« フルサイズ戦争 | トップページ | ゴースト »

2008年9月19日 (金)

あこがれ(憧れ)

E28mm_08
(銀座)

一昨日から口内炎が出来て痛い。少し熱い飲み物はしみて痛いし、困ったものだ。(笑)

あこがれ・・・理想とする物事に対して心が強く惹かれる事。女性の場合はこの写真のようにアクセサリー、或いは洋服などのブランドモノに強い憧れを抱く方が多いのでしょうか? また私のブログをご覧頂いている方々は高級カメラに憧れを抱く方もいらっしゃるかもしれません。もっともこんな事を書いている自分が一番カメラに憧れを抱いているかもしれませんが。(笑)

楽器をやっている方、例えば普通にピアノをやっているアマチュアの方だったらスタインウェイやベーゼンドルファーを欲しいと思うかもしれません。その他諸々、皆さんそれなりに憧れ、願望というものを持っている事と思います。その憧れに目標を持って突き進むのが一番楽しいと思うのですが、現実はなかなかそうも行かない事が多いですよね。

自分の場合、カメラに限定してみると写真をやり始めた頃は雑誌で見るライカやハッセルブラッドに対し、いつか自分でも使ってみたいという憧れ的気持ちが有りましたですね。その後ライカ、ハッセルを実際に手に入れる事が出来たわけですが、感想はどうだと問われれば「思ってた以上に素晴らしかった」と答えるしかないのです。

ライカなんて自動巻き上げの国産AFカメラと違ってフィルム装填すらやり辛いのに、何故こんなカメラに惚れたのでしょうかねぇ。

DATA : LEICA M7 + Elmarit-M 28mm/f2.8 (type IV), Kodak EBX

« フルサイズ戦争 | トップページ | ゴースト »

コメント

おはようございます。ライカといえば、M8.2が発表されましたね。

yymoonさん、お早う御座います。
はい、以前から実施していたアップグレードサービスを搭載したM8ですね。私自身は内容的にまったく興味が湧きませんでした。
UV/IRフィルターを必要としない改造をしたのなら代替えを考えても良いですが、あれでは・・・。
ま、ああいうところがライカらしいのですが。今回発表されたレンズも素晴らしい! という感動はありますが、問題の価格が購入を検討する現実的な金額ではないですから、何を考えているのか良く分からないのがライカ社です。(笑)

私はニコンでしたよ。F2がずっと憧れでした。その後がハッセル。入手してもちろん納得はしました。
楽器は1970年代までのマーチンなどヴィンテージ・ギターは非常に興味があります。材質がいまとは異なります。でもカメラのはるか上をいく価格の世界です。最近は情報を収集することさえしなくなりました。購入意欲が湧くと怖いから・・・湧いても買えませんがね(-_-;)

M7逝かれたんですね。
M8のファームが2.0にあがっています。

場違いになるかも知れません。
KONICAMINOLTA AF DT 11-18と言う超広角ズームレンズを出始めに買っていますが残念ながらフルサイズには未対応です。先の読みが甘い例ですがフルサイズになるとレンズ性能も気になりますね。
実は、あこがれのレンズの一つです。ズームながら歪みも少なくて気に入っておりました。私はズームを多用します。若い頃は単レンズを複数のカメラに装着し最低3台のカメラを持参しておりました。歳には勝てなくなりました。

こんばんは。
美しい女性には「あこがれ」ますが・・・
カメラ・・・特にハッセルは作品を創るための道具なので必要に迫られて買う感じでしょうか。でも子供の頃ニコンFにあこがれたかなぁ・・・。

クッチさん、こんばんは。
F2ですか・・・。この頃のニコン一眼レフはかなりの人が欲しがったのではないかと思います。
ギターではブログにも書きましたが、私は何と言ってもモズライトのオリジナルが欲しかったです。
いつの時代でも男は欲しいものが必ずありますね。(笑)

ritomoさん、こんばんは。
M7については一昨日スカルピアさんとKazuさんにお答えした通りです。借り物ですが、自分でも欲しいですね。
M8、ファームアップしていましたか。有り難う御座います。

OKAさん、こんばんは。
レンズの好みは人それぞれです。ズームを好む方がいても何らおかしくないです。歪みをまったく気にしない人もおりますし。
ご自分のお金で購入するものに対し、他人がとやかく言う事ではないと思いますので。

harasawaさん、こんばんは。
美しい女性にあこがれるのは、男性永遠のテーマではないでしょうか。(笑)
harasawaさんにとってハッセルは必要不可欠のシステムですね。私もハッセルで撮影している時が一番楽しい時期がありました。もちろん今でも楽しいですが、ライカで撮影する事もまた楽しいので。
ニコン Fは名機ですものね。

はじめまして。
自分もライカを最近使い始めたのですが、
(M6TTLですけど)
実際使うまでは成金のおっさんが
眺めて楽しむ為の物と昔は思っていましたが、
実際使ってみると非常に使いやすいですねー。
自分の無知っぷりを恥じました。

chariotさん、はじめまして。
ブログ、拝見させて頂きました。モノクロで楽しんでいらっしゃるのですね。
おっしゃる通り、大抵の人はライカを白い眼で見るのですが、まさに使ってみなければ分からない世界だと思います。
シャッターボタンを押すだけでピントも露出も決めてくれる国産AFカメラは確かに便利ですが、ライカのようにピントも露出(M7、M8は除く)も自分で決めるカメラを使っていると、写真を撮っている実感が凄く湧くのですね。
そこで皆さん、「ライカ沼」に嵌るのです。(笑)

人は、征服(抑圧するではない)感に満足しますから。
色々と欲しがったり、するのでしょうね。
でも、それを止める術は、自分しか無い

難しい手順もおそらく征服だと思えます。
撮るときも例にもれないかも?

こんにちは。
ブーツを眺めている女性二人。ブーツなんて、ただ履けるだけでよいなら安い物がいくらでもあるのに、手に届きそうにない(失礼!)ブーツを眺めているなんて。でも、これが楽しいんですよね。手に入れてしまうと、つまらなくなってしまうこともありますから。

konekoさん、こんばんは。
> でも、それを止める術は、自分しか無い
う〜ん、今日のコメントは何故か耳が痛いです。(笑)
反省しないと。

ビワさん、こんばんは。
そうなんですよね。欲しい、欲しいとずっと思っていたものが、いざ手に入った瞬間、急に熱が冷めてしまう。
私もそういう経験、何度もありますから。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フルサイズ戦争 | トップページ | ゴースト »