« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月22日 (土)

村治佳織 プレイズ・バッハ

Muraji

村治佳織 プレイズ・バッハ

1. チェンバロ協奏曲第2番
2. G線上のアリア
3. チェンバロ協奏曲第5番
4. 主よ、人の望みの喜びよ
5. パルティータ第2番
6. メヌエット

村治佳織(ギター)
ゲヴァントハウス・バッハ・オーケストラ
クリスティアン・フンケ 指揮とヴァイオリン
2008年8月24-27日 ライプツィヒ、ゲヴァントハウス大ホールで録音
ユニバーサル ミュージック UCCD 9707(DECCA)

ギタリスト、村治佳織さんがなんとバッハを演奏したCDを購入した。バッハの時代にギターはありませんから、当然すべての曲が編曲によるもの。ふたつのチェンバロ協奏曲、編曲されたとは思えない、まるで最初からギター協奏曲として作られた曲のように感じるほど自然に聴こえるのには正直驚いてしまう。編曲はオーケストラのコントラバス奏者、ラインハルト・ロイシャーという人。チェンバロとギターとでは当然音域が違うため、編曲に当たって独奏パートの修正と弦楽パートのオーケストレーションも変更しているとの事。しかし前述したようにバッハ、オリジナルの曲のように極めて自然に聴こえます。

第5番の第2楽章ラルゴは映画のテーマ曲に使われたりして耳馴染みになっている曲で、村治さんのギターはしっとりと薫り高い(駄洒落ではないです)演奏で聴き惚れてしまう。私、独奏楽器としてのチェンバロは何故か苦手としており、この編曲されたギター協奏曲としての方が聴きやすい。

ソロで弾かれる有名曲、「G線上のアリア」や「主よ、人の望みの喜びよ」も楽しめますが、なんと言ってもこのCDの白眉は無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番。この、あまりにも有名なヴァイオリン独奏曲をギターで演奏するとは。特に終曲の「シャコンヌ」はヴァイオリニストにとって自分をアピールする最高の曲。ギターの大御所、アンドレス・セゴビアがその「シャコンヌ」のギター編曲版を弾いてからすっかりギター曲としても有名になっていますが、村治さんはパルティータ第2番全曲をギターで演奏しています。

オリジナルのヴァイオリンではチョン・キョンファのレコードを愛聴していますが、今回村治さんのギターを聴いて驚嘆すると同時に、ギター曲として聴いていてもまったく違和感がない。「シャコンヌ」の前の「ジーグ」も親しみやすいメロディで私の好きな曲。演奏ももちろん素晴らしい!

CD最後は日本盤のみのボーナス曲としてこれまた有名な「メヌエット」が収録されています。言わばアンコールピースのような感じでおまけとして入っているようですが、これもおまけ扱いではもったいないほど素敵な演奏。CDプレイヤーのリピート機能を利用してBGMとして、何かをしながらずっと流していてもいいかも・・・。

さてこのCDは最近話題になっている「SHM-CD」という仕様で発売されたもの。封入されている解説には以下のように記述してある。

*** 通常のCDとは別種の液晶パネル用ポリカーボネイト樹脂を使用することにより素材の透明性をアップ、マスター・クオリティに限りなく近づいた高音質のCDです。 ***

となっていますが最近、従来発売されていた音源をこのSHM-CDで再発売する事が活発になっている。しかし私は今回初めて購入したばかりで、ノーマルのCDと鳴き合わせをした事もないので、本当に音質アップが図られているかどうかは分かりません。ただ私としてはSHM-CD仕様で価格がアップするくらいなら、いっその事SACDで出してもらいたいと思っています。

とは言いながらも、このCDもお薦めです。

2008年11月21日 (金)

カワセミ

Tori_02

最近カワセミの話題が出たのですが、自分は久しく撮影していないので過去に撮影したものを探し出してみた。私が初めてカワセミを見たのは横浜・三渓園。蓮池でニッコールの800mmレンズを三脚に据えている人が居て、撮影していたのがカワセミ。

