« 銀座へ | トップページ | あこがれ(憧れ) »

2008年9月18日 (木)

フルサイズ戦争

Sonnar40_37

昨日、予定通りキヤノンさんよりEOS 5D Mark II が発表されました。事前にリークされていた仕様でしたが、価格設定に関しては少々無理をした感じを否めないですね。ソニーさんが初のフルサイズデジ一眼α900で、フルサイズ戦争に仁義なき戦いを挑んで来た影響が大きいのでしょうね。α900の価格には誰もがビックリしたのではないかと思います。

この後はニコンさんの2000万画素超えD3X待ちになりますが、今日辺り発表されたら面白いですね。完全に野次馬根性丸出し。(笑)
しかしこの秋はデジタル一眼レフに関し、完全に三つ巴によるフルサイズ戦争の様相。一般には高画素イコール高画質、と思われがちですからニコンさんのD700はやや旗色が悪くなりましたね。D3Xを早急に発表しなければいけない状況になったと思います。

そういう中で私は冷静沈着(?)に、相も変わらずフィルムで写真を撮っています。どなたですか? 冷静沈着なんて言ってても、ただ単にフルサイズデジ一眼を買えるお金が無いだけだろ! とおっしゃる方は? もちろんその通りなんですが。(爆)

DATA : Rollei 35SE / Sonnar 40mm/f2.8 HFT, Kodak 400TX

« 銀座へ | トップページ | あこがれ(憧れ) »

コメント

実は私も欲しいのですが同じくお金がありません。

D3を持っている方が何を言うのですか(^_^;)
CMOSは1Ds-MarkIIIと同じものなのでしょうか?
ヤシコン・ボディをバッサリ切って買いたい気持ちがあります。
D700は厳しいでしょうね。20万台前半まで落ちれば買っても・・・う~んその頃にはD3が30万台半ばか(^^)
これで135の銀塩ボディは中古相場がさらに落ちる気がしています。手放すならいまでしょうね。

ダンさん、お早う御座います。
間もなく旧型となる現行の5Dは新品価格18万円台ですから、こちらを検討する価値もあるようです。

クッチさん、お早う御座います。
D3は正確には「持っていた」です。(笑)
今はもう有りません。なかなかAF-Sの単焦点が出なかったので、痺れを切らして。24-70/2.8のようなズームは自分の撮影スタンスには結局必要の無いレンズですし・・・。新設計の単焦点が出たらまたその時に再考します。

5D II のCMOSは上級の1Ds III に使われているのとは画素数は同じでも違うようです。メーカーのwebに新設計と表示されております。
D700ですが、α900発表の直後から2万円下げて26万円台で販売しているところがすでに出ていますから、これからじりじりと値を下げるのではないかと思います。単純計算で画素数は他社の約半分で、価格が一緒というわけにはいかないと思います。ライカと違うので。(笑)

KONDOHさん、今日は。
デジタルのスペック競争はどっちでもいいですよ。要はM3やローライなんかと同じように愛でる事が出来るか否か^^ゞ
α900がどうだろ?と思いますが、先日触った限りは、ファインダーは見やすいし、重さもちょうど良くて、余計なライブビュー省かれて結構良いのじゃないかと…

はやる心を抑えてここは沈着冷静に!(笑)
なんでもα900が盛り上がっているようです。私は良くは知りませんがミノルタのレンズ?を持っている人が待ちわびて購入して行くようです。
昔愛したレンズが使えるという気持ちわかるような気がしますが、私自身は一生懸命買い集めたキャノンレンズに愛着がわかず、ツアイスやヤシコンに愛着が出始めているのが悲しいです。
どうしてキャノンのレンズに愛着がわかないのだろう?

