« 飛鳥 II の出航 | トップページ | お散歩写真 »

2009年1月22日 (木)

画素数戦争

D3x

写真は今更言うまでもなくニコン D3X、2450万画素CMOSセンサー搭載の35ミリフルサイズ・デジタル一眼レフですね。販売価格は安いお店でも80万円以上していますから、まさにプロ用と言っても良いと思います。基本的に同じセンサーを搭載しているのがソニー α900ですね。

A900

ただこちらのα900のISO感度が200からに対し、D3Xは100からですから、ニコン用はかなりカスタマイズされたセンサーのようです。しかしまぁ・・・基本的に同じセンサー搭載ながら両者の価格差には驚かされます。D3Xの価格設定には「ビンボー人は買って頂かなくて結構・・・」と言われているような気も致します。あ、これは買えない者のひがみなんですが。(笑)

しかしデジタルカメラの画素数戦争、一体どこまで行くのでしょうかねぇ・・・? 各社ともモデルチェンジの度に画素数はアップしていますから。

初めて画素数が1000万画素を超えたのはご存知のようにフルサイズセンサー搭載で有効画素、約1110万画素のキヤノン EOS 1Ds でした。実はこのカメラが発売された時、キヤノンさんが開催した「プロカメラマンのためのデジタル写真教室」に参加した事があるのです。講師は某写真家のお二人。

会場にはお二人が 1Dsで撮影した風景写真がインクジェットの大判プリントで展示してあり、当時その高精細な写真に驚いたものです。

さて、その時の講師がおっしゃった事で未だに忘れない言葉が、「1000万画素を超えた写真の画質は大判写真の解像度に匹敵するもので、安易に手持ちで撮影していては手振れ写真を作る原因になります」というもの。要するに三脚に据えてキッチリ撮りなさい、というお話です。

しかし現在はデジタル一眼レフ入門用、或いは家庭用として人気のKiss X2ですら約1220万画素です。嘗てのフラッグシップ 1Ds の画素数を上回ってしまいました。ですが誰一人としてKiss X2を使う人に対して、「大判カメラに匹敵する高画質のカメラですから、安易に手持ちで撮影してはいけませんよ」なんて言いませんよね。(笑)

それが2000万画素超えのデジタル一眼レフが登場したら、1200万画素クラスのセンサーを搭載したカメラに物足りなさ、或いは急に下のクラスに落ちてしまったような、変な感じを受けてしまったのは私だけでしょうか? もちろん2000万画素のカメラを使ったからといって良い写真が撮れるわけではないのはもちろんの事ですが。

私が使っているライカデジタルなんて今時高々1000万画素しかありません。しかしながらA3ノビサイズにプリントしても、何ら不満は感じていないのです。2000万画素クラスを使っても、ハードディスクの容量をただ圧迫するだけで、1000万画素に比してそれほどのメリットはないのではないか・・・と、思っているのも事実なんです。

しかしそこはカメラ好き、2000万画素超えのカメラが出れば使いたくなるのが人情・・・。困ったものです。(笑)

1ds3

こちらはキヤノンさんのフラッグシップ機、約2110万画素フルサイズセンサー搭載の 1Ds Mark III ですが、同じ画素数で普及機 5D Mark II が出ましたね。現在、デジタル一眼レフ市場のシェアは事実上キヤノン、ニコン両社で派を競っている状況です。D3Xに画素数に関する限り抜かれてしまった現状を考えると、近い将来登場するであろう仮想 1Ds Mark IV はひょっとして3000万画素で出てくるかもしれない、と思ってしまいますね。

1000万画素のカメラですら「大判に匹敵」と言われていたのに、2000万画素を楽に超えてしまった現在のデジタル一眼レフ。決して大袈裟でなく、1億万画素のカメラが登場するのもそう未来の事ではないような気がする今日この頃ですが、皆さんは如何思われますか?

« 飛鳥 II の出航 | トップページ | お散歩写真 »

コメント

はじめまして、N.O.と申します。オリンパスOMメインの高校生です。
1000万画素で大判に匹敵というのはいかがなものかと思いますが、1000万画素のコンパクトカメラで集合写真を撮ってA4x4枚に無理やり拡大印刷したときそれなりに撮れてたことには感動しました(笑)
個人的にデジタルの画素数は1000万で不足することはないと思っています。あんまり細かいのもノイズが増えそうですし。。
135も2000万画素相当でスキャンしても十分綺麗です。

話題が変わりますが、時代に逆行して(笑)4X5に興味がありまして貯金をひっくり返してタチハラを買おうかと考えているのですが、フィルスタンドにはⅡ型とそうでないものがあるようですね。
どう違うのかよくわからないのですが。。
とりあえず、近いうちにカメラ屋巡礼に行って情報収集してみようかと思います。

N.O.さん、はじめまして。
拙ブログをご覧頂きまして、有り難う御座います。
OMは私も嘗てそれなりに一式揃えまして使っていた事があります。良いカメラですね。
さて1000万画素が大判に匹敵、今でこそ「それはオーバーでしょ・・・」と感じますが、当時 1Ds で撮られた写真の大判(A0?)プリントを見た時にはホントそう思ってしまいました。レタッチとプリント術の上手さで見せられたのでしょう。
ですが私もライカの1000万画素を使っていて不満は感じません。しかしモデルチェンジする際、画素数が増えないとユーザーから総スカンを食うでしょうね。事実EOS 20Dから30Dにチェンジした時に画素数は据え置きでしたが、ネットの掲示板ではかなり酷い発言がありましたから。モデルチェンジ、イコール画素数アップは仕方ないのでしょうね。

タチハラの件ですが、私は一昨年秋にヨドバシカメラさんで購入しました。デジタル時代に今頃大判? という気持ちもありましたが。(笑)
生憎あまり知識が無く、II型とそうでないものとの区別が付きませんです。申し訳ありません。

KONDOHさん、こんばんは!
デジ一眼に関してはようやくフィルムカメラ時代のような選択ができるようになって参りました。まあ、仕事で使うのでしたら用途に応じた画素数を選択するという考え方もあろうかと思いますが、趣味で撮影するという立場では画素数云々は過去のものになりつつあるのかなぁ、、、と。センサーの大きさも関わりますが1,000万画素を超えてくれば通常は写真として十分鑑賞に堪えられると思っております。

最近は高感度画質への関心が高くなっていますが、この点だけで言えばD3>D3Xのようです。画素数ではD3Xの半分以下ですが、高感度ではISO3200を十分クリアできるD3に軍配が上がるようです。そうなると画素数が多ければよいと言うわけでもないようです。加えてDMRの画質を見ればD3以上であることは既知の事実。

さて、こうなるともうデータだけ見ての議論はあまり意味をなさないようにも思えてきます。

tamuraさん、こんばんは。
結論としてはtamuraさんのおっしゃる通りだと思います。1000万画素あれば普通は充分ですね。DMRを使っていてつくづく感じます。先日の白い冬牡丹、白が潰れなかったのは国産デジ一眼を上回る階調豊富な16bit処理が効いているのかな、とも思いましたし。
ただ私は好奇心旺盛で、取り敢えず試してみないと気が済まない性格なので、いつも散財しております。(笑)
高画素へ進むのは、ユーザーにも原因がありますね。モデルチェンジで画素が増えないと文句ばかりで(笑)

画素数競争ですか?
まだまだ、続くような気がしますね。
それも、画素数と大判のCMOSが出てきて
とんでも無いことになりそうな気もします。

でも、ビルほどの写真を作らない限り必要は無いのかも?

D3X良さそうですよね♪
欲しいと思います。

って、注文したなんてことは無いですよね?(笑

konekoさん、こんばんは。
> って、注文したなんてことは無いですよね?(笑
あははは・・・、まさかぁ〜・・・。
どう逆立ちしたって買う事は無理です。
現状、D90ですら画質に不満はありませんですよ。
もう前の事ですが野鳥や飛行機撮影にD2Hを使っていた事があるのですが(随分無理しましたが)、このカメラはご存知だと思いますが、たったの400万画素でした。しかし私はA3ノビでプリントしていました。
さすがに細かいところを厳しく見れば少々・・・でしたが、額に入れて部屋に飾っておくには全然問題ありませんでした。
おっしゃるようにビルほどの写真を作らない限り、1000〜1200万画素もあれば普通は充分ですね。

DMRは16bitカラーという点だけは先見の明があったと思います。モニターとか連射能力とかは陳腐の極みみたいになっちゃいましたが、否応なくじっくり撮るという形は今となっては貴重な存在かもしれません。

しかし何です、D3使っていてDMRに戻る(その逆も)と一瞬戸惑いますねぇ、、、(笑)

いや~、お気持ち分かりますね。
私も先日D90を使った後にDMRを使った際、結構戸惑いましたから。(笑)
改めてDMRの背面モニターの陳腐な事。ホワイトバランスもあまり当てに出来ないし・・・。
でもDMR、羊の皮を被った狼、という感じです。

密かな希望なんですが、ニコンがD40を600万画素のままモデルチェンジしてくれないかな、と期待してます。同時に20-25ミリの単焦点を出してくれたら最高です。実は、あろうことかX2とD40が手元にありまして…
どうみてもスペックで劣るD40の方が良いです。2000万画素なんてPCの処理も難儀な作業だと思います。一発勝負のフィルムが好きですね、やっぱり^^ゞ

スカルピアさん、こんばんは。
D40、名機ですよね。ファインダーもX2より良いし。D60との住み分けをどうするか、でしょうね。
DXフォーマットの単焦点、出ないですねぇ・・・。ホントはああいう小さいカメラには単焦点がピッタリなんですけど・・・。
現行のパソコンの処理能力を考えると2000万画素くらいが限度なのではないかと考えます。

KONDOUHさん こんばんは。。。。

私も、常々 どこまでいくのかしら。。。。
と思っておりました。。。
パソコンの処理能力。そして、画像を保存していく事を考えると
毎年、モデルチェンジして その度に 画素数あげて。。。
というカメラ会社の やり方に 疑問がぬぐえません
(-o-;
コンデジについても、そうですよね。。。

この問題 どう決着がついていくのでしょうか。。。

マリアさん、こんばんは。
ホントおっしゃる通りなんですよね。例えばマリアさんがお使いのカメラ、我々が常用カメラとして使って行くのに画質的に不満はないですよね。
でもメーカーはこれからも画素数をどんどん上げて行くのでしょう。営業政策上、仕方ないのでしょうね。
特にコンパクトデジカメの画素数アップは私自身、非常に疑問を感じているのですが・・・。

こんにちは。
L版サイズの写真をアルバムに保存するくらいの使い方なら1000万画素もいらないのですが、選択の余地がないですね。最近はプリントアウトすることも少なくなり、Webに載せるだけなので、完全にもてあましてます。たまにはA4くらいで印刷してみてもよいのでしょうけど、飾る場所もないです。まあ、売る側に回ったら、そんなことは言ってられないのでしょうね。

ビワさん、こんばんは。
一般的にはプリントしてもA4くらいがほとんどでしょうから、1000万画素もあれば充分ですね。
しかしメーカーの戦略としてはそこで終わらせる事が出来ないのでしょうね。鶏が先か卵が先かみたいに、高画素はメーカーのせいなのかユーザーのせいなのか?(笑)

画素数論議、盛り上がりますね。
私は砂漠とか山の海外取材がメインなので、小ぶりで堅牢なボディと明るい単焦点レンズを欲しています。1年ほど前までD70で我慢していました。これでも雑誌見開き2頁まではなんとかいけます。
大きくて重いカメラがプロ用で、小ぶりなボディはアマチュア用につくっているメーカーの商品戦略には不満があります。D40ほどの大きさで、D3くらいの堅牢性を持たせ、1000万ちょっと画素数を備えたカメラが私にはベストなのです。
いつもボディ2台、レンズ4本、パソコン1台、外付けハードディスク1個を小型の旅行バッグに詰めて行きます。堅牢なD3を2セット持って砂漠や山を1人でいくのは結構つらいのです。
見開きと表紙以外の写真なら小ぶりで、堅牢で、基本性能がしっかりしていて、個性的な描写もできOLYMPUS E-1が理想的なのですが、500万画素ではほんのちょっと足りないのでいつもお留守番です。E-3はデザインが崩れて、機能太りしてしまい、好きになれません。

一葉さん、こんばんは。
おっしゃるとおりですね。何故かプロ用というと大きく重いカメラばかりですね。メーカーに言わせれば頑健に作ると大きく重くなるのです、と言うと思いますが。
D40サイズで堅牢なボディがあっても良いですよね。絶対売れると思います。私も買います。(笑)
お仕事とはいえ、D3二台にレンズ一式、その他はキツイですよね。結局メーカー設計者がそういう撮影をしないから分からないのだと思います。写真撮影をしない設計者が結構多いそうですから。
E-3、私はフォーサーズであの大きさ重さには否定的なんです。(笑)

こんにちは。
画素競争と相まってレンズ対応動向とかプリンター・ブレ補正・低雑音化など数値にていかように改善対応していくかの動向も知りたいところですね。幼少の頃、モノフィルムの感光度ASAか20が普通で50が手に入るようになってびっくり100で更にびっくりしたことあります。現在のデジカメの画素数競争より興味ありました。

OKAさん、こんばんは。
画素数ばかりが話題になっているデジタルカメラですが、総合的な意味で良いカメラになって欲しいと思っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛鳥 II の出航 | トップページ | お散歩写真 »