Tori_03

しばらく見ていたら止まり木にカワセミがやって来ました。コバルトブルーの小さな野鳥に一目惚れ。3メートルくらいの至近距離で見る事が出来ましたので、人に慣れていたのでしょうね。その後しばらくはカワセミ撮影に熱中しましたが、三渓園では一度も撮影していない。一度行ってみたのですが、現れませんでした。しかし冒頭申したように現在、カワセミ撮影はすっかりご無沙汰。

Tori_04

カワセミは結構小さい野鳥なので、存在に案外気が付いていない事が多いのではないかと。身近な小川のようなところにも来ていたりしますから。人気が少なく、小魚の居るところは要注意です。もっとも何処の小川にも居る、という事ではないですが。

ちなみに今日の写真を撮影した機材、今は・・・ない。(笑)

DATA : NIKON D2H + AF-S ED 400mm/f2.8D + TC17E-II

2008年11月18日 (火)

レインボーセブン (2)

777_06

映画「ハッピーフライト」を観て来た。もう、爆笑の連続で、楽しめる映画です。綾瀬はるかさんのキャラクターはサイコーです。あのキャラクターを演じている人が、女座頭市を演じたなんて、どうも思い浮かばないです。(笑) しかしながらたった1機の飛行機を飛ばすために、如何に多くの人が携わっているかが映画をご覧になればお分かりになると思います。

777_07

さて今日は昨日に引き続きレインボーセブン。日本エアシステムのカラーリングは下の写真のようにエアバス社のマーキングをそのまま使用したものでした。

777_13

これはエアバス A300-600Rです。先月高松まで乗って行ったのがこの飛行機。もちろん、すでにJALのカラーに変わっていますが。このマーキングはエアバス社が新型機のデモフライトに使っていたもの。一説によるとボーイング社が日本エアシステムからB777-200のオーダーを受けたものの、自社の飛行機に旅客機製造のライバルであるエアバス社のマーキングをされたのではたまったものではない、という事でデザインを公募した、との事です。なるほど・・・と思いますね。

777_10

こういう個性的なデザインがなくなってしまったのはとても残念です。JALのアークデザインはシンプルで悪くはないのですが・・・。

777_09

777_11

777_12

昨日今日と、現在では日本航空に統合されてしまった旧日本エアシステムが、ボーイング 777-200だけに限定塗装を施した、愛称「レインボーセブン」をご紹介させて頂きました。

DATA : NIKON D2H + AF VR ED 80-400mm/f4.5-5.6D

2008年11月17日 (月)

レインボーセブン

777_01

レインボーセブンという旅客機をご存知でしょうか? 名前をご存じなくても、この塗装機を空港などでご覧になっていたかもしれません。日本航空に統合される前の「日本エアシステム」時代、1997年から導入したボーイング 777-200に施されたカラーリング。

777_03

デザインについてはインターネットなどを使い一般公募し、北海道千歳市の中学生が応募した作品が採用されました。「レインボーセブン」の愛称で親しまれ、私も好きなカラーリングでした。尚、審査員には故 黒澤明監督も入っていた。

777_04

今日と明日、レインボーセブンの勇姿をご覧頂きたいと思います。日本エアシステムのレインボーセブンことB777-200は、他社が導入したB777-200と違って各席の背もたれに液晶モニターが装着されており、フライト中テレビや映画を見たり、現在地や高度、外気温などを確認出来るのです。

777_08

ちなみにB777-300はB777-200のストレッチ型として、機体の全長はジャンボという愛称で親しまれているB747-400より3.2メートルも長いのですよ。細長い胴体なので空港でも見分けやすいと思います。

