« カルメン幻想曲/松田里奈(Vn) | トップページ | 異なもの(2) »

2008年10月 2日 (木)

小江戸川越(2)

Cfe80_35

今日は一昨日の続き、小江戸川越でのスナップです。銭湯の煙突、懐かしいです。子供の頃、近所の仲良しと銭湯に行って、浴槽で泳いだりして遊んだものです。当時は体に刺青を入れた強面のおじさんが大抵居りまして、あまり煩く騒いでいると、「坊主! うるせえぞ!」と怒られたり。(笑)

Cfe80_23

川越の蔵造りの街並を代表するシンボル、「時の鐘」です。機械式で鐘を突いているようです。そういえば喜多院まで歩いて行った際、丁度午後3時頃に手前の成田山川越別院の鐘が鳴っていました。しかしそこも機械式でした。

Cfe80_26

このお店も蔵造りの街並をぶらぶらしている時に見たところ。此処の通りは現代的車道を挟んで両側に時代を感じさせる街並を見る事が出来ます。裏通りの住宅地の間に小さな映画館が在るのにはちょっとビックリでした。平日とはいえ、それなりに観光客の多い小江戸川越でした。

DATA : HASSELBLAD 203FE + Planar T* CFE 80mm/f2.8, Fuji 400PR

« カルメン幻想曲/松田里奈(Vn) | トップページ | 異なもの(2) »

コメント

2枚目で判りましたが電線は地中化されているのですね。よいですね。さすがに街灯と標識は無理でしょうが(^^)
刺青・・・昔は銭湯で多く見ました。が、そんなことを言われたことがありません(^^) 今夏タトゥーを入れた若い世代を多く見ました。女性にも浸透していますね。かなり抵抗感があります。もっとも患者仲間にもいます。小指欠損も。レントゲン撮ると内蔵欠損・・・摘出していたりが多いです(-_-;)

クッチさん、お早う御座います。
そうですね、電線は地中に入っているようです。
銭湯で見る刺青、子供の頃は何とも感じていませんでしたね。日常当たり前の光景のように思っていましたから。
女性のタトゥー、この夏随分見掛けました。本物ではないのでしょうが、私はあまりいい感じを受けませんでした。でも、あれも多分オシャレの一つになっているのかもしれません。

小江戸川越、いい感じですね。実は私の故郷も小江戸佐原なんて呼ばれています。地元に残った旧友たちも街の行く末を案じている様子。私も何か写真でアピール出来ないものかと案を練っています。これの写真参考にさせて頂きます。

ダンさん、こんばんは。
小江戸佐原って、千葉県でしょうか?
故郷を写真に撮る、良い事だと思います。是非おやりになって下さいませ。

あは、本当に電線ですね♪
私の住んでいる所からも電線と煙突が見えますよ(笑
というか、電線と煙突しか見えないと言うのが正解かも・・・

写真、下町と言うか、懐かしいと言うか良い感じですね。
今から時代が進んで行ったときには、写真を見るとその時代に戻れるなんて、無いよね(笑

こんにちは。
学生の頃に通っていた銭湯にも刺青の方はいましたが、とても腰が低かったです。僕は超近眼なので、刺青にはすぐに気がつかず、メガネを掛けてビックリ、みたいな感じでした。
電線を地中化するとは、お金がかかっていますね。都心からそんなに遠くなくて、それなりに観光ができるのが川越のいいところ、なのでしょう。

konekoさん、こんばんは。
電線と煙突は都会のシンボルかもしれません。その都会にお住まいという事です。
写真を見るとその時代に戻れる。SF映画みたいですね。(笑)

ビワさん、こんばんは。
刺青のおじさん、皆怖かったわけではないですが、中には・・・(笑)
電線を地中化するにはかなりのお金が掛かったと思います。すっきりしていますが、風景的には違和感を感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カルメン幻想曲/松田里奈(Vn) | トップページ | 異なもの(2) »