« 桜前線 | トップページ | モーツァルト/交響曲全集 »

2009年3月29日 (日)

ハッセルブラッドの魅力

Cfi100_8
山中湖

時折、ハッセルブラッドを検索していたら私のブログに辿り着きました、というコメントを頂く事があります。ハッセルブラッド・ファンの私としては大変嬉しい事であります。ハッセルブラッド、このスウェーデンの中判真四角カメラは写真をやるようになってから、憧れのカメラでした。いつか自分も・・・いつか自分も・・・と思いながら、数年前にようやく手にする事が出来ました。もちろん中古で。

最初に手にしたのは 503cxi + CF80mm の組み合わせ。ところが付いていたフィルムバックは645サイズのモノでした。で、6x6のバックを追加購入。感激でしたね。しばらくこのセットで楽しんでいたのですが、何か他に欲しいカメラ(機種は失念)が出た時にこのハッセルブラッドを下取りに出してしまったのです。

しかしやはりハッセルブラッドの魅力は大きく、その後頑張って再び手にしたわけです。デジタルカメラはしょっちゅう売ったり買ったりしていますが、以後ハッセルブラッド関係だけは極力手放さないようにして、いつの間にか機材は増えて来てしまいました。(笑)

80mm

で、今は標準プラナー 80mmの年代違いを三本も所有する羽目に。(笑) 左から C80mm、CF80mm、CFE80mmですが、以前はもう一本、C80mmの黒鏡胴も持っていました。しかしさすがにそれは売却しました。

今更私が説明するまでもなく、これらの500系ボディはレンズシャッター機で露出計も内蔵しておりません。ミラーはクイックリターンではありませんので、シャッターを切るとミラーは上がったままでファインダーはブラックアウト。で、ハッセルブラッドのもう一系統、フォーカルプレーンシャッター機も使ってみたいというしょうもない欲求が。(笑)

203fe

またしても、いつか・・・いつか・・・で入手したフォーカルプレーン機が上の203FEです。(笑) こちらは露出計を内蔵しており、絞り優先オートで撮影出来ます。ミラーもクイックリターン。しかし500系と同じサイズに良くも露出計を内蔵させたものだと感心します。

という事で、自分にとってハッセルブラッドは一生モノ。フィルムが発売されているうちはずっと使い続けますよ。現在は銀塩市場がかなり落ち込んで来ており、雲の上の存在だったハッセルブラッドも少し頑張れば手に入れられる時代になりました。

写真をやっている方には是非一度手にして頂きたい、スーパー名機だと思います。

HASSELBLAD 503CW + Planar T* CFi 100mm/f3.5, Fuji RVP 100 (冒頭写真のみ)

« 桜前線 | トップページ | モーツァルト/交響曲全集 »

コメント

HASSELBLAD、最高です!
個人的にはSL66も捨てがたいですが、メンテやレンズの入手を思えばハッセルが良いです。私も詰めたまんまのフィルムを使わないと^^;

おはようございます。
今日の記事はわたし永久保存版にしておかなくては。
最近の中古の価格を見ると、「買いなさい」「買いなさい」って言われているようで(^^;)

スカルピアさん、お早う御座います。
SL66にも随分と興味が逝っていたのですが、基本的には同じレンズ、同じ仕様のハッセルを持っているではないかと、一生懸命自分を抑えました。(笑)
SL66でも山桜を撮っては如何でしょうか?

koukoさん、お早う御座います。
有り難う御座います。今日の記事はkoukoさんのコメントからも触発されております。
それでは私からも「買いなさい」「買いなさい」。(笑)

ハッセルそんなに持ってたのですね♪
私は、35mm主体で撮っていたので、
大判のカメラは一度mamiyaを持っただけで
それも今手元には無いです。
もっとも最近は、手軽なデジタル撮影ばかりですけど。
デジタルだと何枚撮ってもフィルム代が掛からないのですけど、撮り方は、フィルム時代と変わらずゆっくり撮っています。

羨ましい限り。いつか自分も・・と思っていたハッセルを3台も!
若い頃、山歩き中にホンモノのハッセルをみました、カッコいいなぁ~。
今は拝んでいるだけ・・手にしたら終わってしまうようで(笑)。

ハッセルブラッド、高校生の時からの憧れです。
 ただ、私の場合は、購入できても眺めているだけのような気がします・・・。

 1-2ヶ月借りたことがあるのですが、フィルムを入れること、なにやら注意事項があり、壊してはいけないと結局、撮らずじまいでした。

 でもあのときに撮れていたら、今、手元にあったかも知れません。

う~ん、ハッセル、あこがれます・・。でもコンタックス645も魅力的・・(汗)。で、「中判なんかで何を撮るのか?」「35mmとどう使い分けるのか?」などと自問して気持ちを静めるわけでして・・(爆)。

KONDOUHさん こんにちわ~ヾ(*^▽^*)ゞ

わぁ~~すごい! ハッセルブラッド こんなにお持ちだったのですね!
やはり、憧れのカメラですよね。。。
これからも、KONDOUHさんのハッセルブラッドの作品
楽しみにしています~♪ヽ(´▽`)/

こんにちは。
ペンタックス中判の製造終了が発表されてブローニーのシステムカメラがほぼ壊滅的になりました・・・。
F系ハッセルのレンズ資産はペンタ645で使えるべくマウントアダプターを準備しましたが、ペンタ645も製造終了では・・・。C系ハッセルしかないのかなぁ・・・。

こんにちは。ハッセル購入にはKONDOHさんのブログやHPがとても参考になりました。
スナイパーが銃を組み立てるような気分でカメラをセットするときのおもしろさはライカにはない楽しさですね。
先週はフィルム装填を失敗してちょっと嫌気がさしましたが、気を取り直して、今日は、無事2本撮ってきました。写りは別にしてですが。

僕も203FEが欲しいですが、手に入らず終いです(^^;)

こんにちは。
203FE、欲しかったです。高くて買えないなあと思っていたら無くなってしまいました。中古でもあまり見かけませんよね。

三台のハッセルブラドはさ壮観ですね。モノクロは全紙など引き延ばしてはいましたが中判カメラにはチャレンジしなかったことがいま悔やまれますが、デジカメでこれから撮影することにしたいと思っています。
撮影の際のカラーバランス調整やRAW現像等でいろいろ対応できるまで・・・
しかしカメラで撮影したと実感できる機械ですね。画像楽しみにしています。

konekoさん、こんばんは。
そんなに・・・持っちゃいました。(笑)
35ミリ以外ではマミヤをお使いになったのですね。
デジタルだから沢山撮らなければいけない、という事はないのですから、フィルム時代と同じ感じで撮影するのは大いに結構だと思います。

ダンさん、こんばんは。
500系ボディは単なる暗箱ですから何台も要らないと思うのですが、結果はこの通りです。(笑)

pyosidaさん、こんばんは。
お借りした事があるのですね。ハッセルはお作法を守っていればそう簡単には壊れないと思います。使わなかったのは勿体なかったですね。
多分、お使いになっていたら、おっしゃるようにお手元にあったかもしれません。

うっちーさん、こんばんは。
コンタックス 645も良いですよね。標準のプラナーもとても良いレンズだと思います。f値も明るいですし。
私もしょっちゅう自問自答しております。(笑)

マリアさん、こんばんは。
いつの間にか増えてしまいました。(笑)
おっしゃるとおり、憧れのカメラだったのです。手に入れてからはハッセル沼にハマっています。

harasawaさん、こんばんは。
ペンタの中判、製造終了したのですか。知りませんでした。残るはマミヤですか。富士から新製品が出ましたが限定生産らしいので。
ハッセルも6x6は事実上終了しているらしいですね。銀塩の市場はどんどん狭まっているようで、寂しい限りです。

yymoonさん、こんばんは。
そうですね、yymoonさんもご購入されたのですよね。フィルム装填の失敗、私は最近ミノルタ オートコードでやりました。(笑)
ハッセル、大いに楽しんで下さいませ。

ritomoさん、こんばんは。
203FEは多分、市場流通も少ないでしょうね。やはりハッセルは500系が主流ですから・・・。

ビワさん、こんばんは。
ビワさんも203FEを狙っていらしたのですか。新品は気の遠くなるような値段でしたから。一度、生産が完了してから某有名量販店で在庫一台限りで破格(ハッセルとしては)の価格で売られているのを見た事があります。

tokiwaiさん、こんばんは。
中判には手を出されなかったのですね。でも、これからはデジタルオンリーでも充分だと思います。
確かにハッセルのようなカメラは撮影している、という実感は大いに感じます。それとファインダーの大きさは何といっても良いです。

只、一言。
『羨まし〜いっ!』

Kenclipさん、こんばんは。
あ、いや、ハッセルのボディ、レンズ購入のため、その他の機材がなくなりました。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜前線 | トップページ | モーツァルト/交響曲全集 »