« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

名画座

Cf80_15

今年最後の写真はフィルムで撮影したものを。撮影は映画ポスターの上映期間をご覧頂ければお分かりのように12月中旬です。北海道・美瑛でフィルムを装填したままトラブルで撮影出来なかったカメラで撮影しました。当然、旭川空港でX線検査を通ったフィルムです。問題なかったようですね。

Cf80_16

名画座。最近、こういった劇場で映画を観ていないなぁ・・・。大きな劇場でロードショー公開されるような一般的人気のある映画と違って、少々玄人好みといいますか、地味な映画を二本立てくらいで上映しているようなわりと小さな映画館。営業としてやっていけるのかな? と、余計な事を思っちゃいますね。でも、映画ファンは応援してあげないといけないですよね。

さて、2008年も今日で終わります。今年一年、お付き合い下さいまして有難う御座います。来年三月にはこのブログも満二年になります。なんとか今まで通り更新して行きたいと思っておりますので、引き続きお付き合い下さいますよう、よろしくお願い致します。
どうぞ皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

DATA : HASSELBLAD 503CW + Planar T* CF 80mm/f2.8, Kodak E100VS

2008年12月30日 (火)

暮れの日比谷公園

Hibiya_06

銀座ソニービルに行く前、日比谷公園に寄った時のスナップ写真を今日はご覧頂きたいと思います。休日のせいか、親子連れが目立ちました。さすがにサラリーマンは居ません。

Hibiya_01

驚いた事にまだバラが咲いていました。さすがに少々痛んでいますが、健気ですね。名前はなんと「ミスター・リンカーン」でした。

Hibiya_02

雲形池のカモです。今は何処の池でもカモが見られますね。

Hibiya_03

レンズを向けたら「照れるなぁ~・・・」と頭を掻いていました。(笑)

Hibiya_04

頭上でヒヨヒヨと鳴き声が聞こえるので見上げたらヒヨドリがいましたのでパチリと。

Hibiya_05

ほんの少しでしたが、まだモミジが残っていました。気候が暖かいからでしょうかねぇ?

Hibiya_07

カメラ目線をくれました。(笑)
そうそう、ベンチでお弁当を広げて食べているご夫婦を見ました。ちょっとしたピクニック気分でしょうか。という事で、今日は枚数で勝負でした。(笑)

しかし今年も残すところ今日を含めてあと二日、いよいよ2008年も終わっちゃいますねぇ・・・。

2008年12月29日 (月)

お気に入りカメラ、IXY 920 IS

920_01

昨日に引き続いて今年購入したカメラの中からのお気に入り、今日はキヤノン IXY DIGITAL 920 ISです。旅カメラのサブとしてこの二年余り、PowerShot G7を愛用していましたが、日頃携帯するには少々嵩張るので薄型コンパクトを考え、このデジカメにしました。

一眼レフはニコン製が好きな私ですが、コンパクトタイプは何故かキヤノン製が好きなんです。この920 ISもうるさい事を言わなければ良く写ります。あぁ、うるさく言わなくても良く写りますね。(笑)

920_02
鎌倉・円覚寺

京都に行って来た翌週、鎌倉・円覚寺の紅葉を撮影に行った時の写真です。紅葉を見に来ている人のほとんどがカメラを持っていますが、すっかりデジカメばかりになりましたね。コンパクトタイプで撮影している人も多いです。

920_03

920_05

920_04

以上、同じく円覚寺です。鎌倉の中でも人気のあるところなので、観光客が多いですね。

920_06
みなとみらい 21地区

デジタル一眼など使わなくとも、コンパクトタイプのデジカメでも充分な写りなのに、何故わざわざ大きな一眼レフを使うのでしょうねぇ?(笑)

2008年12月28日 (日)

お気に入りカメラ、ニコン D90

D90_11

ニコン D90、今年九月にベストセラーとなったD80の後継機種として発売された事はご存知の通り。外装はエンプラ製で高級感こそありませんが、兄D300の良さを受け継いだ大変コストパフォーマンスの良いカメラですね。

日頃エンプラ製を嫌った発言をしている私ですが、実売8万円台の価格を考えれば仕方のない事。しかしながら購入以来すっかりお気に入りです。私が購入したのは十月中旬ですが、すでに撮影枚数は2000枚を超えました。ファインダーはペンタプリズムを使用し、視野率はさすがにD300のようにはいきませんが、それでもスクリーンは同じ物を使っているので、ピン山はとても掴み易いです。

コマ速も約 4.5コマ/秒ありますから充分ですし、シャッターを切った感触もこのクラスとしては感じが良いです。そして何より私が驚くのがバッテリーの持ち。とにかく減らないです。旭川に出掛ける前日にフル充電したバッテリーが未だに持っています。

D90_12

フル充電してから通算946枚撮っていますが、まだバッテリーは20%残っています。基本的にRAWで撮っている事と、電車での移動時などに背面の液晶で暇潰しに撮影画像を見ていたりしてもこの残量!

一泊二日程度、或いは二泊三日の撮影旅行でも充分持ってしまうのではないかと思います。コンパクトで軽いですから、持ち歩いていてもまったく負担にならないのもいいですね。と言いつつも、D300とかD700が気になっているのも事実です。(笑)

D90_13
京都、大原三千院

D90_14
北海道、美瑛

D90_15
新宿御苑

DATA : NIKON D90 + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G

2008年12月27日 (土)

イルミネーション 2008(5)

S50_01

昨日は寒風吹きさす中、東京丸の内のイルミネーションを撮影して来ました。いや~・・・寒かったですね。旭川より寒かったのでは? 京都が薄っすらと雪化粧したそうですね。

S50_02

オフィス街という事でしょうか、それほど派手派手のイルミネーションではないですが、仕事帰りのサラリーマン、OLの目を楽しませてくれるのではないでしょうか。多分、昨日が仕事納めの会社が多かったのではないかと思います。

S50_05

わざとピントを外しておりますが、イルミネーションに囲まれながらお茶、食事をするのもお洒落ですね。

S50_04_2

あまりにも寒かったので駅に向かう途中、某有名ビルの中を通らせて頂きました。(笑)

寒くなるとカメラ持って出掛けるのを躊躇しがちになりますが、皆さんもどうぞお体大切に年末を乗り切って下さいませ。

LENS : LEICA Summilux-R 50mm/f1.4 (type I)

2008年12月26日 (金)

冬休み

Img_0232
Distagon T* 35mm/f1.4 (CONTAX)

今日から年末年始の休みに入ったのですが、何か少々気が抜けたようになっております。昨日の朝は夜帰宅後、頑張って50周年を迎えた東京タワーの記念ライトアップを撮影しに行こうと思っていたのですが、仕事から帰って来たら出掛ける気力を失ってしまったのです。仕事最終日という事もあって、いつもより帰宅が遅くなった事も出掛けられなかった原因のひとつではありますが。

同じ長期連休でもゴールデンウィークや夏休みと違って、今年もいろいろあったけど、取り敢えず無事に仕事を終えたんだなぁ・・・という感慨が強いからでしょうかねぇ・・・、モチベーションの上がらない原因は。(笑)

先週19日、Amazonに注文していた「007シリーズ」初のブルーレイディスク(19日発売)が届いています。先ず最初に六作品が発売されたのですが、私が購入したものはその六作品のBOX物。この連休で楽しみたいと思います。ちょこっと画質を確認してみたのですが、やはりDVDとは別物の画質です。音の方も一段と音質アップ。残りの作品の発売が楽しみです。

さて、肝心の写真撮影は何処に行こうか・・・? でも、大掃除もしないと。(笑)

2008年12月25日 (木)

メリークリスマス! 2008

Xmas_01

昨年に引き続き、横浜からクリスマス・イブの風景をお届け致します。百年に一度の大恐慌と言われている昨今、この影響なのか、昨年ほどの人出ではないようです。みなとみらいの目玉、日本丸に昨年のようなイルミネーションがなくてがっかりでした。経費節減ですかねぇ・・・。

Xmas_02

赤レンガ倉庫前です。昨年も此処で撮影しましたが、今年はイマイチ盛り上がりに欠けるような・・・。

Xmas_03

Xmas_04

ジェットコースターが水の中へ!

Xmas_05

昨年はあまりの人の多さに車道にまで臨時歩道を作ったくらいで、その影響か車の大渋滞だったのですが、今年は歩道もやや余裕があるくらいでした。昨年はもう少し早い時間帯に撮影していたので、その違いがあるのでしょうか?

さて、今日(25日)で私は本年すべての仕事を終え、明日から一月四日まで年末年始の休みに入ります。あっという間の一年でした。特に十二月は一日一日が早く感じますね。

DATA : NIKON D90 + AF-S 50mm/f1.4G, ISO 1600

2008年12月24日 (水)

イルミネーション 2008(4)

Afs50_20

昨日は新宿南口、高島屋タイムズ・スクエアのイルミネーションを撮影して来ました。イルミネーション・サーカスとサブタイトルが付いているように、動物を模ったイルミネーションが幾つかありました。

Afs50_21

休日の夜という事で、見物客が多かったですねぇ。反対側のイルミネーションはすでにご紹介済み。

Afs50_22

これは何でしょうか? そうですね、象です。

Afs50_23

ライオンが火の輪をくぐり抜けるところのようですね。

Afs50_25

ちょっとクモの巣を思わせるイルミネーション。

Afs50_24

なかなか楽しいイルミネーションが多かった高島屋タイムズ・スクエアでした。こういった様々なイルミネーションを楽しめるのも後僅かですね。先日のカレッタ汐留はクリスマスの25日迄ですから。

DATA : NIKON D90 + AF-S 50mm/f1.4G, ISO 1600

2008年12月23日 (火)

マシカク冩真機でお散歩(2)

Cf80_06

昨日は帰宅後、すぐにまた出掛けましたので、コメント頂いた方々にはお返事が遅くなりましてお詫び致します。仕事上で大変お世話になっている方と忘年会、というより食事しながらの四方山話をしておりました。二軒居酒屋を回り、結局帰宅したのは午前二時過ぎ、帰るなりバタンキューと寝入ってしまいました。(笑)

Cf80_10

先週金曜日もお誘いを受けて気の合った数人と忘年会がありました。まぁ、こういう飲み会は休みの前日に開かれる事が多いのですが、夜の繁華街はさすがに今の時期は忘年会帰りと思わせる人たちでごった返していますね。史上稀に見る不景気のようで、お酒で気を紛らわせている人もいるのでしょうか。残念ながら私はまったくのゲコで、こういった飲み会はいつもウーロン茶でお付き合いしております。(笑)

Cf80_11

お酒がお好きな方、どうぞ飲み過ぎて体調を崩したりする事のないようお気を付け下さい。今日は寒いですねぇ・・・。せっかくの休日、さて今日はどうしようか・・・?

DATA : HASSELBLAD 503CW + Planar T* CF 80mm/2.8, Fuji PRESTO 400

2008年12月22日 (月)

マシカク冩真機でお散歩

Cf80_04

先日の美瑛に持参した中判カメラが、ちょっとしたトラブルで撮影不能に陥った事は美瑛の項で書きました。しかし帰宅後、すぐに復帰しました。原因は他愛もない事でしたので。フィルムバックにはリバーサルフィルムを装填済みで、空港のX線検査を通しているのですが、お散歩写真にそのまま使う事に。

Cf80_05

装填してあったリバーサルフィルムを撮影した後、久しぶりに今度はモノクロフィルムを装填。横浜・伊勢佐木町通りを中心に歩いたのですが、ついつい撮影対象は路地裏になってしまいますね、私の場合は。(笑)

Cf80_07

やはりマシカク写真が好きな私は、ファインダーを覗いてフレーミングしている時が一番楽しいです。ここしばらくデジタル撮影の機会が多かったわけですが、中判の大きなファインダーは気持ちが良いです。これで傑作が撮れたら最高なんですが、現実はそう簡単にはいかないですね。(笑)

DATA : HASSELBLAD 503CW + Planar T* CF 80mm/f2.8, Fuji PRESTO 400

2008年12月21日 (日)

イルミネーション 2008(3)

Shiodome_01

再開発(?)されてからの東京・汐留に初めて行って来ました。カレッタ汐留で開催されている「BLUE OCEAN ”海”のクリスマスイルミネーション」を見るためです。雅楽師で作曲家でもある東儀秀樹氏がプロデュースしたLED 30万球を使ったイルミネーションです。

Shiodome_02

LEDで大海原を表現しているそうですが、何しろ30万球という数に圧倒されまして、私は危うく溺れそうになりました。 (-_*)-☆\(--〆) アホ!

Shiodome_03

LEDの数も多いのですが、人の数も多かったです。
往きは新橋駅から地上を歩いて行ったのですが、帰りは地下から「新橋方面」という表示板に従って歩いていたら、そのまま新橋駅に着いてしまいました。新橋駅から汐留まで地下道で繋がっているのですね。全然知りませんでした。(笑)

LENS : Distagon T* 35mm/f1.4 (CONTAX)

2008年12月20日 (土)

冬の美瑛(3)

Asahikawa_51

寒気が関東地方にも降りて来たせいか、やや気温が低くなって来ました。で、先週行って来た美瑛の雪風景を思い出してしまったので、今日はまたまた美瑛での写真を。いや~・・・我ながら安易ですねぇ・・・。(笑)

Asahikawa_52

ケンとメリーの木です。夏と秋に行った時は観光客でいっぱいだったのに、この日撮影しているのは私ひとりだけでした。(笑) 駐車場にも車は一台もなかったです。おかげで人影を気にする必要がなく、のんびりと撮影出来ました。

Asahikawa_53

なんて事はない写真ですが、真っ白な雪に映っている影に注意を惹かれて撮影したものです。撮影して来た写真をパソコンモニターで見ていたら、また行きたくなってしまいました。困ったなぁ~・・・。(笑)

DATA : NIKON D90 + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G

2008年12月19日 (金)

DC-10の思い出

Dc10_05
マクドネル・ダグラス DC-10-40 伊丹空港

DC-10という旅客機をご存知でしょうか? ご覧のような三発式ジェット旅客機です。両翼に一基ずつ、もう一基は垂直尾翼基部にエンジンがあるという珍しいスタイルのジェット旅客機。双発と四発は良く見ますが、三発は少ないですね。

Dc10_04
伊丹空港

私はこのDC-10のスタイルが好きなんです。ところが2005年10月、日本航空は所有していたすべてのDC-10を退役させてしまいました。私は日本航空のアナウンスを知るや、乗れるのは今のうちという事で、日本航空のホームページ上でDC-10のフライトを調べて退役前に四回も乗ってしまった。(笑)

Dc10_01
関西国際空港

ただこのDC-10、当初は設計上のミス(貨物室ドアの欠陥)、後には整備上の不備から各国で幾つかの墜落事故を起こしていたという問題のあった旅客機です。そのため一時は全世界のDC-10が運行禁止になった事もあるようです。

Dc10_03
伊丹空港

この華やかなデザインのDC-10はJALウェイズのリゾート路線用に運行されていたリゾッチャです。羽田から伊丹行きに乗った時にこのリゾッチャだった事があり、「ラッキー!」と思ったものです。

Dc10_02
伊丹空港

幾つかのバージョンがあるDC-10ですが、DC-10-40型機(航続距離延長型)はノースウエスト航空と日本航空の二社のみが発注したようです。後ろから見るとなかなかのボリュームでしょ?

Dc10_06
関西国際空港

こういう個性的な旅客機がなくなったのは飛行機ファンとしては残念です。現在、新規開発は双発が主流のようで、四発も少なくなっていますね。ジャンボの愛称で親しまれているボーイング B747も徐々に退役が始まっています。

そういう中、客席が総二階建てというエアバス A380、ああいう化け物みたいな大型機は時代の流れに反する、と言っても良いかもしれませんね。ちなみに日本の航空会社はどこも発注していないようです。

DATA : NIKON D2H + AF VR ED 80-400mm/f4.5-5.6D

2008年12月18日 (木)

東京・秋葉原

Cm_15

先日、久しぶりに東京・秋葉原に行って来ました。昨春、ヨドバシさんの秋葉原店に買い物に行った事があるのですが、その時は秋葉原駅~ヨドバシ秋葉原店を往復しただけで電気街を歩いてはいませんでした。今回久しぶりに・・・いつ以来だか自分でも思い出せないくらいです。しかしその変貌振りには驚きました。

Cm_06

パチンコ屋さんが出来ていたのですね・・・。秋葉原とパチンコ屋さん、自分が持っている秋葉原のイメージとはどうしても合点が行きませんですね。大通りに在った銀行もなくなっているし・・・。何より歩道にはメイドさんの格好をした女性があちこちに立っているし・・・。(笑)

Cm_12

このコインロッカーを見て下さい。ここまでやる必要があるのでしょうかねぇ・・・。それとも自分が時代遅れ?

