« 写真家たちの日本紀行 | トップページ | ちょこっと・・・ »

2008年8月 5日 (火)

夏休み

Img_0150

今日から待望の夏休みに入りました。\(^^)/
しかしついこの間ゴールデンウィークを謳歌したと思ったら、今度は夏休み。ゴールデンウィークから夏休みまでほんの二、三週間しか経っていないような気がします。(*_*)☆\(-_-;)

そんな事はないのですが、気持ち的にはホントについこの間、という感じがしています。仕事に追われていると月日の経つのが早く感じます。皆さんもそうではないですか?
暑さに負けずに写真も撮りたいですが、溜まってしまった本や雑誌、その他のガラクタも少し処分して部屋を片付けないといけません。いつも長期連休に入る前はそのつもりでいるのですが、休みが終わってみると「あれ? 何もやってないじゃないか・・・」という結果になっちゃうのですよねぇ。(笑)

今日の写真は昨日の津留崎さんに刺激を受けたわけではないですが、EOS 40Dに純正レンズで撮影したもの。絞り開放で1/6秒のシャッター速度を手持ちですから、写真的には怪しいです(手ぶれ)。

DATA : Canon EOS 40D + EF 17-40mm/f4L USM, Capture One 4.1.1

« 写真家たちの日本紀行 | トップページ | ちょこっと・・・ »

コメント

GWから3カ月経っているのですが(^^;)
夏休みはどれくらいの期間なのでしょうか? 周囲でもポツポツと休暇に入られる方が出てきました。
また九州とか京都に行かれるような気が・・・フェイントで北海道とか海外もありえますね(^^)
そのお金があればローライが買えますけど(^O^)
手ブレ・・・雰囲気が出ていますから関係ないと思います。

クッチさん、お早う御座います。
休みは今日から11連休であります。でも遊んでいると直ぐ終わっちゃいますね。ちょこっと出掛けます。
ローライですよね・・・、欲しい欲しいと思いながらも予算と程度で折り合うのが・・・。

お早う御座います。何時も楽しく拝見させていただいています。ご意見、同感です。「整理整頓」と、生まれてこのかた、言われてきておりますが、難しいことです。ところで、最近はライカもいいのですが、昔、使っていたニコンあたりもいいかなあと、思うこのごろです。

KONDOHさん、おはようございます。
私は、夏の暑さに負けてます〜
先日の休みも、やはり中判を持つべきだったと悔やんでます。車で移動したためか、目が疲れてRFのピント合わせがキツかったです。
ガソリン高のためか高速道路は空いてて、走るのは楽でしたけどね。
ローライは不死身のカメラですからいつでも買えますよ。

アミーゴさん、こんにちは。
貧乏性なもので買ったものはいつまでも後生大事に持つ癖がありまして、いつの間にやらそれらが溜まって来ます。あ、カメラ、レンズはしょっちゅう入れ替えておりますが。(笑)
昔のニコン、FやF2時代でしょうか? 作りがしっかりしていますよね、この頃は。

スカルピアさん、こんにちは。
運転、お疲れ様でした。中判はファインダーが大きいのでピント合わせは楽ですよね。
ガソリン高、都内の駐車場も例年よりかなり空いていると先日ニュースでやっておりました。スーパーも或る金額以上の買い物をしたお客にはガソリン券を配っていたりしているようで、車で出掛ける人が大分少なくなったようですね。今月からまた上がりましたし、どうなる事やら。
ローライ、いつかは・・・と思っています。

こんにちは。
手持ちで1/6はキビシイですね。僕は標準レンズだと1/8が限界です。一眼レフだと1/10くらいでしょうか。
それにしても見事な夕空ですね。ここ数日は夕焼けどころかゲリラ雨ですからね。ゆっくりと夕空を眺められる日が恋しいです。

ビワさん、こんばんは。
1/6秒はさすがに厳しいですが、かなり慎重にシャッターを押しました。後から考えたらもっとISO感度を上げて撮れば良かったと・・・。この時はISO 200で撮影してました。今日は凄い雨でしたねぇ。

そう言えば5日から夏休みだとおっしゃっていましたね♪
私の会社には何故か夏休みが無く、勝手に有給使って休んでね、って感じです(笑
夕焼け良いですね、私も手持ちが基本ですから
1/6秒やっちゃいます(結果は聞かないことにしてください・・
お休み楽しまれてください!

あぁ、忘れてた・・・・
インプレスのアドレスありがとうございます。
まさに正解でした♪

konekoさん、こんばんは。
決まった夏休みがないのですか。有給で夏休み・・・、私も有給はたっぷり有るのですが、取ったためしがない。というか、取れる雰囲気がないのです。(;_;)
1/6秒という冒険ですが、撮ったもんの勝ちという事で。(笑)
インプレスでしたか、良かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 写真家たちの日本紀行 | トップページ | ちょこっと・・・ »