« 過ぎ行く夏 | トップページ | ヴェルディ/歌劇「椿姫」 »

2008年9月13日 (土)

視野率 100%

40_11

ニコン D700が発表、或いはその後発売になってからもプロ、アマ問わず不満の一つとして言われている事が「視野率 100%」でないという事。視野率 100%は言わば一眼レフに於いてのステイタスとされているようで、各社ともフラッグシップ機に採用される事が多い。確かに(ファインダー上で)見たままの画角がそのまま写る事が一番の理想だと思います。

しかし視野率 100%を達成するには今更私が説明する必要はないように、ペンタプリズムは大きくなるし、何より光軸をきっちり合わせる必要が出て時間とコストが掛かるようです。必然的に各社ともフラッグシップ機のみに採用されている。D700の場合は上級機というかフラッグシップ機D3の後に発売され、価格的にも20万円程の開きがあるわけで、これで視野率 100%であったならD3の価値はなくなってしまうし、それこそD3が売れなくなってしまうでしょう。

最近自分がフィルムで撮ったものをこのブログやホームページに掲載していて思うのですが、フィルムカメラの視野率 100%はそれほど重要な事ではないのでは、という事。と言いますのも、スキャニングしてレタッチする際に極僅か上下左右をカット(1〜2%くらい?)しているからで、もし100%で掲載する場合は余黒の部分まで少し入れなければならないからである。もっともアナログプリントの場合は余黒を残して100%でのプリントは可能ですが。

ところがデジタルの場合は意識してトリミングしない限り写ったそのままの写真を使えるわけで、こうなると俄然視野率 100%の有り難みが分かるわけです。ただしデジタルカメラの場合はファインダー上では100%でなくとも、背面の液晶で確認する際は100%になっている事が多い。しかし撮影時に100%が見えるのと見えないのとでは厳密に考えれば大きな差である。此処で初めてフラッグシップ機の意義が大きくなるように思う。

今回発表されたソニー α900も同社のフラッグシップ機として視野率 100%を達成していますが、フィルム時代のミノルタ α9も非常にピン山の掴みやすい優れたファインダーを持っていたので、α900のファインダーにも大きな期待を寄せる事が出来るのではないかと思っています。私はファインダーに関しては平均的にニコン製一眼レフが最高と思っている人間ですが、ミノルタ(現ソニー)製のアキュートマットスクリーンを採用した一眼レフもとても見やすいものでしたので、α900のファインダーも当然優れていると思うわけです。

視野率 100%、理想ではありますが、今日の写真を写したコンパクトカメラなんて視野率で言ったらかなり低い(80〜85%くらい?)わけで、それでも写真は撮れるわけです。当たり前ですね。(笑)

DATA : Rollei 35SE / Sonnar 40mm/f2.8 HFT, Kodak T-MAX 400

« 過ぎ行く夏 | トップページ | ヴェルディ/歌劇「椿姫」 »

コメント

私の撮り方ですとここが一番のポイントです。
たとえばD200で撮る場合。ファインダーでは蹴ったものが写ることがあります。萎えます。ファインダーで決める撮り方ですから少しミソ付けられた気になりますね。
D700を買わなかった最大の理由は100%でないことでした。もっとも価格が下がれば買うかもしれませんが(^_^;)
コンデジはファインダーそのものがないので(そういう機種を使っています)背面液晶で撮りますがあれはファインダーではないです。アングル確認するだけ。そもそも外だと見えないことが多い(^_^;)
SLRの最大の特徴はレンズから入ってきた光をそのまま見ることができることですね。それが不十分なかたちでしか見られないのは自己否定ではないでしょうか。と、コストを度外視した要求ばかりするヤツです(^^)

クッチさん、お早う御座います。
私もファインダーは重視する方ですが、価格差で格差が付くのは仕方ないと思ってます。D700はフラッグシップ機ではないものの、純粋に価格だけ考えると銀塩時代は当然100%であるべき個体ですから、この辺を考えて不満が出たのだと思います。
SLR最大のメリットはおっしゃるように入って来た光を見る事が出来る事ですね。ですから私もその光に対し充分なファインダーを要求するわけです。ファインダーを軽視するSLRだったら作らない方が良いくらいです。
ですからEVFしか持たないマイクロフォーサーズにまったく感心が行きません。あれだったらコンパクトデジカメでいいじゃないかと思ってしまいます。言い過ぎかな?(笑)

いや言い過ぎではないでしょう(^^)
私がRFを撮らなくなったのは上記理由からで、ピントの置き位置でどれだけボケさせられるかが判りませんから。
ブラック・アウトはないに越したことはありませんが、あまり問題ではないのですね。それより画面全体がきちんと掴めるかを問題にします。
ですからファインダーが小さい、倍率が低いのは論外。前にマグニファイアのことを仰っていただきましたがいまD200には装着しています。ところが私が望むのは135のフォーマットなら倍率200%以上(^^) 眼が悪いから~(^_^;)
ところでこの写真は西新宿のエクスセシオールがあるところでしょうか? 目測で撮れる方を尊敬します(^^)

F2を使うと、やはり100%ファインダーは気分がいいです。D700をパスしてα900にした理由の一つはファインダー倍率ですからね。まあ、使う時の気分の問題だから、厳密に考える必要もないかと思いますけど。D40のペンタミラーでも写真を撮るのは全く不自由ないですからね。

こんにちは。
私も視野率100%って、今特筆すべき何があるんだろうって思っていました。自分の作品として満足すれば縦横比だって全然気にしない。それに最近の高解像度のおかげでトリミングしてもそんなに粗くならな・・・大したもんです。

クッチさん、こんばんは。
APS-Cが登場して来た頃は井戸を覗き込むようなファインダーに結構閉口しましたが、それも最近は少しずつ倍率が上がって大分見やすくなりました。それでも銀塩やフルサイズのデジ一眼を覗くとやはり大きな違いを感じてしまいます。
APS-Cのカタログ上の倍率、いい加減まやかしを止めて頂きたいです。フルサイズと同じく50mmレンズで表示するのはおかしいですから。
はい、西新宿です。目測は訓練です。(笑)

スカルピアさん、こんばんは。
ファインダーが大きいと撮影意欲にも繋がります。まして良いスクリーンでピン山が掴みやすいとモチベーションに拍車がかかります。(笑)
D40系はD40Xを使いましたが、小さなファインダーでもピン山は掴みやすいですよね。ああいうところはさすがニコン、と思います。でもAFを信頼してパカパカ撮影しておりましたが。(笑)

ダンさん、こんばんは。
確かに現在の高画素デジ一眼ですと多少トリミングしても大丈夫ですね。要するに撮影時にきっちりフレーミングしたいかどうかだと思うのです。そういう方にとってはやはり100%に拘る必要があるわけで、フラッグシップの価値も上がります。
M8なんてかなりアバウトなファインダーで、怒る気持ちもなくなります。(笑)

こんにちは。
中級機より下は光学ファインダーにコストをかけるよりライブビューの使い勝手を良くするほうに振り向けるのでは。これなら視野率100%は簡単ですから。そうなると中途半端な光学ファインダーはいらないということになるかもしれません。なんちゃって一眼レフでも十分ということです。
それはそれで置いておいて、少なくともフラッグシップ機だけは視野率100%は確保されるでしょう。むしろ問題は倍率でしょうか。

ビワさん、こんばんは。
どうも最近のデジ一眼はライブビューばかりが話題になっているようで・・・。私自身はライブビューはまったく使わないので、要らないからそのぶん値段を下げてくれ、なんて思ってしまいます。(笑)
その点、α900はライブビュー機能を省きましたので、「良くやった!」と妙に嬉しくなりました。(笑)
まぁ、市場の需要はいろいろですからライブビューを重視したカメラ、ファインダーの光学にコストを掛けたカメラ、といろいろ選択肢がある方がユーザーの為ですね。

こんばんは♪
カメラはファインダーで撮らないと!
と言うか、液晶画面で撮るの苦手というか、駄目なんですね、カメラを構えた気がしない・・・

散歩していて、時々「すみませんシャッターを」と声を掛けられるときが有るのですが、撮った後にもの凄く不安に成ります(笑

konekoさん、こんばんは。
> カメラはファインダーで撮らないと!
まったく同意見です。背面液晶で撮るならわざわざ一眼レフを使わなくても・・・という思いです。
私もよく「シャッター押して下さい!」と頼まれます。江の島でも三回頼まれました。私の場合は撮影した後、勝手に再生画面に変えて「これで良いですか?」と依頼者に見せてしまいます。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 過ぎ行く夏 | トップページ | ヴェルディ/歌劇「椿姫」 »