« 新宿南口 | トップページ | ブログ2周年 »

2009年3月 9日 (月)

路地裏散歩写真

S5014_32

いつもと変わらぬ寫真機を持ってのお散歩。ご存知のように人の生活感を感じる路地裏を歩いてのスナップ撮影が面白いですね。まぁ・・・、なんて事はない写真ばかりなんですが。(笑)

S5014_28

冬の日差しを受けたごちゃごちゃした電線類の影、まずカメラを向けずにはいられません。こんなの撮るの私だけかもしれませんね。(笑)

S5014_31

ガーデニング、庭先、或いは玄関先にいろいろな草花を置いているお宅は多いですが、こちらはまたシンプルさが良いですね。

しかしデジタルカメラを使ったり、フィルムカメラを使ったり、忙しい男だ、私は。(爆)

LEICA M6 + Summilux-M 50mm/f1.4 (type III), Fuji PRESTO 400

« 新宿南口 | トップページ | ブログ2周年 »

コメント

路地は生活が伺えられ人の温かみがあり興味深いものがあります。
私も努めて撮影することにしています。京都に来られた際に四条など歩かれたるとき路地を見つけられたら歩き撮影されることおすすめします。そして通りすぎれば違った京都がみえます。
京都は路地のおおいところです。

路地裏、空き地、工業密集地帯など裏方的な存在はかえって写真の題材になるのでしょうね。そういえば、イベントなどでもメインの場所ではなく、いつのまにか隅や奥に入り込んでシャッター切っている自分がいたりします。

tokiwaiさん、こんばんは。
そうですね、京都の路地も面白そうですね。先月、先斗町を歩きましたが、ああいう花街ではなく、人の生活感が感じられる京都路地裏、今度歩いてみたいと思います。

なおりんさん、こんばんは。
表もそれなりに明るい被写体が多いので楽しめますが、路地裏はより楽しめると思っています。
以前、風景ばかり撮っていた頃はこういった撮影は皆無でした。(笑)

こんばんは。
この生活感いいですね~
電線が入ってたら嫌がる方もいらっしゃいますが
私は逆に安心してしまいます。
高松にいい路地を見つけてるのですがなかなか行けません。
それとアパートが3ヵ所・・
今はそれがターゲットです(笑)

路地って、歩くの本当に探検みたいな感じですよね!
子供の時も今も気分的には、違うものの少し怖くて
でも、好奇心みたいな感じを受けます♪

なっちゃん、こんばんは。
私も電線を積極的に入れちゃう口です。風景写真専門の方には電線なんてもっとも嫌われる人工物ですね。(笑)
高松に狙っている路地があるのですか。それとアパート。是非撮影して下さいね。楽しみにしています。

konekoさん、こんばんは。
路地が空きなのは子供の頃、よくこういったところで遊んでいたからかもしれません。(笑)
konekoさんも路地裏写真、撮ってみませんか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宿南口 | トップページ | ブログ2周年 »