Cm_04

以前はこの歩道を渡って石丸電気さんの本店(写真右奥)輸入盤フロアに良く行ったものでした。一気に十数枚も買い込んだりして・・・。もちろん今でも買い込んだレコード、CDはほとんど持っていますが。

Cm_16

正面のラオックスさんではマイクロ精機の砲金製ターンテーブルを糸でドライヴするアナログプレイヤーを購入したり。それはもう大分前の事ですが。やはり自分にとってはオーディオの街でしたが、久しぶりに歩いてみて、あまりの変わりようにビックリした次第です。

冒頭の写真、ラジオ会館の一階ではオーディオショップの老舗、テレオンさんが未だお店を開いているのに少々驚きました。え? 何か買い物をしたのかって? デジカメ用のメモリとブルーレイ生ディスクの価格相場を調べただけで駅に向かいました。しかし秋葉原は変わりましたねぇ・・・。

DATA : LEICA CM / Summarit 40mm/f2.4, Fuji SUPERIA Venus 400

2008年12月17日 (水)

上野・不忍池(2)

Ueno_13
オオホシハジロ(カモ目/カモ科)

年内残っている仕事日数を数えたら、今日を含めて僅か八日です。いつにもまして十二月は一日一日が早く感じますね。今年一年も休みは写真三昧でしたねぇ・・・。あ、まだ一年を振り返るには早いですかね。(笑)

カモ類は居ついてしまうものと、季節季節で渡って来る(行く)ものとで分かれるようですが、餌が豊富な日本の池や川では住みやすいのかもしれませんね。

Ueno_14
オナガガモ♂(カモ目/カモ科)

冬季になると、夏場には見られないカモが増えて来ますので、見ていると結構面白いものです。カモ類の中でも一番艶やかなのはオシドリの雄でしょうね。よくもまぁ・・・あんな鮮やかな色、デザイン(笑)になったものと思います。自然の不思議さを感じます。

Ueno_17
アヒル(アオクビアヒル)

マガモに似ていますが、こちらはアヒル。調べてみると中国でマガモを飼育して家禽化したものがアヒル。アオクビアヒルとマガモを交配したものをアイガモ(合鴨)と言うそうです。お蕎麦屋さんのメニューに鴨南蛮がありますが、ほとんど合鴨だそうで、更に突き詰めると実際はアヒルの肉だそうな。

実際の合鴨は交雑種であるため、アヒルより体が小さく肉量が少ないのだそうである。繁殖力も劣っていて、成長にも時間が掛かるので食肉用に飼育される事がほとんどないという事で、お蕎麦屋さんの鴨南蛮はアヒルの肉だったとは・・・。でも私は一度も鴨南蛮を食べた事ないのです。ちなみに南蛮とはネギの事を言います。

Ueno_21
マガモ(カモ目/カモ科)

で、こちらがマガモです。良く似ていますでしょう。頭はそっくりですが、体の羽の色が全然違いますね。

Ueno_20

不忍池のオオハクチョウです。(笑) (^_-)-☆\(ーー;)

カモ類は種類が多いので、池に行くような事がありましたらじっくり観察してみて下さい。結構楽しめると思いますよ。

2008年12月16日 (火)

上野・不忍池

Ueno_11
キンクロハジロ(カモ目/カモ科)

東京上野、不忍池にカモが季節的に大分集まっているだろうと思い、カモの撮影に行って来ました。さすがに他のシーズンより増えていますね。

Ueno_12
オナガガモ(カモ目/カモ科)

カモたちに餌をあげる人がいるので、池から上がってくるカモの多い事。野鳥撮影というとカワセミなどを真っ先に挙げる人が多いかもしれませんが、カモもれっきとした野鳥ですね。

Ueno_15
コサギ(コウノトリ目/サギ科)

コサギが小魚を狙っているところに行き当たりました。

Ueno_16

小魚を銜える瞬間です。サギ類は増えているのでしょうか、あちこちで目にするようになりました。先月訪れた京都大原に行く途中、鴨川でもサギ類を多く見る事が出来ました。

Ueno_18
ハシブトガラス(スズメ目/カラス科)

今や人のいるところ、必ずいるのがカラス。不忍池も人間がカモにあげる餌を狙って平気で人のそばに来ます。近くで見ると結構可愛い目をしているんですよ。スズメと同じような目ですから。

Ueno_19

夕陽が辯天堂の後ろを綺麗に染めていたのでパチリと。不忍池は初夏、蓮の撮影で何度か訪れていますが、今年は行ってませんでしたので久しぶりの不忍池でした。池周辺を散歩する人は相変わらず多いですね。

つづく

DATA : Canon EF 70-200mm/f4L USM

2008年12月15日 (月)

月とランドマーク

Tsuki

昨日の写真です。横浜は朝から冷たい雨が降っていたのですが、予報通り午後になってから回復し、夕方前からは青空も見えた。しかし気温は低く、寒かったですね。帰宅すると月とランドマークタワーがいい具合に見えるではないですか。

着替える事もなく、そのまま三脚とカメラを持ち出して撮影しちゃいました。人々の生活の明かりも見えていますが、これはこれで良いのではないかと思っています。

DATA : NIKON D90 + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G, f20, 10sec.

