« 何故にライカ? | トップページ | ゴースト レンズの幻 »

2009年1月 9日 (金)

ジャズ喫茶

Meg
メグ(東京・吉祥寺)

ジャズ喫茶って、ご存知でしょうか? 昼間ですとコーヒーなどを飲みながらレコード、CDでジャズを聴かせて頂く喫茶店とでも申しましょうか。昔は各都市の至るところに存在していたようですが、年々店を閉めるところが増え、現在はかなり少なくなっているようです。クラシック音楽を聴かせる音楽喫茶などもありましたが、ジャズ喫茶の数多さに比較すれば極めて少なかったのではないかと思います。

昨年暮れ、吉祥寺に行った際、久しぶりに「メグ」に入ってみました。此処は知る人ぞ知る、寺島靖国氏がオーナーのお店。寺島氏は独特と言いましょうか、とにかくご自分の好き嫌いがハッキリしており、歯切れの良い文体でジャズ専門誌、その他に多くのエッセイを書いており、そういったものをまとめた単行本も多く出している。

またオーディオ関係でも記事を書いています。ピンケーブルや電源ケーブル一本に数十万円を惜しげもなく放出する方で、寺島氏の文章は面白いので私も結構読んでいますが、まったく真似しようとは思わないです。もっとも真似なんか出来る軍資金はありませんが。(笑)

さて、久しぶりに・・・ホント久しぶりに訪れたメグですが、なんともう CD オンリーでして、レコード再生でのジャズは流していなかったのです。壁にレコードジャケットが飾ってあり、その中に私が持っているレコードがあったのでリクエストしたら、「もう、レコードはかけていないんですよ」と言われてビックリ。自分が持っているレコードが上記写真の再生装置でどんな音になるのか聴きたかったのですが・・・。時代の流れなんでしょうね。

尚、店内の写真をブログに掲載するにあたっては、お店の承諾を頂いています。

DATA : LEICA M8 + Elmarit-M 21mm/f2.8 ASPH. ISO 1280

« 何故にライカ? | トップページ | ゴースト レンズの幻 »

コメント

Jazz喫茶学生時代行きましたねえ。
ほとんどが今はありませんが、鎌倉の小町通りにもあったくらいですから、相当数あったんでしょうね。
手作り真空管アンプを持ち込んで、ごくたま~に売れるのが、ものすごくうれしかった思い出があります。

Jazz喫茶懐かしい言葉の響きです。青春時代入りひたった店が健在であり入り画像におさめたいものと思いつつ過ごしていました。
Kondohさんの画像を見てそのことを思いだしました。
コルトレーン、ブレイキー、マイルス等レコードも集めましたが震災でなくなりました。アナログは無理で訪れたい。と思います。
車にCDをとも思います。

懐かしいですね。
昔はレコードコンサートとか視聴室などあったですね。高校の頃はLPも開発中でしたからステレオもありませんでした。ステレオの試みとしてNHKラジオ放送にて第1と第2にて左右を放送、それも、クラシックのみでした。因みに自作1号アンプは6V6と言う真空管を用いたシングルアンプでした。2台で当時はパーマネントスピーカーの走りでした。その前はマグネチックスピーカーでした。写真ではトランペットスピーカーの要ですが音も懐かしいと思われます。
基本的にはマグネチック方式かと拝察致します。デキシーランドジャズには針音も良い物ですね。

私はもはやMP3で構わなくなりました。いまの家にはアナログを持ち込みませんでしたし。
なおりん様が書かれている店は小町通入口のIZAです。当時1Fにはすみやがありました。私は高校生時代から毎日のように入り浸っていてここでJAZZを教えてもらいました。その後二の鳥居そばに移転したようですが昨年ビル取り壊しで閉店したようです。たぶん鎌倉で40年近く営業していたはずです。ママさんが懐かしいです。

KONDOUHさん ヾ(´▽`*)ゝおはようございます♪

わぁ~~KONDOUHさん ジャズがお好きなんですね!
私も好きです。。。(*´▽`*)ニコッ

実は、若い頃 クラリネット吹きになろうと思ってまして。。。
個人レッスンを受けていた先生の影響で ジャズも演奏しました。
またゆっくり ジャズを聴き直したくなりました~!

なおりんさん、こんばんは。
鎌倉の小町にも在ったのですか。鎌倉とジャズ、イメージが湧きませんが、場所的にお客は来そうですね。しかしそこで手作りアンプも売れていたとは・・・。

tokiwaiさん、こんばんは。
意外とジャズをお聴きになられていた方、多いんですね。やはりジャズ喫茶というとモダンジャズですね。しかし阪神大震災で消失されてしまったのですか。大変残念な事とお察し致します。私も最近はCDで楽しんでおります。

OKAさん、こんばんは。
さすがにOKAさんのおっしゃっている事は経験がないので分からない部分が多いのですが、メグのスピーカーはアヴァンギャルドという二台セットで数百万円という大変な代物です。音もまったくの現代的な音なんです。

クッチさん、こんばんは。
鎌倉のIZAというジャズ喫茶、私は生憎知識がないのですが、そうですか40年も営業していたのですか。一度行ってみたかったです。

マリアさん、こんばんは。
まさかマリアさんからコメントを頂くとは思いませんでした。クラリネットを習っていたのですか。クラリネットといえばベニー・グッドマンを思い浮かべます。
私は通り一遍の聴き方でして、クラシック音楽ほど聴き込んではいないのです。それでも結構レコード、CDは買っていますが。楽器を出来る方が羨ましいです。

こんばんは。
ジャズ喫茶懐かしいですね~
京都の大学の時によく出入りしていました。
よく知りもしないくせに雰囲気が好きで・・
キースジャレットのケルンコンサートに一時はまって暇さえあれば下宿で聴いていました。
小1から高3までピアノをやってたのでやはりピアノ曲に惹かれます。
今はジョージ・ウィンストンのような軽いものしか聴きませんが・・
3年ほど前に行った湯布院、昔の別荘をホテルにした宿に泊まったのですが
夕食後にロビーでレコードの鑑賞会があって感激しましたっけ♪

なっちゃん、こんばんは。
いや~・・・、なっちゃんもジャズ喫茶に通っていた事があったのですかぁ・・・。キース・ジャレットのケルンコンサートって、かなり人気を呼んだレコードだったのですよね。
なっちゃんはピアノをやっていたので当然ピアノ中心でしょうね。私がジャズにハマったのもピアニスト、バド・パウエル晩年のパリでのコンサート録音をFM放送で聴いたのが切っ掛けなんです。最初はピアノ・トリオばかり聴いていました。その後、管楽器入りへと・・・少しずつジャズを聴いて来ました。
ホテルのロビーでレコード鑑賞会ですか、お洒落なホテルですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何故にライカ? | トップページ | ゴースト レンズの幻 »