« デジタルの青空 | トップページ | 映画「クライマーズ・ハイ」 »

2009年5月13日 (水)

飛行機と青空

Dsc_2576
ANA B777-300 JA756A

桜撮影のために持参し、奈良で落下させてしまったライカ DMRですが、ドイツからの見積もりが来ました。パワーユニット交換で修理代金は税込み52,500円。痛いなぁ・・・。しかし帰国予定は7月上旬なので。

もうひとつ。GW中に、修理に出していたハッセルのプリズムファインダー PME-45が完了したので引き取って来たのですが、これの修理代金が6万円強。露出計の液晶パネル交換と、プリズム中の二箇所が腐食したのでプリズムをそっくり新品と交換。ダブルパンチですねぇ。(笑)

Dsc_2766
JAL A300-600R JA8559

さて、デジタルの青空。今日はデジ一眼で飛行機撮影した時の青空。飛行機撮影はこういう青空の下で撮影すると気持ちがいいですね。昨日のライカに対し、今日の写真はニコンのデジ一眼です。

昨日の写真は少々レタッチしておりますが、今日の写真はほとんどいじっておりません。

Dsc_4052
JAL MD-90-30 JA005D

1、2枚目と3枚目とではカメラが違います。同じニコンですけど。写真自体も少し前ので恐縮です。

Dsc_8433

最後は青空ではないですが、同じ空を題材にしていますので、おまけです。

« デジタルの青空 | トップページ | 映画「クライマーズ・ハイ」 »

コメント

おはようございます。
飛行機って気持ちがよいですねぇ。
空港に行ったときには、やはり撮りますが、慣れていないので、なかなかよい写真は撮れません^^;

昨日は丁寧な説明をありがとうございました。
使い方は購入のときにお店の方に聞いたのと、市販本で何とかしているのですが・・・。大変助かりました。今後ともよろしくお願いいたします。

koukoさん、おはようございます。
空港の展望デッキ、写真には撮らずとも多くの見物客がおりますよね。やはり見ていて気持ちが良いものです。
ハッセルは基本を守っていれば機械的故障は少ないですから、安心して使えると思います。杉山神社、プラナーらしい立体感を感じました。モノクロも良いですよね。

おはようございます。
デジとフイルム、如何に使い分けるかしかないですね。
年とともにデジが便利になってきて・・・でもときたまアナログへと・・・こんな事繰り返しています。

青空のレタッチの有無、見た目全然わかりません(笑)。
以前、フィルムで撮った色を「不自然だ」と言われ、デジカメでレタッチしたものを「これだよ!」なんてほめられ・・トホホです。

4枚目は綺麗ばかりなく夢の世界です。
飛行機はどこ旅立つのだろう。空想の世界観も感じられます。色の自然な広がりが何とも言えません。

4枚目の夕景はいいですね。構図も・・・
しかし青空のぬけの良い画像は飛行機に限らず難しいですね。
撮影時の露出、WBそして光線の具合等々調整が要件であり、さらにはRAW現像の作業そしてレタッチと続き仕上げねばなりません。そして縮小、アップこの課程でどれだけ狙いが保持できるのか難関がありますね。さらにカメラやディスプレイでも色彩は異なるでしょう。
デジタルも銀塩も知恵で使いこなしていくしか方法はないのだと考えています昨今です。

KONDOUHさん お久し振りです。。

先週末から、親友が遊びに来てくれていまして。。。
ネット訪問することが出来ませんでした。

今 遡って お写真拝見致しました。。。
いろいろなものを 意欲的に撮影されていて
さすがですね~^^
今日の最後の一枚 物語を感じます。。。
すてきですね~~☆彡

ramble-leicaさん、こんばんは。
デジとフィルム、確かに如何に使い分けるか、なんですが、いい加減な私はその時の気分で変えています。(^^;
でも、やはりデジタルは便利ですよね。

ダンさん、こんばんは。
色の問題、デジタルから入られた方にとっては鮮やかな発色に慣れているでしょうから、フィルムの発色は物足りないかもしれませんですね。
そのうち、フィルムって何ですか? という時代が来るのかもしれません。(笑)

OKAさん、こんばんは。
有り難う御座います。
飛行機写真はアップばかりでなく、風景的な飛行機写真も好きなんです。

tokiwaiさん、こんばんは。
お褒め頂きまして、有り難う御座います。
おっしゃるようにデジタルは露出、WB、RAW現像、レタッチと、かなりの過程で発色が変わりますので、便利のようでいて、面倒臭い部分も持ち合わせていると思います。ましてwebの小さな画像では、こちらの意図している事がどれだけ伝わっているのかも分かりませんし・・・。
結局はデジもフィルムも如何に使いこなすか、なんでしょうね・・・。

マリアさん、こんばんは。
私は何でも撮っていますので、お恥ずかしい限りです。(笑)
ひとつのテーマに沿って・・・というのが最高なのでしょうけど、時間の制約のある者にとってはなかなか難しいですね。
最後の一枚が今日は評判が良いようで、ちょっと嬉しです。(^^)

こんばんは!
DMR、交換パーツがあって良かったですね。これだけは金額云々よりもまずはパーツがあるか否かの方が気になってました。
ハッセルも修理でしたか、、、こちらは内容からするとえらく高いような気もしますが、、、まあ、ライカやハッセルを使うからには、このくらいの出費は気にしない気にしない、、、(爆)
人のことだとつい舌がなめらかになるのが私の悪い癖、、、フフフッ。

こんにちは。
一枚目の写真、遠近感が無くて、左上のはすごく小さい飛行機が飛んでいるみたいに見えます。
それにしても、あわせて10万円オーバーは痛いですね。修理できるだけマシという話もありますが。

tamuraさん、こんばんは。
DMR、交換パーツがあってラッキーでした。メンテナンスの点ではやはりライカは信頼出来るようです。
ハッセルはGWに入る少し前に出しておりました。おっしゃるようにライカ、ハッセルの出費、仕方ないと諦めております。(笑)

ビワさん、こんばんは。
遠近感、全然出ていないですよね。これを写したのはD3であります。(^^;
修理代金、工面するのが大変なので、実はハッセルのプリズムファインダーは故障してから一年以上も修理に出していなかったのです。(;_;)

カメラのメンテ・修理代は馬鹿にならないですね。
わたしは機械が好きで殆ど自己分解修理しています。解体は簡単なんですが問題は部品です。
しかたなく、ジャンク品を見つけて分解し流用します。壊してしまったカメラもありますが、殆ど使えるようにします。HASSEL 503での例では交換レンズが外れなくなった例です。100円ショップにて複数の工具を買い求め万力に固定しては目的に合うよう工作します。カメラ分解しなければ直りませんね。
お薦めはしません。ただ、今回の場合、腐食とありますから修理に出されて正解と思えました。
ポケットデジカメの分解はむしろ難しいです。
そして、再度の組み立てには神経遣います。絶えずデジカメにて記録して行き元に戻すことも考えて起きます。修理店での作業台広さは腕時計修理台に似ていますがわたしも1カ所作業台と工具類を備えています。確かに、ギターアンプ修理の方が簡単ですね。

OKAさん、おはようございます。
私はカメラの分解、修理はまったく出来ませんので、不具合が出ればメーカー、若しくは修理で名を挙げているようなところにお願いしております。
ご自分で出来るなんて素晴らしいですね。私が嘗てやった事はスピーカーユニットを買って来てスピーカーを組み立てたり、レコードプレイヤーを組み立てたりと、せいぜいそのくらいであります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デジタルの青空 | トップページ | 映画「クライマーズ・ハイ」 »