« 「Ektar 100」のバラ | トップページ | 映画「ハッピーフライト」 »

2009年5月24日 (日)

フジカラー PRO 400

Mp60mm_12

昨日、エクター 100で撮影したバラをアップした際、時々コメントを頂いています苦楽園さんからフジカラー PRO 400での印象をお尋ね頂いたので、今日はそのPRO 400で撮影したチューリップを参考までにアップする事にしました。カメラとレンズは同じですが、撮影は一年前のものです。ご容赦下さい。

Mp60mm_18

エクター 100ほど彩度は高くないようですが、プロ用ネガらしくトーンが豊富でしっとり感充分な描写に思います。余談ですが、拙宅のスキャナーとも相性が良いのでweb用としても重宝しております。(笑)

Mp60mm_21

問題があるのはプリントですね。私が良く利用するカメラ量販店の受付に大分前ですが、「アナログプリント終了」のお知らせが掲示してあったのです。詳しく話しは訊いていませんが、フィルムをスキャニングしてデジタルデータ化し、その後にプリントをするという事ですね。

要するに我々が自宅でカラーフィルムで撮影したものを、インクジェットプリンタでプリントアウトするのと手順は一緒なのでしょう。残念ながら時代の流れですね。

CONTAX RX + Makro-Planar T* 60mm/f2.8 AEJ, Fuji PRO 400

« 「Ektar 100」のバラ | トップページ | 映画「ハッピーフライト」 »

コメント

おはようございます。
最近行った写真展が、このフィルムを使ったハッセルの写真でしたので、私も買ってみました。
まだ使っていないのですが、お写真、大変参考になりました。
エクターとは違いますね。う~ん、好みですね。
残念なことに今日はお天気がよくないので、来週使ってみます♪

koukoさん、おはようございます。
ご覧になったハッセルの写真展でこのフィルムを使った写真が展示してあったのですか。ハッセルとはピッタリの相性だと思います。
今日は雨模様ですね。ですが、私は仕事なので。(笑)
お天気の良い日にお使いになって下さい。

4月15日のバックナンバー、拝見しました。とてもナチュラルな発色だと感じました。3本ともいいフィルムですね。使い分けることができたら理想的ですね。
ところで、動画を見ていただきありがとうございます。私のMacBookProではFHDは少ししんどくて、画像がやや乱れます。でもパソコンの能力が十分ならこちらのほうが奇麗なのですね。参考になりました。ありがとうございます。

苦楽園さん、こんばんは。
今時のフィルムは皆高性能ですね。それでも多少の個性差はありますので、上手く使い分けたいと思います。
FHDはパソコンの能力を要求しますので、ノートですとスムーズに再生させるのは至難ですね。

こんにちは。
いわゆるレーザープリントですね。レーザーを使って印画紙にプリントするという。途中がデジタルなので、どれくらいのデータ量で処理されるのかで画質が変わってきそうです。
PRO400の写真、上品な感じです。スキャナーとの相性というのも重要ですね。

ビワさん、こんばんは。
実は私、未だにそのレーザープリントを依頼した事がないのです。せっかくフィルムで撮影したのだから、やはり従来のプリントを望みたくなります。
現在のフィルム、ホントに素晴らしいものばかりだと思います。使わないのはやはりもったいないです。

こんばんは!
なかなか難しくて、コメント書けないでいました。
PRO400は昨年から、Ektar100は今年3月位から使っていますが、あまり考えて使用していません。
色のコントラストではPRO400の方が好みです。ISOが400で使い易いということもありますが。寺社仏閣や昭和・大正時代の建物なら自然な感じで映って欲しいのと粒状性期待で、エクターかなと勝手に考えています。Ektarは暖色系は抑え気味で、緑や青系統の色合いに特色が有るような気がするのですが?
いずれにしても普通のサービスサイズプリントなので、デジタル変換されてプリントアウトされているので、私の場合は意味が有るか疑問です。
せめてフィルムスキャナーが有れば自分で調整するのですが、高くて買えません。

yanyandalianさん、こんばんは。
あまり考えてお使いになっていらっしゃらないとの事。それでよろしいかと思います。両者の比較は多少感覚的なものもありますし、どちらも得手不得手のない高性能な良いフィルムだと思います。
使い勝手の面では感度400のPRO 400の方にメリットがあるかもしれませんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「Ektar 100」のバラ | トップページ | 映画「ハッピーフライト」 »