2008年12月14日 (日)

旭川~美瑛 スナップ

Asahikawa_06

羽田空港ランウェイ 34R(海側Cコース)から離陸した際、富士山は随分近くに感じるほど大きく見えたのですが、シートベルト着用サインが消えるまで撮影は遠慮していた。で、消えた直後に撮影したカットがこの写真。デジカメのズームを最大にして撮影してもこの程度。離陸後右へ旋回して行きますので仕方ないですね。

Asahikawa_07

午前9時10分、予定通り旭川空港に到着後、予約していたレンタカーでターミナル真反対に到着。いつも通り自分が乗って来た飛行機(今回はA300-600R)を撮影するためです。ご覧のように一面真っ白、道路も雪が凍っている状態。これがその日の夜半に降った暖かい雨でかなり溶けてしまうのですよね。

Asahikawa_08

Asahikawa_09

JR富良野線 美馬牛駅です。都会の駅とはちょっとイメージが違いますが、ほのぼのとした感じで、ローカルらしさを充分感じます。

Asahikawa_10

この時間帯は前日の天気予報は大きく外れ、ご覧のような快晴。朝、旭川から美瑛に向かって車を走らせていた時、途中で富良野線とすれ違いました。一度乗ってみたいですね。

Asahikawa_11

Asahikawa_12

これが美瑛駅。美馬牛駅より大きいです。駅前は小さなロータリーになっていてタクシーが並んでいるのですが、全然動く気配がなかったですね。

Asahikawa_13

JR富良野線。駅構内には待合室がありまして、ご婦人が一人雑誌を読みながら待っておりました。まるで映画の一場面を見るような雰囲気のある駅です。

Asahikawa_14

で、これが駅前で食した味噌ラーメン。(笑)
唐辛子が利いて少々辛かったですが、美味しかったです。私は辛い食べ物が苦手で、汗を掻きながらの食事。寒いからこういう風にやや辛くして体を温めるのかな・・・なんて思っちゃいました。

DATA : Canon IXY DIGITAL 920 IS

2008年12月13日 (土)

旭川駅前

Asahikawa_01

ホテルに荷物を置いてから旭川駅前ってどんな感じなんだろう・・・と思い、ぶらぶらと歩いてみた。思いのほかこじんまりとした駅でした。地元の方にお聞きしたのですが、いずれすべて高架になるらしく、現在の場所から駅は少し移動するそうです。線路で左右の街が分断されていて、発展の阻害となっているのが現状の旭川駅との事です。

Asahikawa_04

改札口です。午後6時前ですが、案外静かでした。

Asahikawa_05

記念に運賃表をパチリ。北海道で電車に乗ったのは三年前、新千歳空港~札幌駅間を往復した時に乗っただけですね、考えてみれば。

Asahikawa_02

年の瀬らしくイルミネーションに飾られた駅前通り。

Asahikawa_03

有名なブランドショップのディスプレイを撮ってみました。派手派手ですね~・・・。しかしさすがに旭川の夜はしばれましたよ~・・・。(笑)

DATA : Canon IXY DIGITAL 920 IS

2008年12月12日 (金)

ゴールドジェット

Ana_01
ANA B737-700 (JA02AN) 旭川空港

全日空の通称「ゴールドジェット」ことボーイング B737-700です。二日間の美瑛での撮影後、帰る前に飛行機撮影をしようとお昼過ぎに旭川空港に向かった。しかし、山に囲まれているからでしょうか、ころころ変わる美瑛周辺の天気。美瑛を後にした時にはそこそこ晴れていたのですが、空港に向かう途中からあっという間に雨に変わってしまったのです。

参ったなぁ~・・・と思いながらも撮影ポイントに到着。車内で時間を潰していると雨も小降りに。よ~し・・・と、ほくそ笑みながら時刻表を確認。何気なく左を見るとなんとまたまた虹が出ているではないですか!

Ana_07

ランウェイ 16エンド付近(ターミナルに向かって滑走路左端)左に見える虹、今飛行機が降りて来てくれればなぁ・・・と思ったものの、残念ながらそういう時間帯ではないのです。まぁ、そうこちらの都合通り上手くは行かないもの。おまけに前夜の雨で雪もかなり溶けてしまっており、冬の雰囲気も消えてしまってます。

Ana_02

午後2時半過ぎ、中部国際空港 12時50分発のANA B737-700がほぼ定刻通り飛来して来ました。実はこのポイントで地元三人の方々とお知り合いになり、いろいろと情報などを頂いた。私がまだANAのゴールドジェットを撮影した事がないんですよ、と言ったところ、「此処にはたまに来ますよ」という事をおっしゃっていたのです。

Ana_03

そうしたらなんと降りて来たのがゴールドジェット! 嬉しかったですねぇ・・・。まさか旭川で念願のゴールドジェットを撮影出来るとは思っていませんでしたので。羽田ではまったくお目に掛かっていないのです。

全日空がボーイングの最新鋭機 B737-700を受領した際、1号機と2号機にラッキーカラーのゴールドに記念塗装を施しています。そのうちの2号機が今回撮影したゴールドジェットです。座席数は120席、最大高度12,500m、巡航速度830km/h、航続距離4,900kmという仕様です。

