« チューリップ | トップページ | 旅スナップ その一 »

2009年4月15日 (水)

ハッセルが見た桜

Kyoto_03
南禅寺

少々大袈裟なタイトルを付けてしまいましたが、今回の桜撮影旅行にハッセルも持参していた事は一連の記事の中で報告しました。で、今日はその中からの写真をアップ致します。

Kyoto_04
南禅寺

私が使っているスキャナー、どうもネガカラーとの相性があまり良くなく、スキャニングに苦労しております。で、ポジを使う事が多いのですが、今回の奈良、京都にはネガカラーのみ持参しておりました。

Kyoto_06
南禅寺

ポジのクッキリハッキリの写真も魅力がありますが、ネガの穏やかなしっとり感もフィルムらしさがあって良いですね。きちんとスキャニングが出来ればもっと良いのですが。

Kyoto_02
南禅寺

南禅寺での撮影、天気に恵まれて幸いでした。気温もかなり上がって、機材を背負って歩いていると汗ばむくらいの陽気。

Nara_07
長谷寺

昨年に続いて訪れた長谷寺、早朝からかなりの観光客が来ておりましたが、それだけ人気があるという事ですね。

Nara_03
長谷寺

レンズをポロリと落としてしまったところです。(笑) カメラを忙しく代えながら撮影しているからそういう事をやってしまうのかもしれませんね。

Nara_31
長谷寺

長谷寺、これからは石楠花や牡丹で観光客が訪れるのだと思います。出来れば私も行ってみたいです。

Ohtsu_15
滋賀県、大津

琵琶湖疏水の桜。京都の水はすべて琵琶湖から引いているそうで、ここも貴重な水路になるわけですね。今年の桜、私は充分堪能出来ました。来年も今年のようだと良いのですが・・・。

HASSELBLAD 203FE + Planar T* FE 110mm/f2 + Sonnar T* FE 150mm/f2.8, Kodak PORTRA 160VC

« チューリップ | トップページ | 旅スナップ その一 »

コメント

こんばんは!
ハッセルの画像、やはりいいですね。
質感、解像感、フィルムにもよるのでしょうが、自然な味わい、す~と画像が違和感無く、目に入ってくる感じでとても好きです。
桜は結構難しい題材ですね。KONDOHさんのアングルは、さすがと思いますが、どのブログでも桜ばかりで、綺麗とか素晴らしいとかいっても何がいいのか良く自分でも判らなくなって、コメントしずらい題材ですね。春の草花は他にもいっぱいあるのですが、理屈抜きに日本人の好きな花だからでしょうね。なぜか桜の花の話題は、うきうきしてしまいますね。20年ほど前に登った山の下山途中、対岸200~300Mの岩場に斜光を浴びて濃紺の背景に白く輝き浮かび上がる桜の画像が、脳裏から離れません。

おはようございます。
待ってました、ハッセル!
先日の疎水の時も感じたのですが、ハッセルのお写真は、どれも奥行きがあってすばらしいです^^
素人目には十分にきちんとスキャンできているように見えますが。私もカラーネガのスキャンはなかなか思う色味になりません。

yanyandalianさん、おはようございます。
そうですね、今の時期は桜を扱ったブログが多いでしょうね。それだけ人気のある花なのだと思います。おっしゃるように桜はいざ撮影するとなると難しい被写体だと思います。
これだけ有名な観光スポットで撮影となると、どうしても観光客が画角に入ってしまいます。スナップ的な写真は意識的に人を入れますが、人を外すとなると中望遠で切り取るようなカットがどうしても多くなります。
遠目から見る桜も良いですよね。おっしゃっている風景、感動が伝わって参ります。

koukoさん、おはようございます。
私もハッセルで撮った写真は奥行きを感じます。レンズのお陰ですね。ハッセルの魅力は一にレンズだと思います。ユーザーの多くはこれらのレンズ群に惹かれているのです。
カラーネガのスキャンはホント苦労しますね。koukoさんもご苦労されておりますか。私の場合はかなり妥協しております。(笑)
海岸通のカット、光と影が良い感じですね。おっ、と思っちゃいましたから。

今年の桜、存分に堪能できました。この時期の人出の中で撮影、それを入れた画像もとりましたが、人並みを避けることは相当な技術が必要ですね。いくら混雑していてもふと切れるときがありますね。
銀塩カメラでの撮影、スキャナーをとおしても画像に趣がありますね。単焦点レンズの構造のなせるわざだともおもいますが、私も桜画像ポジで撮影したものだと考えています。

 ハッセルブラッドでの撮影と共に、スキャナーにも関心が出てきました。
 買えそうで買えないものの一つが、私の場合はフィルムを取り込めるスキャナーです。

 ところがJulianさんのブログに書き込んだら、いつの間にか、ブログを作ることとなってしまい、昔懐かしい写真を取り込みました。
http://pyosida.blogspot.com/
 Canonの多機能型のプリンターですが、私が思っている以上に取り込めたので、念願のフィルムのスキャンを画策しております。
 この後KONDOHさんが、今までにも書かれていたスキャナーの記事を参考にしようと思いますが、取り込むのは難しいのでしょうね。

tokiwaiさん、こんばんは。
桜の名所、どこも人で溢れておりますから、人を避けて撮影するのは結構大変ですね。どうしても一部分を切り取るような撮影になってしまいがちです。
ポジで撮れば鮮やかな桜になるとおもうのですが、階調豊富なネガも良さがあります。今回はネガを選びました。

pyosidaさん、こんばんは。
拝見しました。車ですね。最近のプリンターは多機能型が主流です。お任せで結構綺麗に取り込んでくれると思うのですが・・・。
スキャニングも拘ると結構ハマってしまいます。(笑)

こんにちは。
ネガカラーは良い色ですね。桜の色が美しいです。
とはいえ、ネガフィルムのスキャニングは難しいです。あまりに面倒なので、今では紙に焼いたプリントからスキャニングしています。ネガのポテンシャルを生かすのは簡単ではないですね。

ビワさん、こんばんは。
ネガの方がフィルムらしさ、柔らかいトーンが出るような気がします。
しかしホントにスキャニングが難しいです。おっしゃるようにプリントしたものをスキャニングというのも有りですね。

こんばんは。
スキャニングは難しいものですが、今回のチョッと浅めの色彩は春の雰囲気が出て正解だと思います。
しかし、KONDOHさんの機材の運搬能力(失礼!)は凄いですね。私には真似出来ませーん!

Kenclipさん、こんばんは。
そう、おっしゃって頂けると嬉しいです。スキャニングは出来を追求するとホントに難しいですね。
運搬能力、自分の好きな機材で撮影出来るからだと思います。(笑)

さきほど大阪城で写したフィルムのスキャンが終了しました。今回私も桜をデジタルとフィルムで撮りましたがフィルムをスキャンするのが少々時間がかかります。しかしながら出来上がったものをBrigeなどで見直すとその苦労も吹っ飛びますね。フィルムの階調もまたいいものです。
これからもフィルムは撮っていきたいと思っています。

Kazuさん、お早う御座います。
確かにフィルムはデジタルと比較しますと一手間掛かります。webにアップするだけならデジタルは圧倒的に使い勝手が良いですね。それでもフィルムは捨てられない。(笑)
フィルム、どしどしお使い下さい。私も使いますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チューリップ | トップページ | 旅スナップ その一 »