« サウンドトラック | トップページ | 旅客機撮影 »

2008年9月 8日 (月)

ホワイトバランス

B777_01

デジタルカメラのホワイトバランス、皆さんはどうしていらっしゃいますか?
多分、オートにして撮られる方が一番多いのではないかと思います。その他ではやはり太陽光でしょうか。もっともRAWで撮影している分にはホワイトバランスは何処にしていようと現像時に変えられますので、あまり関係ないですが。

上の写真は北海道旅行に行く際、羽田で撮影した搭乗機です。カメラはコンパクトデジカメのG7で、ホワイトバランスはオートでJPEGでの撮影。羽田発が7:25の予定でしたので、朝日が燦々と輝く時間帯。ガラス越しの撮影ですからオートホワイトバランスが正確に機能しているかどうか疑問ですが、特に問題のない写真だと思います。

B777_02

こちらは函館空港に到着した際、同じくガラス越しの撮影ですが時間帯が違うせいもありますが、スッキリした写真になっています。しかし東京と函館の空の色、違い過ぎますねぇ。

オートホワイトバランス、ニコン、キヤノン両社のデジタル一眼レフを使っている時には特にこれといった事は感じなかったのですが、ペンタックス K10Dを使った時に初めてメーカー間で随分違い(考え方に)があるものだな、と感じたのです。もっとも大分前に発売されたばかりのライカ M8ではホントに当てにならないオートホワイトバランスを経験していましたが。(笑)

ただその時は「何たって、ライカだから」と結構達観していました。技術力が日本のメーカーとは違い過ぎますので。念のためライカを弁護しておきますと、その後のファームウェア・ヴァージョンアップでようやく国産並みに使えるオートホワイトバランスになっております。やっと追いつきました。(笑)

今日の写真のようにJPEGである程度撮って出し、みたいな使い方をする場合はホワイトバランスには結構気を使う必要があるものだな、と今頃気が付きました。(笑) 裏を返せばニコン、キヤノン両社のオートホワイトバランスはかなり優れているという事ですね。これまた念のためペンタックスさんを弁護しておきますが、もちろんK10Dのオートホワイトバランスが良くないという意味ではありません。しかしK20DのオートホワイトバランスはK10Dより更に自然になったのでは、とは感じます。

DATA : Canon PowerShot G7

« サウンドトラック | トップページ | 旅客機撮影 »

コメント

見慣れると気がつかないものですね。東京の空は汚れていたんだ。
その昔、野辺山で空を仰いだときに見える星の数がまるで違うことに驚かされましたが・・・いまは眼が悪いからどうあがいてもよく見えないと思いますが(^_^;)
私はJPEGですがホワイト・バランスはオートが多いですね。あまり気にしません。ネガでもカラーのことはよく判らないですから(^_^;)

函館の空の色はキレイですね。
M8初期は惨憺たる結果でしたが、現在はWBはこんなモノと、あまり気にしないようにしています。

ライカのオートホワイトバランスについては、M8に関してはファームアップによって、確かによくなりましたね。あと、DMRについても、オートホワイトバランスについては、若干ファームアップして欲しいなぁと感じています。

クッチさん、こんにちは。
東京には空がない・・・と智恵子は言ったそうで。(笑)
おっしゃるように見慣れているからでしょうけど、都会の空は汚れているのですね。野辺山は天体撮影の場所に使われるくらいですから、こちらとは比べ物にならないと思います。
デジカメ、普通はオートで撮っていてあまり気にする事はないと思います。私もほとんどそうでした。たまたまちょっと色味の違うカメラを使ったから何となく今日のブログとなったわけです。

fields24さん、こんにちは。
M8のオートホワイトバランスは前回のファームアップでようやく「普通」のデジカメになりましたね。ライカだと不思議に鷹揚に構えられます。(笑)

Kazuさん、こんにちは。
ライカユーザー、ほとんどの人が不満を言わないですね。これが国産だったらもう大変な事になっているのでしょうが。(笑)
DMRはこのままかもしれませんね。

突然パチリと撮ることが多いのでオートにしています。
jpegばかりで取っていますけど割と外れません。
と言うか、そんな場面ばかり撮っているせいかも知れません。

それでも、撮りたいと思ったときが旬なので時間を掛けると薄れちゃうんですよね(笑
そう思ったときに思い通りの写真が撮れればラッキーなのですが、そうは簡単に撮らせてくれません・・・

konekoさん、こんばんは。
konekoさんがお使いのカメラは私がもっとも信頼しているメーカーなんです。私も同社のデジカメではオートで撮っております。
写真は一瞬一瞬が勝負ですから、あまり気を遣わずに撮りたいですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サウンドトラック | トップページ | 旅客機撮影 »