« EOS 5D Mark II | トップページ | 銀座へ »

2008年9月16日 (火)

K10D、CCDの傾き(結果報告)

K10d_01

以前、初めてデジタル一眼レフを中古購入してみたペンタックス K10Dの撮影した画像が、すべて右肩下がりになってしまう事はこちらで書きました。その後、購入した店舗に持参した結果を報告しておきます。

お店に持参し、不具合を説明したところ、応対した店員さんはまったく信用せず、クレーマーと勘違いされたのか、「このお客、何バカな事を言ってるんだ!」というような露骨な態度を見せるものですから、「ショーケースの上のラインに沿って撮影してみて下さい。お分かりになると思いますから」と言って、店員さんに撮影して頂きました。

二枚撮影して背面の液晶で再生した途端、「あ! ホントだ! これは酷い!」という返事を頂きました。(笑)

お店の方は購入したばかりなので返金でもいいと言ってたのですが、せっかく購入してみたのだし、然りとて代替品(中古ですし)もないのでメーカー修理をお願いしました。結果が上の伝票写真。ただ単に「調整しました。各部点検しました」としか記していません。何処をどう調整したのか知りたかったのですが、知る由もありません。

一応今一度テストしてみたのですが、極僅かですがやはり右肩下がりです。まぁ、もうこれ以上クレームを言うつもりはありません。新品購入したK20Dも調整したK10Dと同じくらい極僅か右肩下がりです。しかし、これが今のペンタックスさんの現状だと思っています。もしかしてセンサーシフト方式のアキレス腱?

ちなみに同社デジタル一眼レフの初代「ist D」時代にメーカーのエンジニアさんに「或る不具合(組み立て時の精度不足?)」を指摘した事があるのですが、その時返って来た返事が「悪口を言わないで下さい!」という何とも後ろ向きなものでした。私は悪口を言ったつもりは無く、その後の製品作りで修正して頂きたかっただけなのですが、その時点で私は「あぁ、もうペンタックスは終わったな」というのが正直な感想でした。

その不具合は現行のK20Dですら未だ治っていません。私のK20Dにもそれが確認出来ます。ただしそれがどういう不具合なのかは此処では書きません。下手すると営業妨害とも言われ兼ねないので。しかし雑誌などのテストリポートでもこの事は誰も書いていませんので、もしかしたらこれに触れる事は「タブー」なのかもしれません。プロが気が付かない筈はないので。掲示板でもこれに触れているユーザーさんの書き込みを読んだ事がないので、ペンタユーザーさんは気が付いていないのかなぁ・・・? 当然私のK20Dでもクレームを付ける気持ちは全くありません。諦めておりますので。(笑)

さて、修正されて来たK10Dを手に持って感じた事。それは幾ら安かったからといっても買う必要はなかったなぁ・・・という事です。返金の申し出を受けておけば良かった。「お前はホントにアホやなぁ・・・(関西弁)」と自問自答する自分が此処に居ます。(笑)
興味を持つと自分で試さないと(今回はLimitedレンズ)気が済まない性格が災いして、いつも散財しております。

ご参考までに購入直後にファインダー上できっちり水平出しして撮影した結果を一枚掲載致します。撮影時に「あれ? おかしいぞ?」と思い、慎重に撮影した結果です。写真の質は問わないように願います。(笑)水平、垂直の被写体が欲しかったものですから。一応、帰宅後三脚に据えてテストし、確信しました。

Imgp00551

DATA : PENTAX K10D + smc PENTAX-DA 40mm/f2.8

« EOS 5D Mark II | トップページ | 銀座へ »

コメント

ばらしてしまいます。SONY α100Dもα350も同けいこうなんてす。プリズムの小型化による光軸の不具合とわたしは判断しています。

プリズムの小型化による光軸の不具合ですかぁ・・・?
今まで使っていたニコン、キヤノン両社では経験しなかった事なんです。普及機の精度の甘さでしょうか。でもK20Dはペンタさんのフラッグシップなんですよね。

実は、KONICA MINOLTAもそうでした。
同社から技術者数人が来られて実験し認めました。私の100Dは何故かOKなんです。プリズムと記録素子とレンズの歪みが要因として考えられますが、
始末の悪いのはプリズムの出来だと感じております。α900での最大の不安なんです。どなたか、ご注目いただき、レポがあればと願います。観念的ではなくて実際のデータを求めます。これこそ、実使用でのご意見なんです。

