« ハッセルブラッドの魅力 | トップページ | 新宿御苑・桜 »

2009年3月30日 (月)

モーツァルト/交響曲全集

Img_0838

モーツァルト/交響曲全集

サー・チャールズ・マッケラス指揮
プラハ室内管弦楽団

TELARC CD-80729(輸入盤)

写真、カメラの話が続いていましたが、ここで小休止を。上の写真、最近購入したCD BOXです。全10枚組みの輸入盤なんですが、販売価格、お幾らだと思われますか? 某外資系レコードショップで3,990円でした。1枚399円です!

他のジャンルは分かりませんが、クラシック音楽の輸入盤CDの価格下落には驚かされます。このCDを出している「テラーク」というレーベルは録音の良さで一世を風靡した有名レーベル。録音しているアーティストも一流どころで、結構話題を呼んだレーベルでした。

モーツァルトの交響曲、私的には25番以降があれば充分と思っています。で、このCDも25番以降を全曲聴いてみました。モーツァルトの交響曲は一曲一曲の演奏時間はそう長いものではないですが、マッケラスはスコア通りにリピート記号を忠実に守っている。ですから有名な第40番などは30分を超える演奏時間になっています。

さて、肝心の演奏ですが、面白く聴く事が出来ました。面白く・・・要するに感動するような演奏ではなかったです。全体にテンポが速いのは今風ですが、どの曲もメヌエットの解釈がユニーク。まるでポール・モーリア楽団やレイモン・ルフェーブル楽団のクラシック演奏を聴いているような感じで、実にリズミカル。でもまぁ・・・、あまり繰り返して聴きたくなるような演奏ではないですね。

各曲毎に録音データが掲載されているのですが、主に使われているレコーダーはソニー製のPCMレコーダー、モニタースピーカーはB & W、アンプはスレッショルドです。マイクロフォンはショップスとゼンハイザー。基本的にテラークはワンポイント録音でした。オーディオ機器のチェック用に良く使われたレーベルだったのですが、現在は解散しちゃったのかなぁ?

« ハッセルブラッドの魅力 | トップページ | 新宿御苑・桜 »

コメント

3,990円とは激安ですね、ベートーヴェンの全集も買えない(^0^)。でも、マッケラスではねえ・・ってところでしょうか。
テラークは、ジャズのメジャーなマイナー・レーベル(変な言い方ですね)コンコルドの傘下に入って、活動は続いているようです。

あまり難しいことを書くと誰もコメントが書けなく成りますよ(笑
私は、会社に行くときに何時もIpodで音楽を詰めて
持って行くのですが、中身は色々な音楽を入れています。
ロック、バラード、モーツアルト
それを、ランダム再生にしているから何が聞けるか
その時のIpod次第(笑

kv492さん、こんばんは。
何しろ安かったので興味本位で買ってみたわけですが、演奏の方が・・・。(笑)
そうでしたか、テラークはコンコルドの傘下に入っていたのですか。コンコルド・レーベルで知ったスコット・ハミルトンはお気に入りのテナーマンです。

konekoさん、こんばんは。
あれ、難しいですか? 自分ではそういう意識は全然なかったのですが・・・う~む・・・。
クラシックをお聴きになる方が少ないですしねぇ・・・。どうもクラシックは眠くなるという変な先入観を持っている方が多いようで・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハッセルブラッドの魅力 | トップページ | 新宿御苑・桜 »