« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月23日 (火)

マシカク冩真機でお散歩(2)

Cf80_06

昨日は帰宅後、すぐにまた出掛けましたので、コメント頂いた方々にはお返事が遅くなりましてお詫び致します。仕事上で大変お世話になっている方と忘年会、というより食事しながらの四方山話をしておりました。二軒居酒屋を回り、結局帰宅したのは午前二時過ぎ、帰るなりバタンキューと寝入ってしまいました。(笑)

Cf80_10

先週金曜日もお誘いを受けて気の合った数人と忘年会がありました。まぁ、こういう飲み会は休みの前日に開かれる事が多いのですが、夜の繁華街はさすがに今の時期は忘年会帰りと思わせる人たちでごった返していますね。史上稀に見る不景気のようで、お酒で気を紛らわせている人もいるのでしょうか。残念ながら私はまったくのゲコで、こういった飲み会はいつもウーロン茶でお付き合いしております。(笑)

Cf80_11

お酒がお好きな方、どうぞ飲み過ぎて体調を崩したりする事のないようお気を付け下さい。今日は寒いですねぇ・・・。せっかくの休日、さて今日はどうしようか・・・?

DATA : HASSELBLAD 503CW + Planar T* CF 80mm/2.8, Fuji PRESTO 400

2008年12月22日 (月)

マシカク冩真機でお散歩

Cf80_04

先日の美瑛に持参した中判カメラが、ちょっとしたトラブルで撮影不能に陥った事は美瑛の項で書きました。しかし帰宅後、すぐに復帰しました。原因は他愛もない事でしたので。フィルムバックにはリバーサルフィルムを装填済みで、空港のX線検査を通しているのですが、お散歩写真にそのまま使う事に。

Cf80_05

装填してあったリバーサルフィルムを撮影した後、久しぶりに今度はモノクロフィルムを装填。横浜・伊勢佐木町通りを中心に歩いたのですが、ついつい撮影対象は路地裏になってしまいますね、私の場合は。(笑)

Cf80_07

やはりマシカク写真が好きな私は、ファインダーを覗いてフレーミングしている時が一番楽しいです。ここしばらくデジタル撮影の機会が多かったわけですが、中判の大きなファインダーは気持ちが良いです。これで傑作が撮れたら最高なんですが、現実はそう簡単にはいかないですね。(笑)

DATA : HASSELBLAD 503CW + Planar T* CF 80mm/f2.8, Fuji PRESTO 400

2008年12月20日 (土)

冬の美瑛(3)

Asahikawa_51

寒気が関東地方にも降りて来たせいか、やや気温が低くなって来ました。で、先週行って来た美瑛の雪風景を思い出してしまったので、今日はまたまた美瑛での写真を。いや~・・・我ながら安易ですねぇ・・・。(笑)

Asahikawa_52

ケンとメリーの木です。夏と秋に行った時は観光客でいっぱいだったのに、この日撮影しているのは私ひとりだけでした。(笑) 駐車場にも車は一台もなかったです。おかげで人影を気にする必要がなく、のんびりと撮影出来ました。

Asahikawa_53

なんて事はない写真ですが、真っ白な雪に映っている影に注意を惹かれて撮影したものです。撮影して来た写真をパソコンモニターで見ていたら、また行きたくなってしまいました。困ったなぁ~・・・。(笑)

DATA : NIKON D90 + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G

2008年12月19日 (金)

DC-10の思い出

Dc10_05
マクドネル・ダグラス DC-10-40 伊丹空港

DC-10という旅客機をご存知でしょうか? ご覧のような三発式ジェット旅客機です。両翼に一基ずつ、もう一基は垂直尾翼基部にエンジンがあるという珍しいスタイルのジェット旅客機。双発と四発は良く見ますが、三発は少ないですね。

Dc10_04
伊丹空港

私はこのDC-10のスタイルが好きなんです。ところが2005年10月、日本航空は所有していたすべてのDC-10を退役させてしまいました。私は日本航空のアナウンスを知るや、乗れるのは今のうちという事で、日本航空のホームページ上でDC-10のフライトを調べて退役前に四回も乗ってしまった。(笑)

Dc10_01
関西国際空港

ただこのDC-10、当初は設計上のミス(貨物室ドアの欠陥)、後には整備上の不備から各国で幾つかの墜落事故を起こしていたという問題のあった旅客機です。そのため一時は全世界のDC-10が運行禁止になった事もあるようです。

Dc10_03
伊丹空港

この華やかなデザインのDC-10はJALウェイズのリゾート路線用に運行されていたリゾッチャです。羽田から伊丹行きに乗った時にこのリゾッチャだった事があり、「ラッキー!」と思ったものです。

Dc10_02
伊丹空港

幾つかのバージョンがあるDC-10ですが、DC-10-40型機(航続距離延長型)はノースウエスト航空と日本航空の二社のみが発注したようです。後ろから見るとなかなかのボリュームでしょ?

Dc10_06
関西国際空港

こういう個性的な旅客機がなくなったのは飛行機ファンとしては残念です。現在、新規開発は双発が主流のようで、四発も少なくなっていますね。ジャンボの愛称で親しまれているボーイング B747も徐々に退役が始まっています。

そういう中、客席が総二階建てというエアバス A380、ああいう化け物みたいな大型機は時代の流れに反する、と言っても良いかもしれませんね。ちなみに日本の航空会社はどこも発注していないようです。

DATA : NIKON D2H + AF VR ED 80-400mm/f4.5-5.6D

2008年12月14日 (日)

旭川~美瑛 スナップ

Asahikawa_06

羽田空港ランウェイ 34R(海側Cコース)から離陸した際、富士山は随分近くに感じるほど大きく見えたのですが、シートベルト着用サインが消えるまで撮影は遠慮していた。で、消えた直後に撮影したカットがこの写真。デジカメのズームを最大にして撮影してもこの程度。離陸後右へ旋回して行きますので仕方ないですね。

Asahikawa_07

午前9時10分、予定通り旭川空港に到着後、予約していたレンタカーでターミナル真反対に到着。いつも通り自分が乗って来た飛行機(今回はA300-600R)を撮影するためです。ご覧のように一面真っ白、道路も雪が凍っている状態。これがその日の夜半に降った暖かい雨でかなり溶けてしまうのですよね。

Asahikawa_08

Asahikawa_09

JR富良野線 美馬牛駅です。都会の駅とはちょっとイメージが違いますが、ほのぼのとした感じで、ローカルらしさを充分感じます。

Asahikawa_10

この時間帯は前日の天気予報は大きく外れ、ご覧のような快晴。朝、旭川から美瑛に向かって車を走らせていた時、途中で富良野線とすれ違いました。一度乗ってみたいですね。

Asahikawa_11

Asahikawa_12

これが美瑛駅。美馬牛駅より大きいです。駅前は小さなロータリーになっていてタクシーが並んでいるのですが、全然動く気配がなかったですね。

Asahikawa_13

JR富良野線。駅構内には待合室がありまして、ご婦人が一人雑誌を読みながら待っておりました。まるで映画の一場面を見るような雰囲気のある駅です。

Asahikawa_14

で、これが駅前で食した味噌ラーメン。(笑)
唐辛子が利いて少々辛かったですが、美味しかったです。私は辛い食べ物が苦手で、汗を掻きながらの食事。寒いからこういう風にやや辛くして体を温めるのかな・・・なんて思っちゃいました。

DATA : Canon IXY DIGITAL 920 IS

2008年12月13日 (土)

旭川駅前

Asahikawa_01

ホテルに荷物を置いてから旭川駅前ってどんな感じなんだろう・・・と思い、ぶらぶらと歩いてみた。思いのほかこじんまりとした駅でした。地元の方にお聞きしたのですが、いずれすべて高架になるらしく、現在の場所から駅は少し移動するそうです。線路で左右の街が分断されていて、発展の阻害となっているのが現状の旭川駅との事です。

Asahikawa_04

改札口です。午後6時前ですが、案外静かでした。

Asahikawa_05

記念に運賃表をパチリ。北海道で電車に乗ったのは三年前、新千歳空港~札幌駅間を往復した時に乗っただけですね、考えてみれば。

Asahikawa_02

年の瀬らしくイルミネーションに飾られた駅前通り。

Asahikawa_03

有名なブランドショップのディスプレイを撮ってみました。派手派手ですね~・・・。しかしさすがに旭川の夜はしばれましたよ~・・・。(笑)

DATA : Canon IXY DIGITAL 920 IS

2008年12月12日 (金)

ゴールドジェット

Ana_01
ANA B737-700 (JA02AN) 旭川空港

全日空の通称「ゴールドジェット」ことボーイング B737-700です。二日間の美瑛での撮影後、帰る前に飛行機撮影をしようとお昼過ぎに旭川空港に向かった。しかし、山に囲まれているからでしょうか、ころころ変わる美瑛周辺の天気。美瑛を後にした時にはそこそこ晴れていたのですが、空港に向かう途中からあっという間に雨に変わってしまったのです。

参ったなぁ~・・・と思いながらも撮影ポイントに到着。車内で時間を潰していると雨も小降りに。よ~し・・・と、ほくそ笑みながら時刻表を確認。何気なく左を見るとなんとまたまた虹が出ているではないですか!

Ana_07

ランウェイ 16エンド付近(ターミナルに向かって滑走路左端)左に見える虹、今飛行機が降りて来てくれればなぁ・・・と思ったものの、残念ながらそういう時間帯ではないのです。まぁ、そうこちらの都合通り上手くは行かないもの。おまけに前夜の雨で雪もかなり溶けてしまっており、冬の雰囲気も消えてしまってます。

Ana_02

午後2時半過ぎ、中部国際空港 12時50分発のANA B737-700がほぼ定刻通り飛来して来ました。実はこのポイントで地元三人の方々とお知り合いになり、いろいろと情報などを頂いた。私がまだANAのゴールドジェットを撮影した事がないんですよ、と言ったところ、「此処にはたまに来ますよ」という事をおっしゃっていたのです。

Ana_03

そうしたらなんと降りて来たのがゴールドジェット! 嬉しかったですねぇ・・・。まさか旭川で念願のゴールドジェットを撮影出来るとは思っていませんでしたので。羽田ではまったくお目に掛かっていないのです。

全日空がボーイングの最新鋭機 B737-700を受領した際、1号機と2号機にラッキーカラーのゴールドに記念塗装を施しています。そのうちの2号機が今回撮影したゴールドジェットです。座席数は120席、最大高度12,500m、巡航速度830km/h、航続距離4,900kmという仕様です。

Ana_04

午後3時15分、折り返し中部国際空港へ向けてタキシングを始めたゴールドジェット。この時間帯の旭川は夕刻といっても良いくらいで、オレンジ色の夕陽を浴びてゴールドジェットは一際ゴールドが輝いて見えます。

Ana_05

ランウェイ 16からテイクオフするゴールドジェット。大きなウィングレットが目立ちます。そして私の目の前を飛んで行く際、撮影したカットが冒頭の写真です。私にとってはこのゴールドジェットを撮影出来ただけでも旭川に来た甲斐がありました。

DATA : NIKON D90 + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G

2008年12月11日 (木)

冬の美瑛(2)

Biei_27
AF-S DX ED 18-55mm/f3.5-5.6G II

今日は美瑛、二日目の写真。白樺林に朝日が差し、雪の上に作られた影に惹かれてパチリと。

前夜、ホテルのテレビで天気予報を見ると翌日は曇り予報。ところが夜半から雨に変わり、早朝4時過ぎに起きて窓から外を見ると相変わらず雨。これは美瑛での夜明けのシーンは望めないと思い、再びベッドに入ってしまった。これが大失敗のもと。(笑)

Biei_28

二度寝して目が覚めたら7時半過ぎ。窓のカーテンを開けて外を見てみると、ええ~・・・! なんと空は見事な青空。大慌てで身支度をし、ホテル(旭川駅近く)駐車場から車を出して美瑛へとスピードアップ。沿道は除雪した雪が山を作ってました。

先日テレビで見た米美知子さんの八甲田での撮影風景、夜明けのシーンを撮るため雨にも拘わらず晴れるかもしれない、と一縷の望みを持って出掛け、見事に朝日を浴びた黄葉の素晴らしいシーンを収めていました。

それに引き換え自分は雨だ・・・と、さっさと諦めて寝入る始末。これでは傑作が撮れるわけないですね。(笑)

Biei_31

八月、十月に来た時はカメラマンでいっぱいでしたが、今回はまったくカメラマンは見ませんでしたね。というより、車自体滅多にすれ違わないくらいだったのです。こんな時季に来る物好きは私一人くらいかな?(笑)

Biei_29

こういうところは北海道らしい雄大な景色だと思います。

Biei_30

これを写したレンズ、それほど高価格なズームレンズでもないのに、逆光に強い事に驚きます。雑誌のテストでも上級レンズを凌駕していましたが、ホントですね。写真の方は雪の大地があまり綺麗でないので、必要最小限にカットしました。

DATA : NIKON D90 + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G

2008年12月10日 (水)

冬の美瑛

Biei_20
旭川空港

冬の美瑛を撮影したく、今年三度目の北海道へ行って来ました。自分が住んでいる横浜とは気温差が相当あるので防寒対策も万全にして羽田から再び旭川空港へと飛んだ。
先ずはお決まりの自分が乗ってきた飛行機を撮影。今回も高松へ行った時と同じエアバス A300-600Rです。要するに旧日本エアシステムの路線という事なんですね。ご覧のように一面真っ白です。

Biei_21

今回も十月と同じく空港からレンタカーで美瑛へと向かう事に。多少雲は多いものの、晴れていて雪の白さとのコントラストが最高でした。

Biei_23

前田真三さんの写真でお馴染みの美馬牛小学校、写真集のように遠くから見た方が雰囲気のある塔なんですけどね。さて、この晴れ間、旭川空港到着が午前9時10分でしたが、それから僅か2時間ほどしか持たなかったのです。11時を回るとどんどん厚い雲に覆われてしまうのです。

Biei_26

せっかく到着したばかりなのだから、もう少し晴れていてくれればいいのに・・・と、こちらの思いは伝わらず、とうとう雪が降ってきたのです。

Biei_22

で、ご覧のような景色。これはこれで横浜では見る事の出来ない風景ですけどね。(笑)

Biei_24

しかし久しぶりに雪道を運転しましたが、最近の車には標準で装備されているアンチロック・ブレーキ・システム、ABSが雪道を走行してみてこの機能が悪路で非常に有効だという事を実感しました。(笑)

Biei_25

実は美瑛とくれば前田真三さんへのオマージュとして、ハッセルブラッドで撮影したいので今回もメイン機材として持参したのですが、トラブルで一コマも撮影出来ず。一気にモチベーションが下がってしまい、がっくりです。原因は分かっているので精密ドライバーが有れば、と思うも持っていないし。

用意していたフィルム八本はそのまま持って帰って来る事に。そのうち一本はフィルムバックに入ったままですが。(笑)
仕方ないので飛行機撮影用として持参していたニコン D90で撮影することになりました。あぁ~・・・。

DATA : NIKON D90 + AF-S DX ED 18-55mm/f3.5-5.6G II + AF-S VR ED 70-300mm/f4.5-5.6G

2008年12月 1日 (月)

ポケモンジェット

Pokemon_02
羽田空港

先日、リクエストのありましたポケモンジェットを今日はご覧頂きたいと思います。ポケモンジェットとはポケットモンスターのキャラクターをカラーリングとしている全日空の旅客機です。私も数回乗っております。

Pokemon_01
伊丹空港

搭乗すると記念にポケモンの絵葉書などを頂いたり出来ます。国内線のポケモンジェットに使われている機材はB747-400DとB767-300の二機種。私は運良く両方とも乗る機会がありました。上の写真がB767-300です。

Pokemon_11
沖縄・那覇空港

こちらはピカチュウジャンボと呼ばれています。黄色がベースになっていますから、遠目からも目立ちます。

Pokemon_05
城南島

視界の悪い雨に煙る中をランウェイ 22にアプローチして来たピカチュウジャンボ。

Pokemon_04

Pokemon_07
羽田空港

Pokemon_10
羽田空港

こちらは尾翼だけで申し訳ないのですが、お花ジャンボと呼ばれ、花に因んだポケモンが描かれています。

Pokemon_03
伊丹空港

Pokemon_06
羽田空港

旅客機の塗装、基本は自社の決まった統一のカラーリングですが、何かを記念した特別塗装機が期間限定で空を飛んだりしますので、飛行機好きはそういった特別塗装機を撮影する楽しみも結構大きいです。或いはその特別塗装機に乗る事も・・・。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »