニコン、キヤノン両社の35ミリフラッグシップと、重さに関してはそう大きな違いはありませんし。

以前、マミヤ RB67を持っていた時にこれでストリートスナップを二回試みましたが、さすがに大きく重いので断念しました。しかし一昨年だったか、夏場の暑い時に東京・六本木でRB67を肩からぶら下げている女性を見た事があるのです。いや〜、感動しました。(笑)

中判を使っていていつも思うのがファインダーが大きくて見やすいという事ですね。しばらく中判を集中して使った後に35ミリカメラを使うと、う〜ん・・・小さい、と思っちゃうのですね。ですが今度35ミリを使い続けると違和感を感じなくなります。人間、なんでも慣れが如何に大切かが分かります。

まぁ、そんな事より皆様、暑さに「負けないで!」(笑)

DATA : HASSELBLAD 503CX + Planar C 80mm/f2.8, Kodak T-MAX 400

« 都市の景観 | トップページ | 写真家たちの日本紀行 »

コメント

私はRB67を襷掛けにして自転車を漕いでいます(^^) 本当ならバッグに入れるべきでしょうが、何しろ頑丈ですし壊れてもボディだけならSDで7千円くらいです。PROやPRO Sなら完動でも3千円ほどですね。ですからガンガン使えます(^^) そういえば今日はKowa Sixを襷掛けにして蘆花公園~下高井戸を彷徨いていました。
一昨日初めてG2で撮ったのですがよくできているなあと思いました。ただしRFでは前後のボケが確認できませんからスナップどまりですね。作品として撮る場合は前後ボケがある程度判るTLRやSLRでないと無理です。かつ大きいファインダーでないと厳しいから中判です。絞ってスナッパーで撮るスタイルなら問題ないのでしょうけどね。

クッチさん、こんばんは。
体力と行動力に敬服致します。レンジファインダーのメリットはコンパクト、比較的軽い、この二点を生かすのはやはりスナップだと思います。
スナップでも割合じっくり撮る時は中判がいいです、私の場合。しかしRBは・・・、もういいです。(笑)

私はハッセルより軽いローライTLRやマミヤのレンジでも重くて悲鳴を上げています。
そのくせ、初級デジ一など軽すぎて手になじまないとも思っています。
人の手の感覚って、贅沢ですね。

fields24さん、お早う御座います。
fields24さんの場合はやはり一番しっくり来るのはライカでしょうか。ライカって大きさ、重さが適度なので手にしっくり来るのかもしれません。

 RB67ですか。バーベル以上の、筋肉トレーニングとなりそうです。
 私は6×4.5で十分です。645PRO 55/2.8Nを見て、「あっ、いいなぁ」と思いました。
 思っただけですんだので良かったのですが、この手のデジタルは高額ですね。

私はもっぱら35ミリでMライカばっかりですが、35ミリでもRライカを持つときは、少し気合いが入ります。それを考えると中判は、特別の思いがしますね。それもまたいいものでしょう。

pyosidaさん、こんにちは。
中判はお使いではないですか。RB67は体力が必要です。(笑)
もっとも本来は三脚に据えて使うカメラですが、私は三脚が嫌いなものですから。困ったものです。

Kazuさん、こんにちは。
ライカはライカでしか撮れない被写体がありますが、機動性の悪い中判もそれなりに良いものです。是非一度、お使いになってみて下さい。

暑さに負けずに頑張っているつもりですが
汗だけは止めようが有りません・・
もっともでないと熱中症に成りそうですが(笑
ポスターどうしてこんな所に張ったのでしょう・・・
と言うか、夏場の室外機の近くは耐えられません(笑

konekoさん、こんばんは。
汗を掻く方が体の為にはいいのでしょうけど、外にいると動かなくても汗が出て来ますよね、この猛暑。
ポスター、そうなんです・・・何故こんなところに貼っているのか「?」と思って一枚撮りました。室外機からは熱風しか出ていませんから、あまり傍には寄れません。(笑)

こんにちは。
僕の場合はハッセルではなくブロニカSQですが、これすら重くてダメです。次回登場するのは涼しくなってからになりそうです。それまでは二眼レフかホルガか。いや、もうホルガしかないかも状態です。ホルガなら、ぼーっとしていても撮れるし、撮れた写真もぼーっとしているし(笑)

ビワさん、こんばんは。
私のブロニカはS2ですが、ハッセルより遥かに重たいですから、私も持ち出す気にはなれません。(笑)
ホルガなら気楽に携帯出来ますね。この暑さでは遊び半分くらいな気でないと・・・。

こんばんは。
今日お出かけしたのですが、中判を持って行ったら良かったって思った私でした。
以前にMamiyaC33とNikonF2を首と肩からさげて出かけたら肩がこって寝込みそうになっちゃいました。
ほんとは重すぎて女性が持つカメラじゃないんですよね(^ー^;

なっちゃん、こんばんは。
MamiyaC33とNikonF2ですか。女性がこれを使っているというだけで無条件に尊敬しちゃいます。記事中に書いてある六本木で見た女性はなんたってあの巨大で重たいRB67を肩から提げていましたから、敬服致します。
最近街中でペンタックス SPなどのクラシックな一眼レフを首から提げている女性を良く見ますが、ホントに写真を撮っているのかなぁ・・・なんて思ったりします。ひょっとしてアクセサリー代わり? なんて・・・。(失礼)
でも、なっちゃんのように実際に懐かしいフィルムカメラで写真を撮っている方がいらっしゃるわけですから、街行くカメラを持った女性を色眼鏡で見てはいけませんね。反省。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 都市の景観 | トップページ | 写真家たちの日本紀行 »