Ana_04

午後3時15分、折り返し中部国際空港へ向けてタキシングを始めたゴールドジェット。この時間帯の旭川は夕刻といっても良いくらいで、オレンジ色の夕陽を浴びてゴールドジェットは一際ゴールドが輝いて見えます。

Ana_05

ランウェイ 16からテイクオフするゴールドジェット。大きなウィングレットが目立ちます。そして私の目の前を飛んで行く際、撮影したカットが冒頭の写真です。私にとってはこのゴールドジェットを撮影出来ただけでも旭川に来た甲斐がありました。

DATA : NIKON D90 + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G

2008年12月11日 (木)

冬の美瑛(2)

Biei_27
AF-S DX ED 18-55mm/f3.5-5.6G II

今日は美瑛、二日目の写真。白樺林に朝日が差し、雪の上に作られた影に惹かれてパチリと。

前夜、ホテルのテレビで天気予報を見ると翌日は曇り予報。ところが夜半から雨に変わり、早朝4時過ぎに起きて窓から外を見ると相変わらず雨。これは美瑛での夜明けのシーンは望めないと思い、再びベッドに入ってしまった。これが大失敗のもと。(笑)

Biei_28

二度寝して目が覚めたら7時半過ぎ。窓のカーテンを開けて外を見てみると、ええ~・・・! なんと空は見事な青空。大慌てで身支度をし、ホテル(旭川駅近く)駐車場から車を出して美瑛へとスピードアップ。沿道は除雪した雪が山を作ってました。

先日テレビで見た米美知子さんの八甲田での撮影風景、夜明けのシーンを撮るため雨にも拘わらず晴れるかもしれない、と一縷の望みを持って出掛け、見事に朝日を浴びた黄葉の素晴らしいシーンを収めていました。

それに引き換え自分は雨だ・・・と、さっさと諦めて寝入る始末。これでは傑作が撮れるわけないですね。(笑)

Biei_31

八月、十月に来た時はカメラマンでいっぱいでしたが、今回はまったくカメラマンは見ませんでしたね。というより、車自体滅多にすれ違わないくらいだったのです。こんな時季に来る物好きは私一人くらいかな?(笑)

Biei_29

こういうところは北海道らしい雄大な景色だと思います。

Biei_30

これを写したレンズ、それほど高価格なズームレンズでもないのに、逆光に強い事に驚きます。雑誌のテストでも上級レンズを凌駕していましたが、ホントですね。写真の方は雪の大地があまり綺麗でないので、必要最小限にカットしました。

DATA : NIKON D90 + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G

2008年12月10日 (水)

冬の美瑛

Biei_20
旭川空港

冬の美瑛を撮影したく、今年三度目の北海道へ行って来ました。自分が住んでいる横浜とは気温差が相当あるので防寒対策も万全にして羽田から再び旭川空港へと飛んだ。
先ずはお決まりの自分が乗ってきた飛行機を撮影。今回も高松へ行った時と同じエアバス A300-600Rです。要するに旧日本エアシステムの路線という事なんですね。ご覧のように一面真っ白です。

Biei_21

今回も十月と同じく空港からレンタカーで美瑛へと向かう事に。多少雲は多いものの、晴れていて雪の白さとのコントラストが最高でした。

Biei_23

前田真三さんの写真でお馴染みの美馬牛小学校、写真集のように遠くから見た方が雰囲気のある塔なんですけどね。さて、この晴れ間、旭川空港到着が午前9時10分でしたが、それから僅か2時間ほどしか持たなかったのです。11時を回るとどんどん厚い雲に覆われてしまうのです。

Biei_26

せっかく到着したばかりなのだから、もう少し晴れていてくれればいいのに・・・と、こちらの思いは伝わらず、とうとう雪が降ってきたのです。

Biei_22

で、ご覧のような景色。これはこれで横浜では見る事の出来ない風景ですけどね。(笑)

Biei_24

しかし久しぶりに雪道を運転しましたが、最近の車には標準で装備されているアンチロック・ブレーキ・システム、ABSが雪道を走行してみてこの機能が悪路で非常に有効だという事を実感しました。(笑)

Biei_25

実は美瑛とくれば前田真三さんへのオマージュとして、ハッセルブラッドで撮影したいので今回もメイン機材として持参したのですが、トラブルで一コマも撮影出来ず。一気にモチベーションが下がってしまい、がっくりです。原因は分かっているので精密ドライバーが有れば、と思うも持っていないし。

用意していたフィルム八本はそのまま持って帰って来る事に。そのうち一本はフィルムバックに入ったままですが。(笑)
仕方ないので飛行機撮影用として持参していたニコン D90で撮影することになりました。あぁ~・・・。

DATA : NIKON D90 + AF-S DX ED 18-55mm/f3.5-5.6G II + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G

2008年12月 8日 (月)

イルミネーション 2008(2)

Afs50_06

暮れに入って、そこかしこで華やかなイルミネーションに飾られた街並みを見る事が出来るようになりました。写真自体は昨日の続きになりますが、今日はイルミネーションに的を絞った写真を掲載します。場所は横浜・みなとみらい21地区です。

Afs50_07

この写真、木々に飾られた電飾が滲んでいるように見えますが、この日は風が強かったので枝が幾らか揺れているのです。シャッタースピードが遅いのでクッキリハッキリではないですが、返って雰囲気が出たように感じるのですが、自画自賛でしょうか?(笑)