777_05

左右非対称のカラーリングはこのレインボーセブンが世界で唯一のものだったそうです。レインボー(虹)がまるで機体をぐるぐる巻きにしたようなデザイン、これを考えた中学生、ホント良いセンスをしていますね。しかし現在はJALに統合され、JALのアークデザインに変わっていますので、もうこのデザインでは見る事が出来ません。

DATA : NIKON D2H + AF VR ED 80-400mm/f4.5-5.6D

2008年11月13日 (木)

JAL整備工場(2)

Img_0046
Canon IXY DIGITAL 920 IS

エンジンの整備、一番重要なところでしょうね。分解整備が必要な場合はエンジンを取り外してエンジンメンテナンスセンターへ送り、外した機体には整備済みの完璧なエンジンを取り付けます。

Img_0054
IXY DIGITAL 920 IS

こんなアングルで普通は撮影出来ませんですよね。35ミリ換算、28ミリの焦点距離でも画面に入り切りません。下から見上げるA300-600Rは迫力がありました、感動です。(笑)

Img_5082
Canon PowerShot G7

ハンガーの出入り口から撮影しました。しかし左右に車が駐車していたので、車と車の隙間からの撮影です。ほんの一瞬のタイミング。ハンガーから外へ出ると滑走路扱いの為、私のような見学者は違法行為になり、一歩も外へ出られません。それでも事実上、グラウンドからランディングシーンを撮影出来たのですから、感激です!

Img_0055
IXY DIGITAL 920 IS

ハンガーに入る時はヘルメット着用が義務です。お返しする時、記念に撮影しました。(笑)

Img_0007
IXY DIGITAL 920 IS

DC-9のコックピットです。もう・・・何が何だか・・・。その点、車の計器は簡単でいいですね。(笑)

Img_0001
IXY DIGITAL 920 IS

これは整備士有志の方で作られたラジコン機。ちゃんと飛ぶそうです。かなり大きかったです。確か全長 3メートル。

Img_0010
IXY DIGITAL 920 IS

こちらは今秋デリバリーされるはずであったボーイング社の新型機、B787の模型。残念ながら来秋に予定が延びたそうです。早く乗りたかったのですが。ちなみにこのB787の翼はプラスティック製だそうです! 炭素繊維を樹脂で固めてあるそうで、強度十分でありながら軽いという事でした。

Img_0004
IXY DIGITAL 920 IS

以前、放送されていたテレビドラマ、「アテンションプリーズ」のポスターが貼ってありました。主役のタレントさんのサイン入りです。私はこのドラマ、見ていないのですが。

Img_5057
PowerShot G7

お礼を言って建物玄関から外へ出ると、ご覧の光景です。タキシング中の飛行機が直ぐ目の前を通り過ぎて行くんですよ。第1ターミナルのスポットを出たJAL機が、海側ランウェイ Cコース 34Rエンドに向かってタキシングして行くところです。

Img_5100
PowerShot G7

前方がランウェイ 34Rエンド付近です。右のANA機がテイクオフの指示を待っているところ。左は順番待ちのANA機。普段、撮影出来ないところから撮影出来、感激の時間でした。帰りにはちょこっとお土産を頂いて帰って来ました。

2008年11月12日 (水)

JAL整備工場

Img_0019

昨日は羽田へ行って日本航空の整備工場(第一と第二)を見学して来ました。以前から一度ハンガーに入ってみたいと思っていたので、今頃実現しました。二つのハンガーの面積を合わせると東京ドーム三個分に相当するそうです。このハンガーの前はAコースのランウェイなので、次々飛行機が降りて来ています。

Img_0018

あの大きい旅客機がまるでプラモデル、とはオーバーですが、ラジコン機に見えるほど広いです。これはボーイング 777のエンジンです。上に整備士の方が乗っていますので、大きさを想像して下さい。

Img_0012_2

こちらはボーイング 767です。ハンガー内部はラベンダー色に統一されているのですが、これは目に優しいということで使われているそうです。この767、胴体内部がほとんど空洞でした。

