« 小江戸川越 | トップページ | 小江戸川越(2) »

2008年10月 1日 (水)

カルメン幻想曲/松田里奈(Vn)

Matsuda

カルメン幻想曲/松田里奈
ビクター VIZC-14(9月17日発売)

カルメン幻想曲(サラサーテ)
タイスの瞑想曲(マスネ)
序奏とロンド・カプリチオーソ(サン=サーンス)
トロイメライ(シューマン)他

松田里奈(ヴァイオリン)
パーヴェル・ギリロフ(ピアノ)

録音 : 2008年5月6〜8日、ベルリン

一昨日、横浜駅前にある行きつけの外資系CDショップに足を運んで、何か興味を惹くCDが出ていないか物色したものの、これといったものがなく手ぶらで帰ろうとした。ところが帰りがけにこのCDジャケット、彼女の眼と私の眼が遭ってしまい、思わず立ち止まってしまった。(笑)

松田里奈・・・知らないヴァイオリニストだなぁ、とCDを手に取ってみた。以前にモーツァルトのヴァイオリン・ソナタを演奏したCDを出していて、本CDが二枚目のアルバムとの事。丁度そこには試聴用のCDがセットされていたので試しに聴いてみた。アルバムタイトルの「カルメン幻想曲」をざっと飛ばし飛ばし聴いてみるとこれが良い。「タイスの瞑想曲」もなかなか、「トロイメライ」いいじゃん・・・と感心し、そのままレジに直行。

その日の夜早速聴いてみたのですが、一曲目の「メロディ/グルック」から最後の「ツィガーヌ/ラヴェル」まで、まったくもって素晴らしい演奏で、久しぶりにヴァイオリンを堪能する事が出来た。特に「序奏とロンド・カプリチオーソ/サン=サーンス」は私の好きな曲で、随分前から私はチョン・キョンファのロンドン盤を愛聴していましたが、松田里奈さんの演奏はそれに負けず劣らずで、すっかり気に入ってしまった。曲最後の畳み込むように盛り上げて行く演奏には息を飲む思い。素晴らしい!

器楽のクラシック音楽ファンをピアノ派とヴァイオリン派とに別けるとすれば、私はヴァイオリン派でして、オーケストラ曲以外ではヴァイオリン曲を好んで聴いています。正直言いますと今回のCDはジャケット写真に惹かれてしまったわけですが(笑)、今後の活動に期待を抱かせる新人ヴァイオリニストに出会ったと感動しております。

彼女の経歴を見るためジャケット内の解説を読んでみたら、なんとなんと地元横浜の出身ではないですか。1985年9月30日、横浜生まれとある。この文章を書いている今日(30日)が23歳の誕生日なのですね。大きなコンクールでの優勝はないものの、数々のコンクールで第1位を受賞しているようで、これからの活躍に期待したいです。

シューマンのトロイメライも情緒たっぷりに歌い込まれ、何回も聴き返したくなる演奏だし、ラフマニノフのヴォカリーズもジ〜ンと胸を打つ演奏で、もうすでにこのCDを二回聴き返しております。私が購入して来たCDを立て続けに二回繰り返して聴く事は最近では極めて稀な事で、それほどこのCDを気に入ってしまったという事です。

尚、初回出荷には昨年のライヴ演奏とベルリンでの録音風景が収録されたDVDが特典として封入されています。クラシック音楽ファンの方、一度お聴きになってみて下さい。私は早速アルバム第1弾として発売されたモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ集も購入します。

« 小江戸川越 | トップページ | 小江戸川越(2) »

コメント

私も発売直後のこのCDを銀座のショップに飾られているのを観て、足を止め、そして手に取り、あらゆる角度から眺め、やっとのことで彼女の目力に耐え、この写真はカメラマンがうまく撮っているからだと決めつけ、このCDを元に戻しました(笑)。でも、演奏が良いとなると・・・。

yymoonさん、お早う御座います。
おお、私と一緒ですね。(笑)
このジャケットはカメラマン、メイクさん、画像処理担当さんの勝利ですね。
多分、彼女の眼に惹かれた音楽ファンは多いと思います。(笑)
しかしDVDで見るライヴ映像や素顔を見ると、「あれ? 同じ人?」と思います。つくづく女性はメーキャップで変わるものだと再確認致しました。(笑)
あ、素顔も可愛い人ですよ。

 「目はヴァイオリンほどに物を言う。」ですね。

 私はチェンバロ派です。

pyosidaさん、こんばんは。
チェンバロがお好きなんですか。そうするとバロック音楽が中心でしょうか。
最近はクラシックもジャズも、まるでアイドル歌手のジャケット写真のように撮っているものが多いですね。それでCDが売れれば良しとしましょう。

KONDOHさん、お見事です。図星です。
 バロック音楽が好きです。なかなかCDは買えません。購入したのが、バッハ大全集。
 一つのヴァイオリン協奏曲は、子守歌代わりです。

 話は違いますが、今日妻は、映画「おくりびと」を見てきました。音楽も良かった、チェロが良かったと言っておりました。

 自由に演奏できるのは、口笛だけなのですが、チェロなど弾けたら、最高ですね。
 随分前、チェロを買って教えて貰おうかと本気で考えておりました・・・。

こんばんは!
私のいIPODには、色々なジャンルの音楽が入っています。
それを通勤電車の中でBOSEのヘッドフォンで聴くわけですが、
選曲はせずに常にランダム状態
レッドツェッペリンが聞こえた後で、モーツアルトが聞こえたり。
要するに雑食なのです(笑
でも、感じられない曲は入っていません。

今度は、松田理奈さんのヴァイオリンも聞いてみて
感じたらIPODの中へ♪

pyosidaさん、
バッハ大全集、大物ですね。全部聴くまで相当な時間を要すると思います。
チェロ、私も大好きな楽器です。ドヴォルザークのチェロ協奏曲が好きなんです。ロストロポーヴィチの録音を三種類持っていまして、いずれも愛聴盤です。指揮者はカラヤン、ジュリーニ、小沢の三人です。
私自身も楽器をやっていないので、出来る人を尊敬します。

konekoさん、こんばんは。
BOSEのヘッドフォンって、耳を完全に覆うタイプでしょうか? 私は iPod touch 付属のイヤフォンでそのまま聴いておりますが、電車では音漏れに気を使ってあまり音量は上げられません。もっとも普段は車のステレオで鳴らしております。
雑食、結構だと思います。いろいろな音楽に接するのは良い事だと思います。私なんか聴く範囲が狭いので・・・。
松田里奈さん、タワーレコードでしたら試聴出来ますから、機会があったらお聴きになってみて下さい。

おぉ\(^o^)/なんと可愛い
これはジャケ買いしてしまいます(笑)

村治佳織を初めて見た時を思い出しました。
あの時彼女は18歳だったか。

raotaさん、こんばんは。
ギタリストの村治佳織さんですね。人気のある方でCDも結構発売されておりますね。
女性ジャズヴォーカリストのCDも最近はアイドル歌手並みの写真を撮ってジャケットにしていますね。
問題は一時のコマーシャルに乗っただけで終わることなく、しっかり実力を身に付けて頂きたいです。
松田里奈さんには期待しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小江戸川越 | トップページ | 小江戸川越(2) »