Afs50_08

江ノ島の「恋人の丘」のような鐘が設えてありました。なかなかお洒落なイルミネーションですね。

Afs50_09

電飾に飾られた木々の間を歩くカップル。

Afs50_10

此処は遊園地がありますので、この日は週末という事で遅くまで家族連れで賑わっていました。

Afs50_11

なんとゴールデンウィークに撮影した外人の大道芸役者さんが芸を披露しておりました。相変わらず言葉巧みに観衆を惹きつけています。横浜近郊の方、是非みなとみらいにお越し下さい。楽しめると思いますよ。

DATA : NIKON D90 + AF-S 50mm/f1.4G, ISO 200

2008年12月 7日 (日)

AF-S 50mm/f1.4G

Afs50_01

昨日の土曜日、入手したばかりのニッコールの新型標準レンズ AF-S 50mm/f1.4Gを持って、さっそく横浜・みなとみらい21地区で撮影して来た。新設計で発売されるニッコールは超望遠とマイクロレンズを除いてズームレンズばかりで、単焦点を愛好する私としては不満が募るばかりでした。

Afs50_02
(メリーゴーランド)

ニッコールの単焦点はAFレンズと言えども設計が少々古く、デジタル時代に即したAF-Sによる新設計の単焦点レンズを私は待ち望んでいたのです。そしてようやく、本当にようやくAF-S(超音波モーター内蔵)による新設計で標準50mmレンズが登場した。鶴首していた私は早速購入しました。

Afs50_03

レンズデザインは少々ずんぐりむっくりで、フィルター径も従来のAF 50mm/f1.4Dより少し大きくなり、58mmとなっています。キヤノン EF 50mm/f1.4と奇しくも同じになりましたね。

Afs50_04

この新50mm/f1.4に続いて、自分の希望としては35mm/f1.4、85mm/f1.4と登場を願いたいのですが、一部情報によると35mmはf1.4ではなく、f1.8らしいとの事です。しかし、やはり他社と同じくf1.4を早く期待したいですね。

Afs50_05

さて、最後の写真はご覧になりたい方が多いと思いますので(笑)、絞り開放で撮影したカットをお見せしましょう。ピントは真ん中の木に合わせております。使用したカメラがAPS-Cセンサー搭載のデジタル一眼なので、ご存知のように50mmレンズでありながら75mmレンズ相当の画角になってしまいます。フルサイズ、若しくはフィルム撮影してみないと周辺の描写が分からないので、今日の写真は参考程度にご覧下さいませ。

DATA : NIKON D90 + AF-S 50mm/f1.4G

2008年12月 6日 (土)

携帯カメラ/シャープ W64SH

Sh370002

携帯カメラと言っても普段携帯するカメラ(デジカメ)という意味ではなく、携帯電話に内蔵しているカメラの事です。上の写真は今月3日に買い換えたばかりの携帯で撮影した写真です。撮影時間は昨日の午後9時前。夜ですからシャッタースピードはあまり速くないと思います。ヨドバシさんで買い物をした後、ちょこっとテスト撮影させて頂きました。私、携帯を使って写真を撮る事はあまりなく、どちらかというとカメラ機能を省いて携帯電話オンリーで価格を安くして頂きたい、という口なんです。

私が勤務している会社は「au」の代理店(メインの仕事ではないですが)も兼ねており、当然自分が使う携帯はauになってしまうわけです。まぁ時折り、社員購入割引セールで一般の方が知ったら目くじらを立てられてしまうような格安で購入出来る事もあるのですが。(笑)

Au

上記写真、上の黒い方が今回買い換えた機種で、最近発売されたシャープのAQUOS ケータイ W64SH。液晶サイズは3.5インチ フルワイドVGAで、内蔵のカメラは520万画素。レンズは35ミリ換算29mmの広角レンズです。更にステレオスピーカー搭載と来ていますから、およそ携帯電話とは思えないです。(笑)
ちなみに下に写っている携帯が今まで使っていたものですが、これでも液晶は3インチあります。

さて、肝心のカメラとしての写りですが、愛用の24インチ iMacのモニターでチェックしましたが、これがあまり信用していなかった携帯電話に付属しているカメラで撮影したものかと驚いてしまった。オリジナルは2560x1920ドットですが、800x600に縮小したのが冒頭の写真。なかなかシャープ(駄洒落ではないですよ)に写っているのではないかと思います。

800万画素のカメラを内蔵した携帯もありますが、このシャープの携帯も顔検出機能、手ぶれ補正機能付き、おまけにスポットAFで任意のところにAFを合わせられ、ほとんど単体のデジカメ並みです。今まで携帯のカメラではほとんど撮影しなかった私ですが、今回の撮影結果を見て、デジカメを持っていない時はこの携帯を充分活用しようと思った次第です。

2008年12月 5日 (金)

フィルムの残り

50aej_13

先週の京都紅葉撮影、D90によるデジタル撮影が中心でしたが、実はフィルムで一本だけ撮影しておりました。正確には一本全部撮影することなく、少々残っていたのです。で、京都からの帰り、横浜駅で現像に出す際、どうせなら残りを使ってしまおうと横浜駅前を撮影して現像を依頼しました。その時のカットが今日の写真。

50aej_05

正直疲れていたので手当たり次第パチパチと撮りました。と言っても残りの10カットくらいですが。しかしろくでもない写真になってますね。なら載せるな、という声が聞こえて来そうです。(笑)

50aej_07

このイルミネーションは開放で 1/4秒くらいだったはず。無謀ですね。ブレてます。(笑) 周辺にはコマ収差が伺えます。
でも紅葉の写真はデジタルとはまた違う感じで、フィルムもやはり良いですね。

DATA : CONTAX RX + Planar T* 50mm/f1.4 AEJ, Kodak EBX

2008年12月 4日 (木)

晩秋の新宿御苑(2)

Gyoen_02
Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH.

