« Biogon 38mm/f4.5 | トップページ | 映画の日 »

2009年2月 1日 (日)

アストンマーチン DBS

Dbs_04

私が車の記事を載せるのは珍しいですね。(笑)
アストンマーチン DBSですが、もちろんダニエル・クレイグがボンド役を演じた「007」二本でボンドカーとして登場。仕事柄車には興味を持たなければいけないのに、あまり車に関心がないというアホな私ですが、アストンマーチンだけは大変興味があります。

簡単に仕様をご紹介しますと、このDBSはDB9がベースのモデルだそうで、全長 472.1cm、全幅 190.5cm、全高 128cm、エンジンはV12 6.0リッター、最高出力 517ps/6500r.p.m、最高速度 302km/h、6速のマニュアル・トランスミッション採用で正規ディーラー価格は 3,276万円です。

Dbs_02

さほど車には興味がなくても、この車だけはカッコいいと思います。しかし 3,276万円。これに諸費用が掛かるわけですからねぇ・・・。もっともこの車の性能を生かす道路が日本にはないですね。都内や横浜の混雑した道路で走らす車ではないですし。

Dbs_03

まぁ、私が買えるのはDBSでも、せいぜいプラモデルですけど・・・。(笑) 一度くらい自分で運転してみたいものですね。

007シリーズで最初に登場したアストンマーチンは「ゴールドフィンガー」でのDB5ですが、DB5のデザインも未だに古さを感じませんから、デザイナーは素晴らしいですね。ちなみに「ゴールドフィンガー」の原作は確かDB3だったはず。原作のボンドカー、アストンマーチンの前はベントレーです。

アストンマーチンは「007シリーズ」で一躍世界的に有名になったわけですが、日本では何台くらい走っているのでしょうかねぇ・・・?
日本車で唯一ボンドカーとして使われたトヨタ 2000GT、私の勤務先がショールームの飾り用として一台保有しているのですが、2000GTも未だに古さを感じさせないですね。
でも、やはり私はアストンマーチンが良いなぁ・・・、「はぁ~・・・」と溜め息を。(笑)

« Biogon 38mm/f4.5 | トップページ | 映画の日 »

コメント

カジノ・ロワイヤルをブルーレイで復習したばかりです。
アストンマーチンでヴェスパーを追いかけ始めるや否や彼女を避けるためにハンドルを切って横転して大破させてしまいますね。
映画の演出だから仕方がないのですが、アストンマーチンはあまり安定性は良くないいのかなと思ったりして。所詮一生関係のないことですが。

この車、先日に銀座ソニーの前に飾っていましたけど
V12なんですか!
そんなにマルチなエンジンなら振動も少なくて静かなんでしょうね。
で、6リッター・・・
このエコの時代に(笑

ところで、車の販売とかしてるのですか?
私には出来ない仕事です。
だって、難しそうだし・・

こんにちは。
レース雑誌をよく見るので、レーシングバージョンの写真を見かけます。同じ島国ですが文化が違うのか日本にはないですね、こんな車は。

こんばんは。
ボンドカーはやはりアストンマーチンで決まりでしょう。それもDB3。小学生のときテレビで見て以来の憧れの車です。しかし、ここから自慢話になりますが、DB3、運転させてもらった事があるんです!学生時代の友人の父親が所有しており拝み倒して六甲山を走らせてもらいました。
所有の動機はやはりボンドに憧れてとの事。男って単純ですね。
しかし、バブルがはじけて思い出のDB3は売られて行ってしまったそうです。残念。

すいません、上の表記はDB3ではなくDB5の間違いです。
申し訳ありません。(恥)

yymoonさん、こんばんは。
ブルーレイ、ご購入されたんですね。画質、DVDとは比較になりませんでしょう? ほとんど劇場並みの画質だと思います。映写システムの悪い映画館より良いと思います。
アストンマーチンの大破、少々CG臭い感じがしましたが、なかなかリアルでしたね。

konekoさん、こんばんは。
「カジノロワイヤル」の公開前も銀座ソニービルでアストンマーチンを展示していました。その様子は私のブログでも紹介させて頂きました。
ホント、エコの時代に6リッターですよ。凄いですね。
車の販売ですか? やっていないですよ。商品知識はかなり必要ですね。

ビワさん、こんばんは。
英国も小さい島国なのに、凄い車を作るものですね。もっとも日本のメーカーも作る技術はあっても、需要の問題でしょうね。何しろ走らせる道路がありませんから。

Kenclipさん、こんばんは。
DB5を運転した事があるのですか! 凄いです! そして羨ましいです。
クレイグの先代、ピアース・ブロスナン時代でもDB5が復活して映画に登場していましたね。おっしゃるようにボンドはやはりアストンマーチンですね。

007のカジノロワイヤルのクラッシュシーンはすべて実写でアストンを何台も壊したそうです…(もったいない!)
それとアストンの安定性ですが、スタッフいわく「アストンの安定性はすごく安定しており、あの横転も機械を使った。」といってました。

やすひろさん、こんばんは。
そうだったのですか。あれは実写でしたか。てっきりCGによるものだとばかり思っていました。
普通はあんな回転しないでしょうねぇ・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Biogon 38mm/f4.5 | トップページ | 映画の日 »