« アストンマーチン DBS | トップページ | 横浜・山手散歩 »

2009年2月 2日 (月)

映画の日

38mm_06

昨日の日曜日は「映画サービスデー」だった事をご存知でしたでしょうか? 毎月一日は映画館の入場料が1,000円の均一料金になるのですね。で、私は先週観た「007/慰めの報酬」に納得が行かなかったので、このサービスデーを利用して今一度観に行って来ました。「物好きなやつだなぁ・・・」と言われてしまいそうですが。(笑)

昨日は地元横浜で観たのですが、スクリーンサイズは先週入った「新宿ミラノ座」の半分くらい(多分、面積は半分以下)しかなく、「まぁ、1,000円だから仕方ないか・・・」と納得するように致しました。(笑) もちろん昨日は「新宿ミラノ座」も1,000円ですよ。

人生、知らない事が幸せな時もありますが、「新宿ミラノ座」のスクリーンサイズを知っている自分としては、横浜のサイズは物足りませんねぇ・・・。同じ料金を払うのだったら、やはり大きなスクリーンで観たいです。映画ですから。視野角だけだったら自宅で観ている方が広いのです。

さて、「映画の日」とは、神戸市に於いて日本で初めて映画が公開されたのを記念して設けられた日で、一応記念日は十二月一日になっているようですね。現在では毎月一日を「映画の日」、或いは「映画サービスデー」と称して一律1,000円で映画を観られるようにしてくれている、映画ファンには有難い日なんです。

しかしいくら1,000円と言えども、一日が皆さんそれぞれの休みに当たっていないとなかなか利用出来ないですよね。幸い来月も一日は日曜日です。お休みの方は是非利用してみて下さい。その他、劇場によっては「レディースデー」とか、「カップルの日」、「ご夫婦の日」などと称して、特定の曜日とか日付で1,000円サービスをやっているところもありますね。雨が降るとサービスデーになるところも。

これらのサービスは映画離れが叫ばれてから久しいですから、少しでも観客を呼ぶためのサービスなんでしょうね。
今日の写真は映画とは何の関係もありません。写真がないと寂しいかな、と思いましたので。

DATA : HASSELBLAD SWA + Biogon 38mm/f4.5, Kodak T-MAX 400

« アストンマーチン DBS | トップページ | 横浜・山手散歩 »

コメント

時々訪れる神戸メリケンパークに大きな石の中央をくりぬきスクリーンに見立てた映画記念碑が建てられています。
この空間から港を眺める。と面白い構図となり写真を撮る人が多いようです。
1896(明治29)年11月に映画(当時は活動写真といわれていました。)が日本で初めて上映されたことに由来しているとのことです。
しかし映画の日があるとは知りませんでした。ということは映画館で映画を見たのは何時のことか、最後にみたのは子供を連れて見た「サンタクロース」か思いだせないからでしょうか。
優れた映画を見直し映画館を訪れたいものだと思いました。

こんにちは。
去年の興行成績、洋画はふるわなかったそうですね。邦画は「ぽにょ」がかなり押し上げたようです。
社会人になってから映画をほとんど見なくなったので映画の日の存在をすっかり忘れていました。

tokiwaiさん、こんばんは。
映画発祥の地、神戸にはそういう記念碑があるのですか。一度行って見たいものです。
毎月一日はサービスデーです。是非また映画館に足を運んでみて下さい。やはり映画館で観る映画は楽しいものです。

ビワさん、こんばんは。
テレビ、DVDレンタル等で映画を楽しむ人が増えておりますから、映画館の観客動員数は減る一方ではないかと思います。
もうひとつ、映画館に行ってまで観たい、と思わせる映画が少なくなっているのも・・・。

映画が好きなんですね♪
二度も見るなんて、
二度死ぬ?(笑
コメントを見ていて映画館の懲りようが楽しいです。

konekoさん、こんばんは。
好きな作品は何回でも観ております。(笑)
繰り返し観る事で、一回観ただけでは気が付かないところに結構気が付く事も多いのですよ。時にはアラが見えてしまう事も。(笑)
「二度死ぬ」をご存知なんですか?
「008(クルクルパー)は二度観る」・・・なんて。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アストンマーチン DBS | トップページ | 横浜・山手散歩 »