Img_0016

その767の前に置いてあったパーツ。座席が沢山置いてありますが、向こう側の白いシートを被せてあるのが「クラス J」に使われるやや高級な座席です。先日の高松往復は、私も「クラス J」にゆったりと座って行って来ました。

Img_0017

番号が見える各シャッターですが、これ一枚でなんと25トンあるそうです。

Img_0039

こちらは第二の方です。これは佐川急便さんの所有機でしたが、塗装を変えて売却されるそうです。

Img_0025

Img_0042

飛行機自体はエアバス A300-600Rを貨物機に改造しています。このエンジン、扇風機の羽のように見えるパーツ、これ一枚で700万円です! で、エンジン一基は 10億円です。ジャンボジェット、ボーイング 747のエンジン一基の馬力が2万5千馬力。四基あるので合わせて 10万馬力という事になります。

ビデオ映像で見たのですが、ボーイング 777のエンジン後方 20メートルにワンボックスの車を置いてエンジンを回したら、なんとその車が横転しながら飛ばされてしまったのです。驚きましたねぇ・・・。もっともエンジンブラストにそのくらいの力がなかったら、あの大きく重い飛行機が離陸出来ないですよねぇ・・・。

つづく

DATA : Canon IXY DIGITAL 920 IS

2008年11月10日 (月)

二人の椿三十郎

Tsubaki_02

東宝映画「椿三十郎」2007年製作
監督 森田芳光
出演 織田裕二、豊川悦司、中村玉緒、藤田まこと、小林稔侍、松山ケンイチ、西岡徳馬 他

映画「椿三十郎」といえば、映画ファンなら知らぬ者はいないと言っても過言ではない、巨匠 故黒澤明監督の娯楽時代劇としてあまりにも有名な作品ですね。昨年秋、その黒澤作品のうち三本がテレビと映画で当時使われた脚本を使い、カット割り迄黒澤作品に忠実にリメイクされました。その三本とは「天国と地獄」「生きる」「椿三十郎」です。

さて、映画として本格的に製作されたのが「椿三十郎」。主役 椿三十郎にはなんと織田裕二さんが演じていますが、昨秋、本ブログで私は「ちょっとイメージが違うなぁ・・・」と書いております。結局劇場に観に行く事はなかったのですが、幸い最近CSデジタルハイビジョン放送で放映されましたので観てみました。オリジナルの黒澤作品は1962年1月1日公開されているようで、モノクロ作品。私は何度目かのリバイバル上映の時にようやく観る事が出来た。

Tsubaki_01

これがオリジナル、三船敏郎さん演じる椿三十郎。この作品の前に大傑作「用心棒」が作られており、椿三十郎のキャラクターはその「用心棒」でのキャラクターを引き継いでいますが、話しとしてはまったく繋がりはありません。私がこれらの作品をリバイバル上映で観たのは十数年くらい前だったか。鮮烈な感動を覚えました。

「用心棒」は昨秋、CSデジタルハイビジョン放送されたモノを録画し、大切に保管してあります。録画したモノをすでに二回観ておりますが、繰り返し観ても素晴らしい作品です。で、今日の「椿三十郎」ですが、ともに演じているお二人、三船敏郎さんと織田裕二さんは映画製作時はほぼ同世代との事ですが、申し訳ないですが貫禄が違い過ぎますね。

如何にも武家社会から外れたアウトロー的浪人を完璧に演じている三船敏郎さんに対し、織田裕二さんは家を継ぐ事が出来ない次男坊三男坊で、我がまま言って家を出た坊ちゃん侍、というキャラクターに感じてしまうのですね。森田芳光監督がメガフォンを取った「椿三十郎」もオリジナル脚本(黒澤明、菊島隆三、小国英雄)を忠実に映画化しているので、セリフもほとんど一緒。しかしどうも織田裕二さんのセリフは軽く聞こえちゃうのです。私自身はやはりミスキャストだと思うのですが。

