« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月 4日 (土)

007/ゴールドフィンガー

Goldfinger2_2

「007/ゴールドフィンガー」 1964年、イオン・プロ製作

原作 : イアン・フレミング
監督 : ガイ・ハミルトン
音楽 : ジョン・バリー
主題歌 : シャーリー・バッシー
出演 : ショーン・コネリー、ゲルト・フレーベ、オナー・ブラックマン、ハロルド坂田、シャーリー・イートン、バーナード・リー 他

007シリーズ旧作品がフルハイビジョン収録によるブルーレイ・ディスクで順次発売されており、先月末に発売された3作を加えるとこれで計9作になった。「カジノロワイヤル」も含めると10作品をブルーレイで観る事が出来ます。

今回発売された3作の中に表題の「ゴールドフィンガー」が入っているのですが、ブルーレイで観るこの作品、およそ1964年製作とは思えないほどの高画質。いや~・・・驚きました。特に明るいシーンなどでは最近撮影された作品、といっても通用するような映像で、5.1ch DTS-HDにリミックス仕直された音声(公開時はモノラル)も良く、まったく弛緩する事なく全編を一気に観てしまいました。

私はシリーズ全作を観ていますが、この「ゴールドフィンガー」は全シリーズ中、三本指に入る傑作だと思っています。「野生のエルザ」でアカデミー作曲賞を受賞しているジョン・バリーによる音楽もまた最高に素晴らしい。主題歌を歌っている黒人歌手、シャーリー・バッシーのダイナミックな歌唱もこれまた作品にピッタリで、お馴染みモーリス・バインダーによる素敵なクレジット・タイトルシーンと合わせて文句ナシ。100点満点。(笑)

テレビでも何度か放送されていますので簡単にストーリーを紹介しますと、金の密輸をしていると思われるオーリック・ゴールドフィンガー氏を調査するよう命じられたボンドは、ゴールドフィンガーを追ってスイスへ。しかしゴールドフィンガーの冶金工場に潜入したものの捕らえられてしまう。その後、ゴールドフィンガーの牧場で知った情報とは、アメリカ政府が所有する金塊の保有庫「フォート・ノックス」を襲い、そこで核爆弾を爆発させ、アメリカ政府の金塊を核汚染させる事だった。それによって自分が所有する金の市場価格を上げる事が狙い。さてボンドは・・・。

この作品、ボンドガール役のオナー・ブラックマンもとても魅力的ですし、ゴールドフィンガーのボディガード役、ハロルド坂田のキャラクターも傑作です。そうそう、オナー・ブラックマンは映画出演時、調べたらなんと37歳! 「え~・・・!」という思いです。30歳くらいかな、と思っていたので。ですからショーン・コネリーより数歳も年上だったのですね。いやビックリ!

何よりゴールドフィンガー役のドイツの名優、ゲルト・フレーベも原作のキャラクターにピッタリです。ちなみにゲルト・フレーべはまったく英語を話せないそうで、セリフはすべて吹き替えだったそうです。これにはさすがに驚きました。映画を観ていてまったく違和感がないですから。この事を知ったのは数年前に入手したDVD版の特典映像の中で語られていたからです。教えられなければ吹き替えだった事は先ず分からないと思います。

そしてボンドカーとして初登場したアストンマーチン DB5が最高にカッコいいです。余談ですが今回解像度の高いブルーレイ・ディスクを観て初めて気が付いた事があります。それはこのDB5、スイス山中で駐車し、眼下にゴールドフィンガーを観察するシーンで気が付いたのですが、DB5の左ドアに車を擦った事による長い線傷がありました。更にゴールドフィンガーの冶金工場近くに車を止めたシーン、右フェンダーにこれまたぶつけたと思われる凹みが見えちゃいました。(笑)

今までLDやDVDで観ていた時にはこういった粗はまったく気が付きませんでしたので、改めてブルーレイ・ディスクの高解像度に驚かされます。狭い部屋で80インチのスクリーンにフルハイビジョン・プロジェクターを投射して観ていますが、もう大満足です。残りの作品も早く発売されないかなぁ・・・と鶴首して待っている状況です。でも、ロジャー・ムーアの作品はあまり観たいとは思わないです。(笑)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »