« 真四角写真の都電 | トップページ | 横浜開港150周年 »

2009年3月16日 (月)

東京・南千住

Img_0618

東京都荒川区南千住、都電荒川線三ノ輪橋停留所(終点)で下車し、周辺を歩いたところですが、もちろん初めて行きました。もっとも歩いたのが初めてという事で、大分前ですが横を通っている4号線を車で通過、千住大橋を渡った事があります。

Img_0635

作りは少々古さを感じさせますが、恐らく地元の人々に根付いている喫茶店だと思います。コーヒー 350円という価格がそういう事を感じさせてくれますね。

Img_0644

町内の人たちがお参りに来るのでしょうか?

Img_0641

これまた年季を感じさせるお蕎麦屋さん。

Img_0621

路地に入ってみると・・・思わず見とれてしまい、撮らずにはいられませんでした。後ろの建物はやや古さを感じさせていますが、花々は毎年毎年新しく咲き誇るのですね。

Img_0617

銀座のような華やかなところはそれなりに目を楽しませてくれますが、今日の写真のようなところの方が人間らしい営みを私は感じます。ちょっと大袈裟かな?

Img_0638

こういう玄関先に惹かれます。ちょっとした草花を慈しんでいるお住まいの方の優しさを感じてパチリと。

Img_0609

最後はおまけ。飼い猫か野良ちゃんかは不明です。

Canon IXY DIGITAL 920 IS

« 真四角写真の都電 | トップページ | 横浜開港150周年 »

コメント

六本木ヒルズや銀座の表情だけでなく人が生きている町がここにありますね。
おそらく穏やかに暮らせるからでしょう。
東京の下町を撮影して方のブログを思い出しました。
これが日本の風景でしょうか。

tokiwaiさん、こんばんは。
六本木や銀座も華やかですから写して楽しいところですが、下町情緒の残る今日のようなところを写すのもまた違った意味で楽しいです。
もちろん地元横浜の賑やかなところも撮っていますが。

こんにちは。
妙にパリっとした色なのはIXYだったからですね。鳥居の赤がまぶしいです。
下町の喫茶店は地元の人の憩いの場なのでしょうね。350円なら毎日通える価格です。

こんばんは。大都市東京の人間くささが描写されていていいですね。江東区の住吉付近もこんな感じでしたかなあ!
訪れた事があります。

南千住は下町という表現で良いのですか?
田舎者ですから、東京近辺の事は良くわかりません。
猫とか、錆びたトタンとか良い感じですね♪

ビワさん、こんばんは。
フィルム写真をご覧頂いた後にデジタル写真、特にコンパクトのIXYですと如何にもデジタル臭さが出てしまいますね。
コーヒー 350円で飲みながら近所の人たちが世間話。そういう人間臭さを感じますね。

ramble-leicaさん、こんばんは。
江東区、友人が住んでいた事があるので何度か行ってますが、やはり下町の雰囲気があるところでした。横浜にはない感じを受けてます。

konekoさん、こんばんは。
そうですね、下町という表現で良いのではないかと思います。
写真からそういう雰囲気を感じて頂けたでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真四角写真の都電 | トップページ | 横浜開港150周年 »