« 浜離宮恩賜庭園 | トップページ | ジャズ喫茶 »

2009年1月 8日 (木)

何故にライカ?

Book

昨年暮れ、「ハッセルブラッドの時間」や「ローライフレックスの時間」などの書籍でお馴染みの藤田一咲さんの新刊「ぼくとライカの旅」が発売されました。ライカ嫌いと噂されていた藤田一咲さんのライカ本という事で早速手に入れてたわけです。

今回はパリ、ヴェネチアでのスナップ写真。M6を手に入れ、それを持って外国の旅に出、すっかりライカの魅力にハマった(?)ようですが、翻って自分はどうしてライカにハマるようになったのか・・・。

ライカといえば普通はM3やM6などのレンジファインダー機を指す事が多いわけですが、私の場合はM型(持っていましたが)よりR型、いわゆる一眼レフのライカを好んで使っていました。R型にハマる原因になったのはElmarit-R 28mm/f2.8(type I)で撮影された写真を見た事が原因で、すっかりその描写に感嘆し、自分でも使ってみたい! と思い、手を出したのが運の尽き。(笑)

以来、無理して・・・頑張って・・・手に入れたレンズが皆素晴らしく、底なしと言われるライカ沼にどっぷりとハマってしまったわけである。興味のない方から見れば「何故あんな高いカメラ、レンズなんかに・・・」と思われるでしょうね。更には「国産のAFカメラの方が遥かに便利で使いやすいのに、バカだねぇ・・・」なんて言われているかもしれません。(笑)

でも、惚れちゃったのだからしょうがないです。恋愛も一緒だと思います。例えば他人から見たら、何故あんな男(女)に惚れたの? なんて言われても、当人にしてみれば他の人が気が付かない良さを相手の人に見出したのかもしれませんし。恋愛が理屈で説明出来ないのと同じように、カメラ、レンズに惚れるのも理屈ではないのが本当ではないかと。

知らず知らず、いつの間にかあの人(カメラ)に惹かれてしまった。これが実際のところだと思います。なんか柄にもない事を言ってますね。あははは・・・・。

Leica_81
R9 + Summilux-R 35mm/f1.4 + DMR

Leica_82
M8 + Summicron-M 50mm/f2 (type IV)

« 浜離宮恩賜庭園 | トップページ | ジャズ喫茶 »

コメント

私もライカ大好きです。言い古された表現ですが「この世には2種類のカメラが存在します。それはライカとそれ以外のカメラだ…」とは、まことに至言ですね。

ライカ一度味わってしまうとそれは底なし沼の入り口。
それぐらい魅力がありますね。
私は最近、Carl Zeissに浮気をしていますが
Leica vs Carl Zeiss、どちらも魅力的なレンズです。
もうひとつ、Leicaのいいところは資産価値があるところ
どのカメラ屋さんにいっても値段がでます。
それがまた魅力なのかな。

私も初めはライカなんてお金持ちの持つ、実用性の無いカメラと思ってました。
しかし、使ってしまうとその魅力にあっさり降参。今ではメイン機になってしまってます。何事も経験しないとわからないものです。

昨年末に藤田一咲さんとお話しする機会があり、私もKONDOHさんと同じ疑問(?)を抱いていたので聞いてみると、良さは理解しているもののまだ苦手意識を持っておられたみたいです。
M6の入手経過もお聞きしチョッと感動しました。ご本人が書いておられないので書けないのが残念です。

RFは使いにくいカメラなのに不思議ですね〜
私はM3(私と同い年^^v)とZeiss Ikon使ってますが、どちらも最高です。

確かに、惹かれますね。
 私はRレンズですが、MFであることも加わって、快適に撮ることが出来ます。
 カメラの方は、R4とR5ですから、純粋の意味でライカとは言い難いですが、純正を使うとさらに惹かれるかも知れません。

 ・・・。今年も、お世話になりますが、またまた教えてください。R5で撮ったら、36枚中、2枚に異常発生です。
 置きっぱなしの画像掲示板に、載せましたので、原因など分かりましたら教えてください。お手数をおかけします。
 http://pyosida.bbs.fc2.com/

一葉さん、こんばんは。
ブログ、拝見させて頂きました。ライカは良いですよね。
たださすがに私は「ライカとそれ以外のカメラ・・・」とまでは言えないのです。ニコンもキヤノンも好きなものですから。節操がないのです。(笑)

Kazuさん、こんばんは。
Zeissとライカ、それぞれに良さがありますので、どちらも楽しみたいと思います。
確かにおっしゃるようにライカは中古屋さんに持って行っても評価額は年数が経ってもあまり変わりませんですね。その点、国産は見るも無残な査定になってしまいますから。

Kenclipさん、こんばんは。
大抵世間様からはライカ使いって金持ちの道楽、と見られてしまいがちですね。でも、私のようなビンボーサラリーマンでも何とか使えるような価格(もちろん中古ですが)になりましたから、有り難いです。
藤田一咲さんの続編が楽しみです。

スカルピアさん、こんばんは。
RF、一見使いづらそうに見えますが、慣れればまた楽しいカメラですね。

pyosidaさん、こんばんは。
R4もR5もコンパクトですから携行するには良いと思います。
さて、お写真拝見しました。多分、光線漏れではないかと思います。カメラ内のモルトが微妙に劣化していて、持ち方によって僅かに裏蓋とボディの間に隙間が出来てしまうのではないかと思います。モルトを張り替えれば現象はなくなるのではないかと思います。もし保証なしで購入しているのであれば、何処かの修理業者、若しくはライカ銀座店に送ってやって頂いた方が良いかと思います。ご自分でやっちゃう方もいるようですが。

KONDOHさん、ありがとうございました。
 先ほど、修理をして貰えそうな所に仮見積もりをお願いしました。

 今日、R8を入手できるチャンスがあったのですが、今回のこともあり、ちゃんとしたお店で買うことに決めました。
 ・・・。といっても、直ぐに買うという意味ではありませんので。(笑)

 リバーサル36枚の被害は、1枚だけでした。今日仕上がり、お店のビューアーとルーペで見たら、思わず微笑んでしまいました。

 いやぁ、良い色です。24×36mmのサイズながら、実物よりもあでやかな空の色、古い木の建物の色にうっとりしてしまいました。

pyosidaさん、
モルトの張替えですとそれほどの金額にはならないと思います。以前、ニコンサービスでF2の張替えをしてもらった時は5千円くらいだったような・・・。記憶が曖昧で申し訳ありません。ライカレンズは楽しめると思います。

ライカ、愛!
ですか?(*^_^*)

惚れ込んでしまうと
Love is blind.
ですから、
あぁ、決してライカが悪いと言ってませんので
勘違いなされないように(汗

konekoさん、こんばんは。
惚れ込めるカメラが有るのは幸せです。
あ、でも今年はまだ一回も使っていませんでした。やはりAFカメラは便利ですから。あははは・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜離宮恩賜庭園 | トップページ | ジャズ喫茶 »