昨日の続き、新宿御苑です。紅葉のシーズンという事で、御苑もまたカメラを持った人が大勢おりました。春の桜ほどではないにしても、人気のあるところですね。

Gyoen_03
Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH.

で、こんな写真を撮るのは私だけ。(笑)

Gyoen_04
Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH.

何処かの写真教室、若しくは写真愛好会なのか、ご年配の男女によるグループを何組か見掛けました。皆さん、熱心ですね。この写真を撮ったところにも10人くらいのグループがひしめき合っておりました。

Gyoen_05
Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH.

ヒガンバナ科のスイセン、ペーパーホワイトです。実はもっと形良く集まっていたところがあったのですが、その前でひとりのカメラマンがじっと動かないので撮影を終わるのを待っていました。しかし動きそうもないので他をざっと周ってからもう一度此処に来たのですが、相変わらずそこから動いていませんでした。(笑)やむなく少し離れたところで撮影したのが上の写真。

Gyoen_10
Planar T* 50mm/f1.4 AEJ

お気に入りの日本庭園。多分、渡って来たのだと思うのですが、他のシーズンでは見掛ける事のないキンクロハジロ(カモです)がいました。餌を取るためかなり長い時間潜水するので、傍にいた女性たちがキャッキャ言いながら驚いておりました。(笑)

2008年12月 3日 (水)

晩秋の新宿御苑

Gyoen_01
Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH.

また紅葉か・・・って言われそうですが、今日は必ずしも紅葉の写真だけではなく、自分が贔屓にしている新宿御苑を散歩しながらの写真という事で。
この写真を撮ってから気が付いたのですが、お隣で肩が触れ合うような傍で写真家の三輪薫さんがEOS 40Dにマクロレンズで撮っておられました。左手で小枝を押さえ、右手だけで撮影でした。

Gyoen_06
Planar T* 50mm/f1.4 AEJ

お馴染みの旧御涼亭。新宿御苑にはもう何回入ったか分かりませんが、旧御涼亭の中に入ったのは僅か一回だけ。中から外を見るのも悪くないんですけどね。

Gyoen_07
Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH.

こういう写真も好きで良く撮ります。これも紅葉だと思いますので。

Gyoen_08
Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH.

これを撮っていた時、如何にも季節の移ろいを感じたのでした。

Gyoen_09
Apo-Summicron-R 90mm/f2 ASPH.

こういうところに私は晩秋を感じるのですが、如何でしょうか?

2008年12月 2日 (火)

紅葉・・・(6)

150mm_03
鎌倉・円覚寺

先週の休日は京都まで紅葉を撮影しに行って来ましたが、今秋の休日は鎌倉の円覚寺に行って撮影して来ました。今回はフィルム撮影が中心。サブにコンタックス T2とコンパクトデジカメ。少々欲張り過ぎたかな?(笑)

150mm_12

円覚寺は横須賀線、北鎌倉駅を下車した直ぐの駅前。交通の便が良いので大変行きやすい。そういえば昨年も此処に来ていますが、今年以上に紅葉は終わっていた。今回もピークは過ぎていましたが、昨年よりはまだ良い方でした。

150mm_07

今回自分は久しぶりにハッセルブラッドを持ち出しましたが、同じくハッセルブラッドを使っている方をおひとり見掛けました。しかし老若男女、使っているカメラはほとんどデジタルカメラ。それもデジ一眼が増えましたね。デジタル、便利ですからねぇ・・・。

150mm_01

鎌倉の中でも人気のあるお寺が円覚寺、紅葉時季という事もあって相変わらず観光客が多かったです。しかし皆さんカメラを持っていますね。あ、自分もか。(笑)

DATA : HASSELBLAD 503CX + Sonnar T* 150mm/f4, Fuji PROVIA 100F

2008年12月 1日 (月)

ポケモンジェット

Pokemon_02
羽田空港

先日、リクエストのありましたポケモンジェットを今日はご覧頂きたいと思います。ポケモンジェットとはポケットモンスターのキャラクターをカラーリングとしている全日空の旅客機です。私も数回乗っております。

Pokemon_01
伊丹空港

搭乗すると記念にポケモンの絵葉書などを頂いたり出来ます。国内線のポケモンジェットに使われている機材はB747-400DとB767-300の二機種。私は運良く両方とも乗る機会がありました。上の写真がB767-300です。

Pokemon_11
沖縄・那覇空港

こちらはピカチュウジャンボと呼ばれています。黄色がベースになっていますから、遠目からも目立ちます。

Pokemon_05
城南島

視界の悪い雨に煙る中をランウェイ 22にアプローチして来たピカチュウジャンボ。

Pokemon_04

Pokemon_07
羽田空港

Pokemon_10
羽田空港

こちらは尾翼だけで申し訳ないのですが、お花ジャンボと呼ばれ、花に因んだポケモンが描かれています。

Pokemon_03
伊丹空港

Pokemon_06
羽田空港

旅客機の塗装、基本は自社の決まった統一のカラーリングですが、何かを記念した特別塗装機が期間限定で空を飛んだりしますので、飛行機好きはそういった特別塗装機を撮影する楽しみも結構大きいです。或いはその特別塗装機に乗る事も・・・。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »