« 松竹映画 「母べえ」 山田洋次監督作品 | トップページ | 「007/慰めの報酬」 2008年 イオン・プロ製作 »

2009年1月24日 (土)

「ダークナイト」 2008年アメリカ映画

Batman

映画「ダークナイト」 アメリカ映画 2008年製作

監督 : クリストファー・ノーラン

出演 : クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、マギー・ギレンホール 他

収録音声 : ドルビーTrueHD5.1ch

ご存知、バットマン映画で前作「バットマン・ビギンズ」の続編だそうです。しかし「バットマン・ビギンズ」は見ていません。さらにこの「ダークナイト」も劇場では見ていないのです。で、ブルーレイ・ディスクで発売されたものを購入したのですが・・・、そもそも購入してみようと思ったのは映画そのものが面白い、と人づてに聞いたりとか映画雑誌の評論を読んで面白そうだから購入したのではないのです。

じゃぁ、何故ディスクを購入する気になったのか? 実は某雑誌の画質、音質レヴューを読んでみると、かなりの高画質、高音質らしい。その評価に興味を持ち、購入した次第。言ってみれば音楽CDを演奏の内容と関係なしに音が良いよ、と言われて購入するのと変わりがない実に不純な購入動機でした。(笑)

ところが映画冒頭から今後の展開に興味を持たせる実に上手いカメラワークと導入部。結局映画そのものもなかなか面白くて、一気に2時間半もの長さなのに見てしまった。雑誌の評価通り、画質は惚れ惚れするくらい高画質でした。そして何より感心したのが音楽と擬音が一体となったサラウンド音声の作りがお見事でした。計算され尽くした5.1チャンネルの音楽と音響によるHD音声が私の狭い部屋を包んでしまい、さながらミニシアターになってしまった。その音響に包まれているのが実に心地良かったです。サブウーファーが大活躍です。(笑)

さて、映画のストーリーは犯罪事件が後を経たないゴッサム・シティをバットマンがジム警部補、デント検事らの協力を得て悪を退治して行くものの、ジョーカーと名乗る狂気を帯びた犯罪者の登場で一気に地獄絵図になるゴッサム・シティ。このジョーカーを演じるヒース・レジャーは主役バットマンを食ってしまうほどの演技で、凄い迫力ですね。メーキャップも迫力充分!

映画の終盤には「スターウォーズ」を思い起こさせる人間の深層心理に棲む、「悪の世界、暗黒の世界」に言及し、ジョーカーによってその深層心理を引き出されてしまうデント検事。映画を見る前はバットマン映画ですから単なるヒーロー映画と思っていたのですが、なかなか深いテーマが出て来たりして、少々意外でした。

映画の最後、バットマンを「ダークナイト(暗黒の騎士)」と言うセリフが印象に残った映画でした。

« 松竹映画 「母べえ」 山田洋次監督作品 | トップページ | 「007/慰めの報酬」 2008年 イオン・プロ製作 »

コメント

ダークナイトをブルーレイで鑑賞ですか。凄いですね。

KONDOHさんの影響でブルーレイを導入すべきかどうか考慮中ですが、そうなると、レコーダー、プレーヤー、プロジェクターの全てを入れ替えなくてはならなくなり、ちょっと大変です。

ところで、ダークナイトですが、これは映画館で観て、あまり面白くなかった映画でした。でも、この映画が面白くなかったというのはどうもおかしいようでほとんどの人はかなり良かったといいます。

そこで、DVDで先日復習してみました。やはり駄目でした。映画館でもそうでしたが、途中で眠くなってしまうのです。

家で観たときは、サラウンドがうるさいのでセンターを上げて他のチャンネルは低めに設定して集中しようとしたのですが、駄目でした。

極論すれば、私には、所詮、バットマンとジョーカーが遊ぶために、ブルースが作ったゴッサムシティでの追っかけゲームとしか思えないのです。ラストでのジョーカーの言葉にそのような思わせるヒントがありました。

こんな私はやはり感性が鈍っているのでしょうか。
ご指導ください(笑)。

yymoonさん、こんばんは。
ブルーレイ、導入する価値のあるメディアです。私は四年半ほどサンヨー製720Pのプロジェクターで映画を楽しんでおりました。ブルーレイもかなり綺麗で感嘆していましたが、昨年暮れ、LCOSのソニー製フルハイビジョンプロジェクターに変えたら、絶句するような画質に驚嘆しちゃいました。プロジェクターの進化ぶりに驚きます。
さてダークナイトですが、映画はやはり好みの問題がありますから仕方ないと思います。別の映画で「マトリックス」がえらく人気がありますが、私は退屈で退屈で、ちっとも面白いと思いませんでした。ですからyymoonさんが面白くなかったとおっしゃっても不思議ではないです。
全然感性が鈍っているなんて事はないと思います。

映画好きなんですね♪
と言うより、色々なコメントを見ていて
メカ好き?
と言う気持ちになって来たのですが?

私も時々思うのですけど
見たカメラの値段を使って自分に作れる?
作れないから買おうみたいな
それと、これを買えばこんなに素晴らしい!
あぁ、買わないとみたいな(笑

実は、私も同じですけどね(^_^;)

こんにちは。
ドルビーTrueHD5.1chは伊達ではないということですね。
プロジェクターで見られているんですか。それも凄いですね。プロジェクターなら映画と同じ原理ですから、まさに映画館ですね。

konekoさん、こんばんは。
映画、好きです。メカ、好きです。(笑)
男はかなりの部分でメカ好きが多いと思います。車に凝る人が多いですが、あれもある種メカ好きだからだと思います。
そういえばオーディオ分野では自分でスピーカーを作った時がありました。鋸でギコギコ合板を切って・・・。(笑)
カメラなんて典型的メカ好きの嗜好品ですね。もちろん写真を撮る事が目的ですが、ライカやハッセルを使わなくたって写真は撮れるのに、わざわざ大枚叩くのはそれらのメカに惹かれている部分もあるのだと思います。(笑)

ビワさん、こんばんは。
ブルーレイのHD音声はDVDとは比較にならない音だと思います。もちろん作り手が特性を生かしたディスクを完成させていればの話ですが。
以前、オーディオ評論家の故長岡鉄男さん宅の「方舟」で120インチスクリーンによる映画を二度見せて頂いてから、いつか自分も・・・と、ずっと思い続けて四年半ほど前に実現させました。(笑)

長岡鉄男さん、懐かしい名前ですね。方舟は雑誌で拝見したことがあります。僕には遠い世界だと思いました。

ビワさん、こんばんは。
方舟には二度ご招待を受けましてご訪問しております。広さはもちろんの事、天上の高さも尋常ではなかったです。自作スピーカーも素晴らしい音で鳴っていました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 松竹映画 「母べえ」 山田洋次監督作品 | トップページ | 「007/慰めの報酬」 2008年 イオン・プロ製作 »