« イルミネーション 2008 | トップページ | JAL整備工場(2) »

2008年11月12日 (水)

JAL整備工場

Img_0019

昨日は羽田へ行って日本航空の整備工場(第一と第二)を見学して来ました。以前から一度ハンガーに入ってみたいと思っていたので、今頃実現しました。二つのハンガーの面積を合わせると東京ドーム三個分に相当するそうです。このハンガーの前はAコースのランウェイなので、次々飛行機が降りて来ています。

Img_0018

あの大きい旅客機がまるでプラモデル、とはオーバーですが、ラジコン機に見えるほど広いです。これはボーイング 777のエンジンです。上に整備士の方が乗っていますので、大きさを想像して下さい。

Img_0012_2

こちらはボーイング 767です。ハンガー内部はラベンダー色に統一されているのですが、これは目に優しいということで使われているそうです。この767、胴体内部がほとんど空洞でした。

Img_0016

その767の前に置いてあったパーツ。座席が沢山置いてありますが、向こう側の白いシートを被せてあるのが「クラス J」に使われるやや高級な座席です。先日の高松往復は、私も「クラス J」にゆったりと座って行って来ました。

Img_0017

番号が見える各シャッターですが、これ一枚でなんと25トンあるそうです。

Img_0039

こちらは第二の方です。これは佐川急便さんの所有機でしたが、塗装を変えて売却されるそうです。

Img_0025

Img_0042

飛行機自体はエアバス A300-600Rを貨物機に改造しています。このエンジン、扇風機の羽のように見えるパーツ、これ一枚で700万円です! で、エンジン一基は 10億円です。ジャンボジェット、ボーイング 747のエンジン一基の馬力が2万5千馬力。四基あるので合わせて 10万馬力という事になります。

ビデオ映像で見たのですが、ボーイング 777のエンジン後方 20メートルにワンボックスの車を置いてエンジンを回したら、なんとその車が横転しながら飛ばされてしまったのです。驚きましたねぇ・・・。もっともエンジンブラストにそのくらいの力がなかったら、あの大きく重い飛行機が離陸出来ないですよねぇ・・・。

つづく

DATA : Canon IXY DIGITAL 920 IS

« イルミネーション 2008 | トップページ | JAL整備工場(2) »

コメント

珍しいところの写真ですね。初めて知りました。内部は相当な広さと高さがあるみたいですね。
ところでIXY DIGITAL 920 IS?(^_^;)

クッチさん、お早う御座います。
広さはもちろんでしたが、高さもかなりなものでした。旅客機を格納して整備するわけですから当たり前なのでしょうけど。
中は撮影禁止を想定して念のためコンパクトカメラだけ用意して行ったのですが、訊いてみたら「まったく構いません、何百枚でもお撮り下さい」ですって。(笑)

それにしましても見学出来ただけでも凄いです。信用です。岐阜の飛行機工場には航空機に搭載する無線システムの仕事で打ち合わせに行き同じような光景を見ておりますが入るのにチェックが大変でした。昔の話です。身分証明書とか社員証明書を事前に提出してからでした。最も、自衛隊機関連でしたから厳しかったかも知れません。
写真から思い出しました。素晴らしい記録ですね。

鉄道の工場を見学したことがありますが、長さは別として迫力のある画像ですね。
伊丹スカイパークも最近立ち寄った程度航空機に関心はないのですが、精密なつくりにじっくり見せて頂きました。
エンジンや翼、シートに日本製の部品が驚くほど多く使用されている。とのことですが・・・・
航空機もグローバル化しているのですか。
お教え下さい。

OKAさん、こんばんは。
一度ハンガーの中を見てみたい、と思っていましたので少々興奮しました。(笑)
自衛隊機関連では相当チェックが厳しいでしょうね。しかし軽微な点検でも楽に1000万円は掛かるという事ですから、維持費も相当なものです。

tokiwaiさん、こんばんは。
今秋、デリバリーされる予定でしたボーイングの新型機 B787は、日本の企業からも大小問わずかなりのパーツが提供されているようです。というより、ボーイング社だけで製造するのではなく、各国の企業との共同生産ですね。考えてみれば工業製品、パソコンから飛行機、船に至るまで、もう一社だけでやって行ける時代ではないのだと思います。

こんにちは。
見学ができるんですね。知りませんでした。撮影OKなのは製造工場ではなく整備工場だからでしょうか。製造工場だと航空機でなくても撮影はNG(というか入り口でカメラ付き携帯も取り上げとか)ですからね。

ビワさん、こんばんは。
おっしゃる通りだと思います。整備工場ですからね。
これが製造工場だと社外秘が沢山あるでしょうから、見学は無理でしょう。
それでも興奮しました。(笑)

某航空会社の整備士が友人におります。横浜におります。
もう、70歳なんですが、技術者がなかなか育たなくて、やめれないとの事です。並大抵の技術ではないと思えています。もっとも、技術と歳は関係ないですが。

OKAさん、70歳でまだ現役で頑張っておられる方、素晴らしいですね。

飛んでいる飛行機かと思ったら
整備工場なんですね。

四機で十万馬力!
でも、日本にはもっと凄い物が有りますよ♪
ランラン、ララ~ラ、ラン、ラララ、ラララ!
知ってます?

値段は知りませんけどね(*^_^*)

konekoさん、こんばんは。
羽田と言えば飛行機撮影と思いますよね。今回は整備工場でした。
> ランラン、ララ~ラ、ラン、ラララ、ラララ!
何を言ってるんだろう・・・?と、しばらく考えちゃいましたよぉ~・・・。以前、彼岸花の遊び方も問い掛けられたままお教え頂いていないし・・・(笑)。
でも今回は十万馬力で分かりました。鉄腕アトムではないですか? ピンポンでしょ?(笑)

うむう・・。羨ましい・・。
僕も行きたいです。

ritomoさん、こんばんは。
楽しさと興奮の時間でした。それと感激と・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イルミネーション 2008 | トップページ | JAL整備工場(2) »