« AIR DO | トップページ | ブルーレイ(Blu-ray)元年 »

2009年1月14日 (水)

ライカで散歩写真

Kawa_01

先日紹介しました藤田一咲さんの著書「ぼくとライカの旅」の文中に、「ライカで散歩写真」という文言があったので、今日のタイトルはそれを使わせて頂きました。藤田一咲さんのスナップ写真を見ていたら、自分もライカでフィルム撮影をしたくなって持ち出した次第。そういえば最近、ライカの撮影はデジタルばかりでしたから。

Kawa_03

写真的には先日の「川の周辺」の続きになります。前回は中判のハッセルブラッドによるモノクロ写真でしたが、今回はライカによるネガカラーでの撮影。場所的には同じ川ですが、前回の写真は横浜港に近い下流域で、今日の写真は上流域。全然雰囲気が違いますでしょう?

Kawa_02
(紅一点)

一時より真鯉が随分増えているような気がします。その真鯉の中に錦鯉、目立ちますね。

Kawa_05

田中長徳さんがご自身の著書の中でよく「ライカとその他のカメラ」という事を何度か書いています。こういう事を書くから逆にライカに対して反発心を抱く人が出るんじゃないのかなぁ・・・なんて思ってしまうのですが、どうなんでしょうねぇ?

私は先日書いたようにライカが大好きなんですが、ニコンもハッセルブラッドも好きです。ライカだけが特別のカメラ、とは一度も思った事がなく、自分の持っているカメラの中でどれが一番好きか、と問われれば「ライカです」という返事になると思います。

ライカでなければ撮れない写真は一枚もないです。逆にライカだと撮れない写真はあるかもしれない。(笑)

Kawa_04

アオサギがいましたねぇ・・・。カモ類も随分来てました。キンクロハジロが沢山いましたから、集団で渡って来たのでしょう。この川、もっと上流に行きますと小川みたいに細い川になるんですよ。

Leica_m2

最後はBSジャパンで放送中の「写真家たちの日本紀行」の真似をして今日の写真を撮った愛用のカメラを。お粗末でした。(笑)

さて余談ですが、今年から撮影したカメラ機材の明記を止めようかと思い、年初途中から数日無表示にしていたら、お二人の方から参考にしているので機材名を表示して下さい、というメールを直接頂きました。

写真をご覧頂くのに機材なんか何であれ関係ないのでは、と思うようになって一時無表示にしていましたが、ご希望がありましたので従来通り撮影機材は出来るだけ明記させて頂きます。

DATA : LEICA M2 + Summilux-M 50mm/f1.4 (type III), Fuji PRO400

« AIR DO | トップページ | ブルーレイ(Blu-ray)元年 »

コメント

こんばんは。
田中長徳さんとは約14年前、アルパカメラ研究会にて数回直接お会いし銀座の中古カメラ展などにて数回お会いしております。先生の持っておられないカメラを持参しお見せしたら年賀状にまいったと書かれました。さておき、田中長徳さんは、世界の写真家の前にカメラ愛好家で1000台以上保有していてギタリストの坂崎さんと競争のようです。ライカの操り方、フィルムの巻き上げ方も印象深いです。カシオの25万画素の1号機を宣伝されリコーの高級ポケットデジカメも宣伝されました。この方の前で銀塩だのデジカメなど申したら叱られます。何故にライカか!納得!

お早うございます。
撮影したカメラ機材の明記はどうすればいいのでしょうかと思いつつ記載していません。写真展の作品にもタイトルと氏名の記載のみが多いようです。
デジカメやレンズが撮影したような作品は別として写真展の発表作品とカメラの役割は重視しない人が多いのででしょうか。カメラマニアには大切なことかも知れませんが。その上WEBに掲載する場合圧縮するので大差は生じないですね。しかしフイルムからスキャンした画像は圧縮してもデジタルとは異なる画像に仕上がることは確かです。明記すべかどうか判断に苦しむところですね。

KONDOHさん、今日は。写った写真こそ意味があるので機材は無関係、と思ってますが、でもやはりカメラは気になりますよ〜機材表記復活は嬉しいですね^^

OKAさん、こんばんは。
チョートクさんはライカについては一家言お持ちなので。ただあまり言動(著述)に翻弄されたくはないと自分は思っております。

tokiwaiさん、こんばんは。
web上での写真でレンズの評価等は難しいと思います。ですから参考程度、「あぁ、このカメラ(レンズ)で撮影しているんだ・・・」ぐらいに思って頂ければ良いのではないかと感じています。
フィルムのスキャンは難しいですね。たかだか数万円のスキャナーで結果を言うのも何ですが、私のスキャナーはカラーネガフィルムとあまり相性が良くないように感じています。なのでいつも結果に不満だらけです。(笑)
その点、デジタルカメラで撮影したものは楽です。

スカルピアさん、こんばんは。
無表記は数日で終わりました。(笑)
まぁ、参考程度にご覧になって下さいませ。

持っているカメラでライカが一番ですか?
ライカ使ったことが無いので解りません(汗

川の風景良いですね♪
で、鯉もいるなんて驚き。
私の田舎の川でも野鯉が時折見れたりしますけど
滅多に見ることが出来ません。

でも、その他の魚なら色々見ることが出来ますよ♪

こんばんは。
私のライカ度はKONDOHさんと似通ったものです。(質量では追いつきませんが)
写真を撮る事も好きですが色々なカメラやレンズの味(錯覚、自己満足かもしれませんが)を楽しむのも同じくらい好きです。
写真はその結果で決まるものであり機材は関係ないと云う意見はもっともだと思いますが、好きな機材で写真を撮るのもありかなっと日々楽しんでいます。
こんな事云ってるから写真が上達しないんでしょうね。

konekoさん、こんばんは。
持っているカメラ、といっても多分想像されているほど持っていないのですよ。いろいろ買って来ましたが、いろいろ売って来ましたので。(笑)
何か欲しいものが出て来たら、何か売ってから買っていますので、数そのものは大してないのです。しかしそのお陰で一番いけない散財をしています。(;_;)
ライカ、一度使ってみて欲しいです。
先日と今日紹介した川、なかなか面白い川でしょう?
konekoさんの田舎の川、どんな魚がいるのでしょうか? イワナとかアユなどでしょうかねぇ・・・。

こんばんは。
ライカとハッセルは私の憧れのカメラです。
いつかは・・と思っています。
あ、今回欲しいって思ってるのは違いますよ~(*´m`)
カメラ機材はできたら明記していただきたいなと思います。
写真展を見に行ってもまず明記してないですよね。
どんなカメラで撮ったんだろう・・レンズは?フイルムは?なんて思ってしまいます。

Kenclipさん、こんばんは。
いえいえ、好きな機材で写真を撮るから楽しいのであります。これがアマチュアの特権!(笑)
やはり手に持った感触、シャッターを切った時の音、その他デザイン、これらがいろいろと相まって好きなカメラが生じるのだと思います。仕事で使うなら実用性だけを考えれば良いわけです。
写真、カメラ、楽しみましょう!

なっちゃん、こんばんは。
ひょっとしてライカかなぁ〜・・・と思ったのですが、違いましたか。いつかは・・・という気持ちは大切にしたいですね。私もライカ、ハッセルについては「いつかは・・・」と、ずっと思っていて実現させましたので。
カメラ機材の明記、以前と同じく続ける事に致します。引き続きご覧下さいね。

こんにちは。
長徳さんは、本に書かれていることと実際とが少し違うように思えています。多分、良い意味での作戦かも知れません。この方の胸には必ずポケットカメラです。それも数万円の安価なカメラです。かつて毎号100円のカメラジャーナルというチラシ的雑誌を出され100号までは求め保存もしていて読み直し中なんですがいろいろなカメラを使われていますね。いつだったか月島だったかM6を胸に下げていましたら似合わないと云われてしまいました。口も悪いですよ!文章表現も1行で済みそうなことも10行ぐらいにして豊かさを示します。写真家であり小説家の感じでしょう。しかしながらライカの良さは示していますね。

OKAさん、こんばんは。
チョートクさんは職業写真家ですから、それを踏まえて文章を読んでいれば良いと思います。一部メーカーと繋がり等もありますし、当然の事ながら発言もそれなりに考えなければいけませんでしょうから。

こんばんは

最近フィルムカメラの中古価格が、どんどん下がっているようですね。ライカは知りませんが、ハッセルはゾナーの150mmあたり、ちゃんと動くのが2万円台で売られていたりするのを見るにつけ、ほんと使う人が減ってきたんだなあって、実感します。
まあ、買うほうにとってはありがたい話ではあります。が、売って買うを繰り返す身としてはありがたがってばかりもいられませんね。複雑です・・・

ヒロさん、こんばんは。
おっしゃるとおり、昨今のフィルムカメラ市場の暴落は目を覆うばかりですね。ハッセルも安くなりましたねぇ・・・。もっとも中判はハッセルだけでなく、風景写真愛好家の一番人気、ペンタ645もすっかり安くなっちゃいました。
35ミリを見てもニコン F6も新品同様が10万円を割ってしまいましたね・・・。逆に中古を求める人にとっては買いやすくなりました。ライカも一時のブームが去って多少は安くなって来ましたが、他社に比べれば落ち込み方は少ないようです。
デジタルを避けて通れないカメラ業界になりましたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AIR DO | トップページ | ブルーレイ(Blu-ray)元年 »