« 学校 / 山田洋次監督作品 | トップページ | ライカの戦略 »

2008年9月27日 (土)

巾着田の彼岸花(2)

D50mm_02

巾着田の彼岸花、ハッセルブラッドで撮影した分の現像が上がって来たのですが、ほとんど全部ボツ写真と相成りました。ゴミ箱行きですねぇ、今回の写真は。絞りの選択も失敗でしたし、フレーミングもイマイチ良くなかったです。取り敢えず一応・・・二枚だけ貼っておきます。

D50mm_04

フィルム写真は今回のようにボツ写真ばかり乱造して来ると、お金をただ単にドブへ捨てたのと同じ結果になってしまいますね。こういう時はデジタルの方がショックが少ない。(笑)

ピーカンの天気の下で撮影したため、花がテカってしまってますね。これなら日陰を選んで撮影した方が良かったかもしれません。

気を取り直して、彼岸花はまた来年という事で。

DATA : HASSELBLAD 203FE + Distagon T* FE 50mm/f2.8, Fuji RDP III

« 学校 / 山田洋次監督作品 | トップページ | ライカの戦略 »

コメント

そうですか。でも来年また撮ればよいですよね。彼岸花は毎年同じ場所でほぼ同じように咲いてくれますし。
光を見るとポジではなかなか厳しいかもしれませんね。1枚目などはよい感じのコントラストだと思いますが。
周囲で見て感じるのですが、今年の彼岸花は赤が弱くないですか?

クッチさん、お早う御座います。
巾着田は此処数年毎年のように訪れておりますので、ボツ写真を見ながら「ま、いいか!」とあっさり諦められました。(笑)
日の当たるところ、陰になるところ、刻々と変わりましたが、失敗写真をするのも経験ですね。あ、いつも失敗ばかりか。(笑)
彼岸花の色ですか? 巾着田では赤が弱いとは特に感じなかったです。群生数が凄いからかもしれませんが。

 妻が、ハッセルブラッドのは色が違うと言っておりました。
 ペンタックスのを見たら、やっぱりと言うのです。

 ハッセルの方が、コクがありますね。

pyosidaさん、こんばんは。
そうですか。ペンタックスの方がコクがある、と言われたら立つ瀬が無いです。(笑)
フィルムとデジタルの違いもあるとは思うのですが。

 KONDOHさん、こんばんわ。
 私ではなく、妻ですが、ペンタックスのは、「薄い」と言っておりました。

 ある方のブログでも、ライカやハッセルブラッドのは、「いいねぇ」と言うんです。
 勿論、撮った機材などは書いていないのですが・・・。

 私が撮ったものでは、「どのレンズで撮ったの。」とか「ライカじゃないでしょう。」と言い当てます。
 「CanonのEF24mm」「やっぱり、ライカじゃないわ。」とのことです。

 ContaxのDistagonやPlanarだと何というか、試したい所です。(笑)
 映画、「学校」ですが、これまた妻は、「見た、見た」と言っております。

こんにちは。
やはり彼岸花は難しいですよね。真っ赤というイメージがあるからかもしれません。日陰の方が撮りやすいのは間違いないでしょう。でも、せっかく天気がよいのに日陰の花だけ撮るのももったいない気がします。

こんばんは!
晴れた日には、思いっきり太陽を浴びた写真を撮りたいですね。
もっとも晴れた日の日陰も曇り空とは違う感じの写真が撮れますけどね。

写真に、失敗は付き物です。
頑張りましょう(*^_^*)↑←自分に言っています(笑

pyosidaさん、
奥様、かなりの眼をお持ちですね。我々のように先入観を持たずに見るから余計違いを感じるのかもしれません。
ライカやハッセルのレンズは魅力がいっぱいです。これからも手放せません。
「学校」もご覧になっていらっしゃいましたか。私が採り上げる映画、奥様はほとんどご覧になっているようで、私も嬉しいです。

ビワさん、こんばんは。
おっしゃる通りで、良い天気でしたから光が良く通っているところで撮っておりました。しかし花の撮影は薄曇りの方がやはり良いようです。

konekoさん、こんばんは。
励ましのお言葉、有り難う御座います。m(_ _)m
まぁ、しょうがないなぁ〜・・・という気持ちです。こんな事はしょっちゅうですから。(笑)

KONDOUHさん ヾ(´▽`*)ゝおはようございます♪

コメント、有難うございました~!
巾着田に行かれたんですね。。。
一度行ってみたいと思っていた場所です。。。

デジタルと違って フィルムは、現像するまで、出来がわからないから
それが、楽しみ という部分もありますが、とった写真を
確認しながら。。。ということができないのは、
時として、厳しいですね。。

マリアさん、こんばんは。
現像が上がるまで出来が分からないので、不安と期待とが入り交じっております。まぁ、これがフィルムの楽しみと思っております。
出来が悪い時にはどうしてだったかを反省する事にして、以後の撮影では気を付けるようにしています。
有り難う御座います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 学校 / 山田洋次監督作品 | トップページ | ライカの戦略 »