知人のプロがmk2をかかえて作品作りに走り回っていると・・・たぶん10月20日発売の写真誌にギリギリ載るのかなぁ・・・。こんど会ったらmk2の使用感を聞いてきます。
さて自分は・・・型落ちになって価格がこなれたら考えようかな。

スカルピアさん、こんばんは。
私の場合は結局デジタル一眼には愛着という点で銀塩一眼レフほどのものを感じず、飽きた時点で手放すという事を繰り返していました。新しいものに目移りしていた事も事実です。
ただ2000万画素オーバーともなると、民生機としてはメーカーのサポートが受けられなくなるまで使えると思います。デザインや画質(今時問題の有る機種なんてないですが)さえ気に入ったなら10年くらいは使えるものと思ってます。αマウントもこれから先新しいレンズが出て来るでしょうし、買って損はないカメラだと感じています。

藤原雄一郎さん、こんばんは。
そうですね、ミノルタファンからすれば待望のデジタル一眼だと思います。売れて当然のカメラですね。
キヤノンレンズに愛着が湧きませんか。実は私も時々ブログに書いていますが愛着が湧きませんですね。前からEOSボディを買ってもそれはマウント遊びのため。
愛着が湧かないのはプラ外装が原因ですが、同じプラ外装でもニッコールの仕上げですとまぁまぁ我慢出来るのです。EF 50mm/f1.4なんて価格からしたら考えられないくらいチープな作りだと(私は)思います。私的には50mm/f1.8と大同小異ですね。
人気の Lレンズズームも広角、標準はペケです。持っている17-40/f4Lにも愛着はないです。(笑)良く写りますけれどね。

harasawaさん、こんばんは。
おお、知り合いの方が使われているのですか。これからのカメラ雑誌はフルサイズ一眼で充分特集を組めますね。

こんばんは。
私もフルサイズデジ一眼にまわすお金がありません。
よってフルサイズフィルムカメラで冷静沈着(?)に写真を撮っています。(笑)

Kenclipさん、こんばんは。
フルサイズデジ一眼も嘗ての銀塩フラッグシップ機と同じくらいの価格まで落ちて来ましたね。
今調べてみましたらニコン F6の定価が315,000円です。キヤノン EOS 1V HSは現在こそオープン価格になっていますが、発売当時は325,000円でした。
こう考えるとα900やD700、5D II は銀塩ボディ並みになって来たと言えると思います。もっともだから直ぐ買える、という意味ではないですが。(笑)

こんばんは♪
画素数の駆けっこですが
ちょっと銀塩時代と違いますよね
フイルムだと出来上がったネガはあんなに小さいのに
デジタルで撮ったデーターの大きいこと(笑
その内、構図も何も考えずに撮った画像を
この辺りって、1/100の部分をトリミングして、良い構図でしょ?
これって、写真撮っても面白くないかも・・・

konekoさん、こんばんは。
フィルムは小さいのに、デジタルはデータが大きい、確かに。(笑)
トリミングのお話し、成る程と思いました。確かに高画素化したデジタル画像は少しくらいトリミングしても大丈夫ですから、更なる高画素化時代にはおっしゃるような事も可能ですね。
でも、それだったら写真じゃないですよね。

こんにちは。
2000万画素、プロだとA0くらいで出力することもあるでしょうが、多くのアマチュアには多すぎるように思います。
D3の超高感度撮影はセルに余裕を持たせた結果ではないのかなと思うのですが。

ビワさん、こんばんは。
おっしゃるように2000万画素なくても充分写真は楽しめますね。D3の1200万画素で何ら不満は無かったですし。
しかし高画素化する事によってまた売れる事も事実。私個人としてはD700が10万円台中程くらいで販売出来る努力を企業に求めたいです。

そうなんですよね。僕もこうは言っていますが、同じ値段で画素数以外は全く同じだとして、どちらにしますかと言われれば高画素タイプを選びそうです。(笑)

ビワさん、
やはりそうですよね・・・(笑)
なのでD700はちょっと分が悪くなってしまいましたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀座へ | トップページ | あこがれ(憧れ) »