KONDOHさん、こんばんは。
事実だから強く申し上げます。画面の右下がり問題では旧MINOLTAさんもOLYMPUSさんも役員クラスの方々が来られました。どちらも、担当工場とカメラは行ったり来たりだったんです。当時はレンズ交換式ではなくてレンズ付き一眼でした。そのとき、詳しく図解交えてお話されました。SONYの一眼にて最大の心配はこれです。風景により編集時に修正しているのが現実ですがSONYは大きいから一度も認めてくれません。それで、α900はあまり気が乗りません。これが、真実です。

確信して水平を出して撮った写真がこれでしたら、私は返金してもらいます(^^)
OKA様の「プリズムの小型化による光軸の不具合」・・・興味深い話ですね、いや恐怖深いか(^^;)
これまでの光学製品概念では想像もできないトラブルですね。電気製品なんだなあと思いました。いや電気製品なら諦めます。ですが電気製品なら高い金を出さないですね。ペンタは好きなメーカーなんですが・・・

実は、カメラ本来の大切さをSONYも知って欲しいのですが、所詮、カメラの知らないデジタル技術者の作品だと思えます。こればかりは、仕方ありません。
デジカメ・ポケットのストロボ位置を見ればおおかたの銀塩からのユーザーは分かりますね。
設計しやすくしているのが現在のデジカメで、銀塩カメラにて築いてきた技術を葬式しています。わたしが問題視してきた事がようやくみなさまに理解されつつあると思います。7年前から申していることなんです。

OKAさん、こんにちは。
何やら大変な事になって来ました。私自身は良いかどうかは別にして、価格の安いものにあまり過度の期待はしておりません。数万円のボディにそれほど厳密な精度は期待しないようにしています。
今、α200が3万円台で買えますが、コンパクトデジカメより安いのです。此処まで安いと私は寛容になってしまい、多少の事は眼をつぶってしまいます。実際にα200を購入したわけではないですが。
でも、それなりの価格のものにはやはり充分な精度の製品作りをお願いしたいですね。

クッチさん、こんにちは。
正直な話し、ブログにも書きましたが今のペンタックスさんには期待をしていませんので、傾きに直面した時も「まぁ、こんなものかな」と気楽に感じていました。購入したこちらが悪いんだ、と思っているくらいです、新品購入のK20Dも含めて。(笑)
ライカやハッセルなどと戯れている方が遥かに幸せになれると思います。(爆)

どうも私は機械運が無いのか必ずといってよいくらい購入後トラブルに会います。機械だから仕方ないと割り切ってはいますが問題はメーカーの対応ですよね。大分前ですが、カメラ愛好家にそんな態度取るのか!って噛み付いたことあります。

こりゃ、酷い(;_;)
私が購入したistDはまともでしたが、当たり外れがあるのですかね?
ペンタックスのレンズは好きですけど、肝心なボディがこれじゃ興醒めです。

ダンさん、こんにちは。
機械ものですからある程度の当たり外れは仕方ないとは思いますが、今の日本製品でこれだけ外れに当たると考えちゃいますね。中古だから、と怒りもしませんが、新品時にこれで出荷されていたとすると大問題だと思います。

スカルピアさん、こんにちは。
以前、同じくK10Dで画面の傾きに嫌気がさして売ってしまったとのコメントをこちらに頂いていますので、かなりの割合で不具合があるのかもしれません。他のユーザーさんはただ単にそれに気が付かないだけかもしれませんねぇ。
私が購入した中古は約1000枚ほど撮影されておりましたが、前ユーザーさんは気が付かずに使っていたのか、それとも気が付いて嫌になり処分してしまったのか、不明です。(笑)

僕のM8も同じくらい傾くことがありますね(^^;)

こんばんは。
ペンタックスのユーザーに対する姿勢っていう点で気になりますね・・・。
そういえば新宿のペンタックス・フォーカルが閉鎖するそうです。ペンタックスユーザーに有料とはいえ還元事業ですから・・・文化事業を閉鎖するなんてペンタックスの行く末が心配です。

ritomoさん、こんばんは。
ええ! ホントですか!?
私のも確認してみようかなぁ。でもちょっと怖いなぁ・・・。(笑)

harasawaさん、こんばんは。
え! 新宿ペンタックス閉鎖するんですか! 以前在ったところから現在の場所に移転したのは多分、家賃の関係だと思っていました。現在より遥かに広かったですからね。
う〜ん、いよいよ危ないですかねぇ・・・。

