« 北海道旅日記 2008 その四 | トップページ | 銚子電鉄 »

2008年8月13日 (水)

フィルムへの欲求

50_01

北海道で撮影に使ったカメラは写真をご覧頂きましたようにキヤノン EOS 40DとPowerShot G7というデジタルカメラが二台。三日間シャッターを押し続け、合わせて600枚ほどの撮影をしたのですが、無性にフィルムカメラが使いたくなってしまった。

50_06

で、北海道から帰って来た翌日9日の土曜日、日本最大級の豪華クルーズ船「飛鳥 II」が横浜・大さん橋に入港したので、コンタックス RXとレンズ二本を持って撮影に行って来ました。自宅から近いという事もあって、大さん橋には良く出向いています。

80200_03

北海道ではAF、AEで安直にパカパカとシャッターを押していたわけですが、写真を撮っているという感覚が麻痺しまして、横浜に帰ったら気分転換にフィルムを使おう、と決めていたわけです。

80200_10

コンタックス RX、カメラには多少の不満も有りますが、ピントリングを回しながらファインダーでピントを確認してシャッターを押していたら、楽しくなって来ました。やはり自分はマニュアルが好きなんだなぁ・・・と、再確認した次第。しかし「飛鳥 II」はいつ見ても大きいですね。大さん橋にマンションが建ったみたいです。

80200_09

80200_13

80200_06

「飛鳥 II」を撮影した後に周りの風景も撮影してみた。この日は曇天で使用したカラーネガフィルムだと少々発色もイマイチでフラットな写りになってしまいましたが、北海道での欲求不満を一気に解消した感じです。昨日も手巻きのカメラとモノクロフィルム三本、カラーネガを一本持参してレトロな電車に乗りに行って来ました。

デジタルも便利なので愛用していますが、やはりフィルムカメラの方が自分は好きです。

DATA : CONTAX RX + Vario-Sonnar T* 80-200mm/f4 + Planar T* 50mm/f1.4

« 北海道旅日記 2008 その四 | トップページ | 銚子電鉄 »

コメント

大桟橋にこういう感じで入港するわけですか。いつも船がいないときしか行っていませんでした。
大きな被写体ですがやはり長めの玉が要りますね。私のコンタ・ツァイスは短い距離ばかりです。

クッチさん、こんばんは。
大さん橋に船が入っていないと周辺の見慣れた風景を見るだけになってしまいます。
船全体を写すには当然広角が要るわけですが、今まで何回か撮影してる対象なので、敢えて標準以上の焦点距離で撮影してみる事にしました、今回は。

はじめまして。takuと申します。
いつも楽しく読ませてもらってます。

わたしもデジタル,フィルムと両方使ってますが,
旅に出るときはなぜかフィルムカメラなんですよね。

自分の中では
大事な時間を思い出に刻むのは
フィルムの方が合っているようです。

オオー見慣れた飛鳥!!私はクルーズの写真を主に撮影していますが、いつも広角レンズです。
このようなアングルを見せていただくととても新鮮です!!

takuさん、はじめまして。
T3による最近のスナップ、拝見させて頂きました。カメラもいろいろお持ちなんですね。
今までの私はtakuさんと反対で、旅行だとほとんどデジタルでした。
おっしゃる事も一理ありますね。今度機会がありましら私もフィルムで出掛けてみようと思います。

fujifujiyさん、お早う御座います。
普段は私も此処では広角を使う事が多いですが、たまには違ったレンズも、と思った次第です。

確かにマンションが建ったみたいに見えますね(笑)。
僕も先日デジイチとライカを同時に使ったんですが、フィルム+マニュアルのほうが好きだなとつくづく思いました。
デジイチは楽ですけどねぇ。

飛鳥が停泊している近くの新港埠頭でアルゼンチン海軍練習帆船がきています。甲板に上がれるのは土日だけでしたが、もしかするとまだいるかもしれません。

yo-scherzoさん、こんにちは。
おっしゃる通りでして、デジイチはカメラ任せで撮影している分にはホント楽ですね。でも、写真を撮った・・・という実感はフィルムでマニュアル撮影ですね。
でもデジタルには随分楽させてもらってますので・・・、これからもデジイチは使います。(笑)

なおりんさん、こんにちは。
ブログで拝見しました。珍しい船が入っているのですね。大さん橋に居ながら全然気が付きませんでした。失敗した。(笑)

デジタルで動きの有る小さなものを撮っていると
いらいらすることが有りますね。
こんな時は、マニュアルでピントを合わすのですが
最近のレンズは、合わせにくいです・・
もっとも、オートフォーカスが当たり前に成っているので、ピントリングが言い訳の様についているだけの細いものですから・・
そう言えば、canonから眼の位置を認識してピントを合わすカメラが有ったような気がしましたが
あれはどうなったのでしょう?

こんにちは。
船が入っているかどうかはご自宅から見えるのでしょうか。
記録用の道具としてはコンパクトデジタルが一番便利ですね。でも、メインをデジタルにするかフィルムにするかは悩みどころです。一生残したい映像としてはフィルムがいいかなと思いつつ、失敗したときが怖いです。

konekoさん、こんばんは。
デジタルカメラをもちろん私は否定しているわけではないのです。便利この上ないカメラですから、私もかなり愛用しています。ただデジタルだけで撮っているとフィルムも使いたくなってしまうのです。まぁ、都合良く両方楽しんでいるわけです。(笑)
AFレンズはマニュアルでピント合わせする事を否定しているような作りのものがありますよね。まぁ、時代なのかな、と思います。
キヤノンの視線入力ですね。何故かデジタル一眼では出していませんね。銀塩では確かEOS 7が最後の視線入力を採用していたカメラではなかったかと。

ビワさん、こんばんは。
いえいえ、自宅から見えるほど近くはないのです。一年分の入港予定表があるので、それを見て出掛けております。
デジタルとフィルム、私の周りにはデジタルしか使わない方が二人いらっしゃいます。私はどちらも捨てられないですね。双方の良いところを上手く享受すれば良いと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道旅日記 2008 その四 | トップページ | 銚子電鉄 »