« ビジネスジェット | トップページ | DMR でお散歩写真(2) »

2008年11月 3日 (月)

DMR でお散歩写真

L1000014

先日、修理から戻って来たライカのデジタルバック DMRの調子を見る為に、高松から帰って来た翌日、お散歩写真をしてみました。お散歩写真には少々大袈裟な組み合わせですが、戻りを待ち焦がれていたDMRを早く使ってみたいという事で持ち出した次第。

L1000012

以前歩いていたところも、時間を置いて歩いてみると「あれ?」というようなシーンに出会う事ってありますよね。例えば建物がなくなって更地になっていたり、それと反対に更地だったところにいつの間にかマンションが建っていたりと。でもそういう更地、以前はどういう建物が建っていたんだっけ? なんて思い出せない事ってありませんか?。あ、単に私の記憶力が弱いだけかな。(笑)

L1000018

可哀想な車。この車は、もう何年もこの状態で風雨にさらされています。リサイクル制度が確立する前から此処に置かれていますので、多分リサイクル料金は未払いでしょう。解体に出すとなるとリサイクル料金を払わないといけないと思う。あ、全然関係ない話しですね。(笑)

DATA : LEICA R9 + Summilux-R 35mm/f1.4 + DMR, Adobe Lightroom

« ビジネスジェット | トップページ | DMR でお散歩写真(2) »

コメント

こんばんは。
最早、デジタルとアナログの違いなんて議論できない領域ですね。無論、デジタルは、ブレとかピンに弱いと云われますが、それらを克服すると階調性能や色彩再現などデジタルは勝ってきましたし、今回の作品が示していると思えます。SONYのα900がどこまで近づくかですね。私の場合、MINOLTAの好きなレンズを多く用いるため気にしています。資金が乏しいので考えているだけですが。まだ、カメラ下取りの経験がないので教わりながら。

OKAさん、お早う御座います。
DMRは国産デジタルほどデジタルっぽくないと言いますか、気持ちアナログチックな画像に感じております。
α900はミノルタユーザーにとっては待っていたカメラだと思います。

こういう具合に放置された車を時々見かけます。スクラップにすることに考えが及ばないのだろうか? と事実上スクラップですし、まあこれも余計なお世話でした。
そういえば少しRレンズが気になり始めました。理由は・・・(^_^;)

KONDOHさん、こんばんは。
街中の散歩をしていると、いつの間にか変わっていると云う事がよくありますよね。
その発見が楽しかったり、寂しかったりと色々と感じさせてくれます。帰ってからその変化を前に撮った写真で確認すると感慨もひとしおです。これも散歩写真の醍醐味です。
DMRでの散歩写真、私も味わってみたいです。

クッチさん、こんばんは。
この車はこちらのお宅の車でしょうけど、放置車は時々見掛けますね。困ったものです。
Rレンズが気になるとの事ですが、EOSでお使いになるのでしょうか?(笑)

Kenclipさん、こんばんは。
おっしゃる通りで、街中の散歩はそういう発見が面白いですね。しょっちゅう見ているところも、やはり刻々と変化している事を今回の散歩で感じました。
DMRで散歩は少々大袈裟なのが玉に傷。(笑)

お散歩写真いいですねぇ。
あれ?この間までここにあったのになくなってるって思うことよくありますね。
だから、目について撮りたいって思ったものはなるだけその時に撮るようにしています。
だっていつなくなるか分からないんですもんね。

なっちゃん、こんばんは。
そうなんです。ですからご近所、若しくは自分の住んでいる街をぶらっと歩きながら撮っている写真も、案外貴重だったりします。
おっしゃる通り、目についたもの、しっかりレンズを向けるようにしています。

戻った、愛機は順調そうですね♪
東京都内でも歩いていると、あれ?
と思うことがありますね
世の中は、自分の心よりもっと広いから当たり前かも?

高松は、思い出を頼って歩くと迷子になるかも知れません(笑

konekoさん、こんばんは。
> 世の中は、自分の心よりもっと広いから当たり前かも?

う〜ん・・・、上手い事をおっしゃる。さすがkonekoさん! まさしくそうですね。
konekoさんの故郷はどういう街なんだろう?

あれ?ここ壊されているけど前なんだっけ?って誰でも経験しますね。
完全な更地になる直前だと、住んでいた方の最後の生活感がわずかに残っているようで、撮っていいものやら、やめておいた方がいいかと躊躇することもあります。

KONDOHさん、DMR、無事に戻ってきて良かったですね。
 DMRとLeicaRレンズ、散歩に持って行き甲斐があると思います。

 私は、綾小路きみまろがイメージキャラクターのLUMIX DMC-TZ5 を購入。連休中は、これだけを持って近所に散歩に出かけました。
 中高年、誰でも撮れる。胸のポケットに入りますが、右手に持ってぶらぶら。
 1眼とは違う開放感を味わってきました。10倍ズームの280mm、300万画素となりますが16.9倍473mmがすごく効いていて、鳥や新幹線、走る車などを撮っております。

なおりんさん、こんばんは。
やはり同じようなご経験がありましたか。日頃見慣れている風景も、無くなってみると「あれ? 前何だっけ?」なんて。人間の記憶なんて実に曖昧だと思い知らされます。

pyosidaさん、こんばんは。
有り難う御座います。ようやく、という感じです。
TZ-5って10倍ズームなんですね。これ一台で何でも撮れる、というカメラですね。コンパクトもこういうズームだと使い勝手が良いと思います。鳥までオーケーなんてスゴイです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビジネスジェット | トップページ | DMR でお散歩写真(2) »