ちょっと、痛い傾き方ですね(汗
写真を撮って、これくらい傾くと自分の撮影に自信がなくなりそう・・

konekoさん、こんばんは。
はい、撮影中に時々背面の液晶で撮ったものを確認すると、水平に気を付けて撮っていたつもりがどうも傾いているので、「あれ〜、水平を取ったつもりなのに、下手になったな・・・」と少々自信を無くしました。(笑)
それでお店のウィンドウを利用させて頂いて確認テストをしたわけです。
人生、いろいろと経験はしておくものですね。(笑)

iMacの記事にコメントくれたのに、保留に気づかずすいませんでした(^^; さっき気づきました(^^;;;

CCD傾き、ずっと気になって巡回していましたが、こういう結論ですかぁ・・・。自分が使っていたK10Dは全然気にならなかったので、たまたまあたりだったのかもしれませんね(見直してみてもちゃんと水平垂直出てるので)。

behaviorさん、こんばんは。
思わぬ言葉に引っ掛かるものなんですね。
さてCCDの傾きですが、私がたまたま外れ品を掴んだ、という事だと思います。ただ新品時には問題なかったとすると、高々1000コマくらいで不具合が発症した事になります。そんな事は考えられないので、やはり出荷時からの不良品ではなかったかと、そんな思いです。
ブログに書きましたが、新品購入のK20Dも若干傾いています。(笑)

M8の場合はアイピースを覗く角度によって視野枠がわずかに傾くために発生するのです。
そのため構え方が悪いと画面の水平がでないんです(^^;)

こんにちは。
こんなに傾くものなんですね。びっくりです。僕はオリンパスE-3/410とソニーDSC-R1のユーザーですが、被写体が草花ばかりなので、気にしたこともないです。
ペンタックスの場合、ゴミ取りの時にセンサーをコンコンするので一層精度が悪くなるのでは。そうならないようにしているのでしょうけど。
α900は一台ずつ精度を出しているという記事を見ましたが、実写してみないと分かりませんね。

SONYのα100Dとα350Dはそっくりさんです。
フゥインダーの覗き方でも大きく変化します。
ミラーがひん曲がっているのかも知れません。

ritomoさん、
そういう事でしたか。ホッと一安心です。(笑)

ビワさん、こんばんは。
私が入手したK10Dはちょっと異常でした。まさかこんな状態で出荷されている事はないと思いますが。
確かにおっしゃるように電源を入れる度(設定次第ですが)にコンコンしますが、それで精度が悪くなるようでは設計自体に問題が有る事になります。EOS 40Dなんて起動時にダストリダクションが働いてもまったくボディに振動は来ないのですが。
α900クラスになればかなり精度は良いと思いますが、考えてみれば私、デジ一眼は今までニコン、キヤノン両社しか使っていませんでしたので、センサーシフト方式は初めてとなりました。

OKAさん、こんばんは。
α100と350、同じメカを使用しているのですよね?
疑いを持つと切りがないですが、銀塩時代にはまったく騒がれない事でした。穏やかに写真を撮りたいです。

 話題が話題だけに、注目します。
 ist-Ds、ist-D、K100Dと使いましたが、大丈夫でした。(見る目がないだけかも・・・)
 私のTamronのレンズが、新品で機能しないものの確率が、2/2。KONDOHさんのPentaxは、3/3。

 まだまだデジタルは、過渡期。銀塩のように長い販売が出来ず、作り込む所まで行けないかもしれません。
 Pentax、MXやKの時や、レンズの透過率が90何パーセントとの広告が出た頃が良かったのでしょうか。
 KONDOHさんのブログが、様々な波及効果を生むかも知れませんね。
 今年の一番どっきりした、カメラドキュメントかもしれません。

個性の強さが出てしまいすみません。

pyosidaさん、こんばんは。
やはり・・・と言いますか、多分私のがたまたま大外れであっただけで、そうそうこんな不具合はないものと思います。
デジタルになって光学部門の企業として行き抜いて行く事の大変さが分かります。あのミノルタさんですらダメだったのですから。デジタルは光学部門より電気の占める部分が大きいので、これから淘汰されて行くのかもしれません。

OKAさん、
いえいえ、気になさらないで下さい。

これだけ傾くと凹むなぁ・・・
α900のプリズムは極限まで余裕量を削ぎ落とした、みたいな記事をどこかで読みましたが、上の皆さんのコメントを読みますとやや心配になります。

raotaさん、こんばんは。
私のK10Dは例外と思って頂ければ。
α900、機械モノですから絶対はないかもしれませんが、先ず大丈夫だと思います。
ペンタックスさんには申し訳ない事を言いますが、技術力がソニーさんの場合は違うと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EOS 5D Mark II | トップページ | 銀座へ »