リメイクするにあたって、何も三船敏郎さんのキャラクターまで真似する必要はない、と言われれば確かにそうなのですが・・・。では今、「用心棒」と「椿三十郎」を演じられる役者さんは誰だ? と訊かれても、思い浮かばないですねぇ。三船敏郎さんのキャラクターを超えられる役者さんはいないでしょう・・・。

もう一人大事な役柄が敵方に仕えている剣の使い手、室戸半兵衛。椿三十郎と映画のラストで壮絶な果たし合いをするのですが、オリジナルはこれまた黒澤作品に欠かせない名優、仲代達矢さん。リメイク作品の方は豊川悦司さんです。豊川悦司さんも好演しているのですが、仲代達矢さんの演技を知っている後ではやはり物足りなさが残ってしまいます。

で、オリジナルの果たし合いシーンは黒澤演出の見事さを味わえるこの映画最大の見せ場なんですが、森田芳光監督はこのシーンだけ黒澤作品とは違う演出を取っています。それは観てのお楽しみとして此処では書きませんが、私としては「ちょっと森田監督、考え過ぎだったのではないですか?」という感想を抱きました。

そうそう映画のラスト、「用心棒」では世話になっためし屋の親爺(東野英治郎さん)に、「椿三十郎」では若侍たち(加山雄三さん、田中邦衛さん他)に「あばよ!」と振り向き様に言って颯爽と去って行くのですが、この名ゼリフも織田裕二さんは軽過ぎました。やはり過去の名作をリメイクする事の難しさを痛感した次第です。

2008年11月 1日 (土)

YS-11

Ys11_03

高松空港のランウェイ脇に設けられている公園「さぬきこどもの国」には国産唯一の旅客機、双発のターボプロップエンジンを積んだYS-11が展示されている。今回の高松行きではこのYS-11を間近に見る事も楽しみのひとつでした。しかし残念ながら毎週月曜日は休園日で、中に入る事が出来なかった。出入り口は鎖が有るだけなので、跨いで入ろうと思えば入れましたが、「立ち入り禁止」の札が掲げてあるので礼儀を守って柵の外から撮影するのみに止めました。

Ys11_04

YS-11について改めて調べてみると、初飛行が1962年8月30日ですから、設計は随分昔だったのですね。実際に運用を開始したのが1965年3月30日で、総生産数は182機。2006年9月30日、惜しまれながらすべての旅客運用から退役してしまったのは記憶に新しいところ。しかしながら航空、海上自衛隊と海上保安庁が今も現役で使っています。私の住んでいる横浜から程近い厚木基地では、今も自衛隊機の離着陸を見る事が出来ます。

Ys11_05

機体の塗装を見ると随分綺麗なので、展示する前に多分塗装仕直したのでしょうね。やはり機体前部からも撮影したかったですね。
ラストフライトは日本エアコミューターの沖永良部空港〜鹿児島空港間のフライト。最後まで運行していたのは同社の福岡〜松山、高知、徳島、鹿児島の4路線。二年前、雑誌「月刊エアライン」でYS-11の引退飛行の記事を何回か読んでいた時、福岡か四国に飛んで、退役目前のYS-11に乗りに行こうかと何度も考えていたのですが、実現出来ませんでした。

Ys11_01

この写真は2004年2月、大阪・伊丹空港で撮影したもの。ターボプロップエンジン独特のエンジン音は飛行機好きには堪らない音でした。

Ys11_02

こちらは2004年3月、福岡空港で撮影しています。厚いアクリル板に遮られた展望デッキから撮影していますので、発色にやや難が有りますが、ご容赦を。
最後のフライトはややお祭り騒ぎの様子でしたが、長い間ご苦労様と言ってあげたいYS-11です。

DATA : Canon PowerShot G7, NIKON D2H + AF VR ED 80-400mm/f4.5-5.6D

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »