« 横浜・三渓園 | トップページ | 中古カメラ »

2009年2月20日 (金)

横浜・三渓園(2)

Img_0963

三渓園、昨日はおよそ50年も前のミノルタ オートコードでのフィルム写真でご紹介しましたが、今日は現代のデジタルカメラで撮影した写真で。如何にもクッキリハッキリの写真です。

Img_0985

暖かい日なら散歩がてら歩くのには良いところだと思います。ただ入園料500円は新宿御苑などと比べるとやや高いと感じるかもしれません。(笑)

Img_0997

春の七草、皆さんはスムーズに名前が出ますか? え、私ですか? 訊くまでもありません、もちろん・・・・言えません。(笑)

Img_1001

スイセンと梅、なかなか良い取り合わせではないでしょうか。

Img_1010

この日はやや風が冷たく、この辺りを歩いているとより風を強く感じ、寒かったです。

Img_1013

三渓園お馴染みの三重塔。ブログの記事にしていて思い出したのですが、確か小学校低学年時代に遠足だったか、社会見学だったかで三渓園に行った事がありました。そんな事、すっかり忘れていましたねぇ・・・。(笑)

Canon EOS 5D Mark II + EF 28-70mm/f2.8L USM

« 横浜・三渓園 | トップページ | 中古カメラ »

コメント

小学校の遠足で三渓園に行った時はとてつもなく広いと思いました。それと裏側はすぐ海だったような記憶があります。昨年の秋は紅葉と茶会に向かう和服姿を一日中撮っていました。

なおりんさん、お早う御座います。
子供の眼からしたら、三渓園は広いですよね。視点が低いから余計そう感じるのかもしれませんが。
私も一度、茶会の和服姿を撮影させて頂いた事があります。ここも結構いろいろと行事がありますね。

懐かしい二眼レフですね。購入したいと検討したのですが当時はいい物がなくあきらめました。
ロッコールレンズは六甲山から名付けられたと言われています。
アナログ的な見方かどうもデジタル画像は深みがないように思います。レタッチして使うことで解決するようにしていますが・・・
画像も奥が深いものだと考えながら撮影しています。

tokiwaiさん、こんにちは。ロッコールが六甲山から命名された事は何かで読みました。六甲の水、という事も聞きますが、涌き水があるのでしょうか?
デジタル写真に深みがないという事は多くの人が言っておりますが、私もそれは否定しません。ただ歴史がまだ浅いですから、その点もこれから少しずつ改善されて行くのではないかと思います。今はどのメーカーもパッと見の鮮やかさに画像を振っているように感じています。
デジタルの安直さに慣れちゃってフィルムに戻れない人がほとんどになってしまいましたが、仕方ないですね。私も最近は自分で現象するのが面倒に感じています。(笑)

KONDOHさん、いつも楽しんでおります。
三重塔は各地でも珍しいと聞きます。埼玉・川口市にあります。植木では有名な安行です。栃木では岩舟山・山頂にあります。どちらも県の有形文化財です。どちらも高速の近くで便利です。余談ですが、五重塔より少ないそうです。
ステレオカメラにても楽しみたいと思います。

OKAさん、こんばんは。
そうですか、三重塔は珍しいのですか。今まで特に気にする事なく見ておりました。
貴重な情報、ありがとうございました。

インターネットにて調査したところ神奈川県内では貴兄撮影の1塔のみで国の重要文化財とのことです。京都から移築とあります。鎌倉とか有名なお寺にも三重の塔は無いようです。国宝は13塔、重要文化財は国宝を含め45塔、それも、京都等に集中しているようです。全く皆無の県が多いようです。貴兄は京都にも行かれますから次回はご注目です。五重塔は沢山あります。歴史の浅い小さなお寺にも在ります。

OKAさん、こんばんは。
三渓園の三重塔が重要文化財に指定されているのは知っておりました。しかし三重塔が珍しいという事には気が付いておりませんでした。確かに京都では見られますが、三渓園は貴重ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜・三渓園 | トップページ | 中古カメラ »