« 「ダークナイト」 2008年アメリカ映画 | トップページ | 西日を受けて »

2009年1月25日 (日)

特別塗装機

Jal_01
羽田空港

旅客機はその時代の世相や出来事、或いは航空会社の記念事業などで、本来の自社塗装とは違う特別塗装を施す事が非常に多いのです。例えばこの写真。日本航空が沖縄就航50周年を記念した特別塗装機なんです。当時の飛行機をなんとジャンボ機に実際の大きさで塗装。如何にジャンボ機(B747-400D)が大きいか分かりますね。実は上の飛行機、私は一度乗っています。(^^)v

Jal_02
関西国際空港

こちらは同じく日本航空が国際線就航50周年を記念した特別塗装機。塗装そのものは沖縄就航と同じものですね。ちなみに胴体に描かれている旅客機はダグラス DC-6B。

Jal_03
羽田空港

丁度テレビのドラマとして放送されていた「孫悟空」ですね。JAL悟空というキャンペーンを打っていた時の特別塗装機。

Jal_04
羽田空港

覚えていらっしゃいますか? 「愛・地球博」を。わりと地味ですが、「愛・地球博」の応援キャンペーンをしていた時の特別塗装機です。

Jal_05
羽田空港

お分かりだと思いますが、オリンピックの日本選手団を応援するキャンペーン機なんです。過去のメダリストたちの顔写真をマーキングした飛行機もあったのですよ。

Jas_01
福岡空港

これは旧日本エアシステムのMD-90ですが、デザインは映画監督の故黒澤明監督。黒澤監督が「七人の侍」をイメージし、七種類のデザインがあるのです。

Ana_01
大阪伊丹空港

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの宣伝用特別塗装機。全日空の機体です。今日は少し前の特別塗装機をご覧頂きました。

日頃あまり気にしないで飛行機に乗られている皆さん、結構いろいろな塗装がありますので、空港へ行かれたら少し意識してあちこち目をやってみると面白いと思いますよ。

DATA : NIKON D2H + AF VR ED 80-400mm/f4.5-5.6D, Canon EOS 5D + EF 300mm/f4L IS USM

« 「ダークナイト」 2008年アメリカ映画 | トップページ | 西日を受けて »

コメント

こんにちは。
飛行機の中に飛行機という発想が面白いですね。将来、747を描くときにはどんな飛行機が飛んでいるでしょうね。(背景、何気に富士山が)

ビワさん、こんばんは。
おっしゃるように発想が素晴らしかったですね。将来ですか・・・、多分747より大きい飛行機は日本ではもう使われないのではないかと思います。四発から双発に時代は動いておりますし。A380みたいなお化け旅客機が飛んでいますが、日本のエアラインは発注しないと思います。
背景の富士山、意識して入れました。(笑)

色々な、塗装をしていたのですね!
ビックリしました、航空関係は有る意味親しいと思っていたのですけど(汗

KONDOH さんの領域、全開ですね(*^_^*)

konekoさん、こんばんは。
今日の写真はほんの一部です。またそのうちに・・・。
空港へ行かれたら、是非目をきょろきょろさせて下さい。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ダークナイト」 2008年アメリカ映画 | トップページ | 西日を受けて »