« 皇居東御苑 | トップページ | 横浜・桜木町駅前 »

2009年6月11日 (木)

皇居東御苑(2)

L1000198

いよいよ入梅ですね。実際はもっと前から梅雨に入っていたと思うのですが。これから一ヶ月半くらいはじめじめとした季節ですね。梅雨が明ければ明けたで苦手の暑さが来るし。一年で一番嫌いな季節の到来です。(笑)

L1000165

さて今日も昨日の続きですが、皇居の中は広いのでじめじめした季節でなければ、お散歩するには最適のところです。昨日書きましたように緑も豊富で落ち着けます。

L1000172

こんな場所もありました。この水が鯉のいる池に流れています。

L1000180

竹林にびっしり生えたシダにビックリ。

L1000186

「殿中で御座る! 殿中で御座る!」の松の廊下がこの場所だったそうです。朝の巧みの紙・・・いや、この漢字変換は酷いですねぇ・・・(笑)

浅野内匠頭が吉良上野介に対し殿中松の廊下で刃傷に及び、内匠頭は切腹を命じられる。後に赤穂四十七士が仇討ちのため吉良家に討ち入りし、見事本懐を遂げた話しはあまりにも有名。しかしここがその松の廊下があったところ、と言われても石碑だけではなんとなく物寂しいですねぇ・・・。

L1000192

江戸城本丸のあったところは現在芝生になっておりました。本丸跡の近くに展望台があり、この写真はその展望台から撮影したもの。クラシックな風景と現代らしさの見られるビル群、不思議な取り合わせに感じます。

LEICA M8 + Elmarit-M 28mm/f2.8 (type IV)

« 皇居東御苑 | トップページ | 横浜・桜木町駅前 »

コメント

3枚目、初めて知りました。どこだろう。
私は気づきませんでした。10年以上行ってないけどそのころからあったと思えます。注意力・注目力などの差ですね。今度、気をつけてみます。さすがです。
皇居の近くの建物の高さもですが、その建物の窓の設置にも条件があるようですね。毎日新聞本社に仕事の打ち合わせで行ったとき、そんな話を聞きました。もっとも、30年も前の話なので現在は違うかも知れません。

おはようございます。
大都会の真ん中に、3枚めのような清水が流れているなんて、驚きますね。これはやはり是非行ってみたい^^
梅雨のじめじめは鬱陶しいですが、どちらかというと寒いのが苦手なので、冬のほうが駄目かもしれません。ただ雨ではカメラが持ち出せないので、それが困りますね^^

おはようごあいます。
広いんですね。機会があれば是非一度はいってみたいもんです。
ところで、新iphonが発売されるそうですが・・・
私にはこれで十分なような気がします。KONDOHさん、いかがですか。

OKAさん、おはようございます。
3枚目は花菖蒲の位置から少し奥へ入ったところです。ほんの小さな一角です。
30年前のお話し、時代を考えるといろいろと制約があったのでしょうね。おっしゃるように現在はもう少し規制も緩やかなのではないでしょうか。

koukoさん、おはようございます。
人工的に作ったものなのか、もともと自然に出来たものかは恥ずかしながら知識がないのですが、私も少々驚いた場所です。
私、冬に北海道へ撮影に行くくらいですから少々の寒さは大丈夫なのですが、暑さはダメです。出掛ける気も撮影意欲もなくなります。クーラーの効いたところでグダーっと倒れてます。(笑)

ramble-leicaさん、おはようございます。
皇居、一度は入ってみる事をお薦め致します。
iPhoneの新型、発表されましたね。一段の高速化が喧伝されているようで。私が購入する時も一部で新型の噂が出てましたが、気にせず購入しました。
本体、事実上無料に惹かれましたので(笑)、新しいのが出ても特に気にならないです。現状でも不満はありませんので。
まぁ、二年経ったら機種変を考えます。

KONDOHさん、こんにちは。梅の時期に行ったのを思い出しました。売店も確かありました。とにかく広いですね。不思議と周りの高層ビルとも調和していたように思います。和洋折衷でしょうか。

原則閉苑日:月曜・金曜のようですね。ご参考まで。

何度か訪れていつも思ったのは皇居の緑、よくぞ残ったものだと思ったことです。
その時の画像が残っていないのが残念ですが。
時々拝見していまがKONDOH'S PHOTO PAGEは作品の集大成として楽しい素晴らしいものだと思います。これからもアップして下さい。

こんにちは。
小さな滝まであるんですね。驚きです。
今では天守閣すらないんですよね。普通の城跡なら松の廊下くらいは復元できるのでしょうけど、皇居ではそうもいかないのでしょうね。

OKAさん、こんばんは。
来年、梅の時季に入ってみようと思っております。新宿御苑、浜離宮、いずれも周りがビルですが、皇居周辺は特に高層ビルが多いですね。しかしあまり違和感を感じません。月曜、金曜は閉苑と表示がしてありました。有り難う御座います。

tokiwaiさん、こんばんは。
本当に皇居は緑が豊富ですね。tokiwaiさんも入られたのですね。画像が残っていないのは残念です。
ホームページ、ブログが中心になってから更新が遅れております。閉鎖を考えた事もあるのですが、ご覧下さっている方から反対意見を頂き、そのまま継続しております。なんとか続けたいと思っております。

ビワさん、こんばんは。
ホントに小さな滝(と言えるかどうか)ですが、思わず写真に撮りました。
江戸城と思わせる天守閣その他はまったくありません。残念です。展望台から大手町方向を眺めた時、将軍様も本丸から江戸の城下を眺めたのかな、なんて事を思っちゃいました。(笑)

KONDOHさんからの刺激で調べてみたら約20年振りです。東御苑散策しました。滝を探しているところに婦警さんが居られ訪ねてみました。何と、見えるところへ案内してくれました。外人の方々に人気あるようです。沢山の資料の中に1枚だけ紹介されていました。地図を片手に13500歩歩きました。
とても、気持ちよい散策でした。動機付けにも感謝です。私なりに撮影し拙HPへ掲載しました。

OKAさん、こんばんは。
HP拝見しました。20年ぶりの訪問ですか。私のブログが少しでもお役に立って幸いです。
外人観光客は多かったですね。「天皇」のいらっしゃるところ、という事で人気なのでしょうね。

肝心なこと書き落としました。東御苑には数カ所の泉・湧き水が観測されていて、その湧き水を利用して滝の岩も造園されたようです。水道水ではないとのお話しを聴きました。宮内庁の方ではないので分かりませんが。泉からと考えて良さそうです。

そうですか、湧き水だったのですか。
都会の真ん中で湧き水が出ているなんて凄い事です。貴重な情報、有難う御座いました。

おはようございます。
昨年、5月たまたま身内の叙勲で配偶者として宮殿・春秋の間に行かせて頂きました。案内の方の誘導で宮殿・「多聞の入口」から大広間を通り中庭側の階段にて二階の廊下に案内されました。その廊下と直角に大廊下が見えます。何という廊下だそうでこれが「松の大廊」をなぞらえての復元との説明でした。廊下というより広い部屋の感じでした。ご参考まで。

OKAさん、こんにちは。
中に入られたのは凄いですね。
そうですか、松の廊下を復元したようなところもあるのですね。良い経験をされたと思いますし、羨ましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 皇居東御苑 | トップページ | 横浜・桜木町駅前 »